« 窓明けに期待 | トップページ | 最後は9割引きとかね »

2012年1月18日 (水)

貯め込むようでは終わる

世界恐慌は、当初はニューディール政策により景気は一時回復したとされていますが、それによって起こったインフレに対処するために採った引き締め政策が経済を破局へ導きました。人類は同じ轍を踏むのか。難しいところです。

世界経済を引っ張ってきた中国の高度経済成長の持続に「黄信号」がともった。温家宝首相は1月初めの地方視察で、経済の「下振れ圧力」を率直に認めている。欧州債務危機で世界経済の先行き不安が広がるなか、「成長エンジン」が失速すれば、回復シナリオは描けない。“中国頼み”の世界経済は、牽引(けんいん)役を失うという「新たな危機」に直面している。

中国の統計の怪しさはさておいて。

外需頼みの中国にとって、欧州危機は重大な脅威です。

中国の物作りは買ってくれる欧州の存在なしには成り立ちません。

その欧州が買えなくなれば、中国は破綻してしまいます。

内需が育ってくれていれば、そうはならなかったでしょうが。

テレビでは、中国人が金などを買っている、と報道します。

本当だとすれば。

それは彼等の経済力の誇示では無く、危機感の表れです。

近い将来の国家破綻に備えているのです。

しかし、金を買う→貯める、という行為は、国家単位では自殺行為です。

マネーが回らなくなったら、終わりです。

日本は大震災の時に、そうなりかけました。

自分はこのブログで、みんなで散財しようと繰り返し発信しましたが、

その考えはますます強まっています。

不景気、外需を頼めない状況だからこそ、

内需拡大です。

みんなでお金を使って経済を活性化させれば、みんなが豊かになります。

個人貯蓄の多い日本にしか出来ません。

みんなで世界を救いましょう。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 窓明けに期待 | トップページ | 最後は9割引きとかね »

経済」カテゴリの記事

コメント

無欲が波及しすぎてしまったかもしれませんね。
特に、平成不況しか知らない(バブルを経験していない)若者を中心に(私もですが)。
親と話すと昔の若者は車は必ず持っていたし、服もたくさん買ったと言いますが、
私の周りには、車は維持費がかかるから電車で。服もユニクロやフォーエバー21で十分と言った声をよく聞きます。お金を使う経験がないから仕方ないのかもしれませんが、無欲が蔓延している気はします。

投稿: ティガ | 2012年1月25日 (水) 15時28分

コメントありがとうございます。

内需を煽るとしたら、団塊の世代でしょうね。
そこが出してくれないと、この国は終わってしまいます。

投稿: プー | 2012年1月25日 (水) 19時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/43787827

この記事へのトラックバック一覧です: 貯め込むようでは終わる:

« 窓明けに期待 | トップページ | 最後は9割引きとかね »