« 崩壊するまで待つしか無いのか | トップページ | 家政婦を、見た »

2011年12月19日 (月)

情に棹せば流される 

韓国では見慣れた光景です。政権発足当初は「未来志向の韓日関係」と言い、支持率が下がったり選挙が近付くと日本に謝罪と賠償を要求する。何度も繰り返されたことであり、実業家出身の賢明な現大統領も例外ではありませんでした。

日韓首脳会談での李明博大統領の慰安婦問題をめぐる発言は、当初の予測よりも強く、情に訴えるものだった。李大統領は会談の冒頭、「経済問題の前に過去の歴史の懸案、従軍慰安婦問題について話さねばならない」とクギを刺した。

 慰安婦問題を「法以前の国民情緒や感情の問題だ」と言う李大統領からは「誠意ある措置」「温かい心に基づいた解決策」「大局的に考えてほしい」「分かってほしい」など、情に強く訴える言葉が目立った。

 日韓国交正常化に関する協定で両国が個人賠償請求権の放棄で合意し、慰安婦問題が解決済みであることは、大統領自身承知のはずだが、現場にいた韓国政府当局者に「首脳会談であれほど李大統領が熱を帯びて語る姿を見たことがない」と言わせるほどだった。

「慰安婦」が普通に売春婦であることは、少し勉強したことのある人なら皆分かっていることですが、それを抜きにしても、

両国が個人賠償請求権の放棄で合意し、慰安婦問題が解決済みである

これは1965年の日韓基本条約で決まったことです。その際に何故か日本が多額の賠償金を支払いましたが、韓国政府はこれを経済発展に使い、個人には支払いませんでした。それはそれで英断だと思うのですが、韓国政府は「日本は慰安婦に賠償金を支払っていない」と主張し続けています。

過去、日韓併合以来、日本は韓国に多くの援助を行ってきました。近いところではアジア通貨危機で救い、日韓W杯のスタジアム建設を援助し、最近は5兆円のスワップ協定を結びました。韓国の発展は日本なしにはあり得ませんでした。

しかし、韓国がこれらに対して公式に感謝したことは一度もありません。

そんな国がまた、情に訴えて何かを求めて来ました。

何かしてあげても、決して感謝も見返りも無いでしょう。

それでも日本の首相が何かしてあげるとしたら・・・

韓国から既に何か貰っていて、その見返りとして5兆円スワップだったり慰安婦問題への「誠意ある措置」をするのでしょう。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 崩壊するまで待つしか無いのか | トップページ | 家政婦を、見た »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

感謝しないのは、感謝を表に出すと日本にたかれなくなるからかと思います。

投稿: ティガ | 2011年12月20日 (火) 03時17分

コメントありがとうございます。

向こうの都合としてはそうですが、日本がそれに配慮する必要は全然無いと思うのです。

投稿: プー | 2011年12月20日 (火) 06時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/43431631

この記事へのトラックバック一覧です: 情に棹せば流される :

« 崩壊するまで待つしか無いのか | トップページ | 家政婦を、見た »