« 日本は日本の主張を | トップページ | 自己主張に摩擦は憑き物だが »

2012年2月23日 (木)

連合が黙っちゃいない

公務員を大事な支持基盤(票田)としている民主党としては驚きの決定です。この法案が無事成立するのか、また、この先どうなるのかは、注目です。

 国家公務員給与を13年度までの2年間、平均7.8%引き下げる臨時特例法案が23日午後、衆院本会議で民主、自民、公明各党などの賛成多数で可決された。同日中に参院に送付され、29日にも成立する見通し。削減分は東日本大震災の復興財源に充てられる。約5880億円のうち、自衛官分の数百億円は、政令で引き下げを猶予する見通しだ。

給料がいきなり7.8%下がるって、結構凄いことだと思います。しかも自分の支持基盤に切り込むという。

これが13年度まで、というのがミソなのでしょうが。

それにしても、本当に実行出来るのか。自分の支持基盤を崩すなんて、ちょっとあり得ません。何らかの予定調和があるのでは? と思ってしまいます。

参院で審議拒否とか、解散して廃案、別の手当で補填する、あたりは考えられます。

それと、選挙の際に、連合に何て説明するのでしょうか。

自公政権に戻ったら恒久法になっちゃうから、引き続き我々を支持してください。

って言うのかな。

しかし、民主党のマニフェストでは、公務員人件費20%削減だったはず・・・

やれば良いとは思いませんがね。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 日本は日本の主張を | トップページ | 自己主張に摩擦は憑き物だが »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

それでもなりたい公務員って人も多そうですけどね。

うちは、全社員昇級カッt....です笑

投稿: ティガ | 2012年2月24日 (金) 14時48分

コメントありがとうございます。

どこも厳しい時代です。
公務員だけ甘いわけにはいかないはずですが、どうせ2年経ったら元通りなのです・・・

投稿: プー | 2012年2月24日 (金) 23時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/44233854

この記事へのトラックバック一覧です: 連合が黙っちゃいない:

« 日本は日本の主張を | トップページ | 自己主張に摩擦は憑き物だが »