« べ・・・別に、安住を見直したわけじゃないんだからねっ! | トップページ | 手術無事終了、おめでとうございます »

2012年2月16日 (木)

脱原発運動とは、こういうことだ

日本の脱原発が、誰にとっての利益かと言うことを考えれば、このようなことは必然です。原発を必要としている国々にとっては大チャンスの到来です。それは熱心になるというものです。

(中略)

「引き抜き」攻勢をかける韓国は総発電量の約3割を原子力で賄う。昨年12月には東部・蔚珍(ウルジン)で計画する原発2基の建設が許可され、李明博(イ・ミョンバク)大統領は「我が国はエネルギー輸入国。原発建設は続けていく」と原発推進の姿勢を鮮明にしている。李大統領は今月5日、訪問したトルコでエルドアン首相と会談し、中断していた原発建設交渉の再開で合意。原発事故で交渉が停滞した日本メーカーを横目に韓国企業の逆転受注を狙っている。

(中略)

 衆院安全保障委員会の理事の一人は「原発の推進国にとって東電の技術は垂涎(すいぜん)の的。安全保障のうえでも東電の人材や技術が流出すれば問題だ」と警戒感を強めている。【三沢耕平】

こんなニュースを見ると、いかに不手際があったとは言え、東電をあまり責めるのは日本のためにならないと思えます。

直近のニュースでは、韓国大統領が原発受注のためにトルコを訪れたという話がありました。

彼等は本気で日本の原発を引き抜くつもりです。

そして大問題なのですが、彼の国の原発に事故が起こった時には、日本が一番被害を受けます。

だったら、日本が日本自身の権限と責任で原発を運営するべきではないでしょうか。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« べ・・・別に、安住を見直したわけじゃないんだからねっ! | トップページ | 手術無事終了、おめでとうございます »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

私の知人は発電所のタービンを作っているのですが、
(東芝の下請けです)今、海外で原発を作るという流れは強いみたいです。
その友人も原発以外のタービンの使い道を内需で探しています。(タービンも中国に押されてるようですが)
製造業は中小企業が多いので本当に大変そうです。

投稿: ティガ | 2012年2月16日 (木) 19時03分

コメントありがとうございます。

日本と彼等のためにも応援したいです。
しかし政府の関与も大きいのが悩みです。

投稿: プー | 2012年2月16日 (木) 21時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/44141590

この記事へのトラックバック一覧です: 脱原発運動とは、こういうことだ:

« べ・・・別に、安住を見直したわけじゃないんだからねっ! | トップページ | 手術無事終了、おめでとうございます »