« 2012年6月東京ディズニーランドの混雑予想 | トップページ | グリーンピース・・・って、笑うとこ »

2011年12月 5日 (月)

元気なうちに意思表示を

医療・介護の分野の大きな悩みの一つです。こういうテーマでは大いに議論が行われると良いと思います。

高齢者の終末期における胃ろうなどの人工的水分・栄養補給は、延命が期待できても、本人の生き方や価値観に沿わない場合は控えたり、中止したりできるとする医療・介護従事者向けの指針案が4日、東京大学(東京・文京区)で開かれた日本老年医学会のシンポジウムで発表された。

 近年、口で食べられない高齢者に胃に管で栄養を送る胃ろうが普及し、認知症末期の寝たきり患者でも何年も生きられる例が増えた反面、そのような延命が必ずしも本人のためになっていないとの声が介護現場を中心に増えている。

 そこで、同学会内の作業部会(代表・甲斐一郎東大教授)が試案を作成した。広く意見を募って修正し、来年夏までには同学会の指針としてまとめるという。

実は、類似の内容の記事が去年出ていて、自分も色々書いています。

http://ayoshidamd.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-7ccd.html

その時点では単なる問題提起だった訳ですが、今回の記事では「指針作成」という一歩踏み込んだ話になっています。

皆さんには、自分が将来寝たきりで飲食できなくなったときに、胃瘻などの手段を使って生き延びたいか、寿命と諦めるかを、予め家族と相談して決めてほしいです。

その時になって慌てても手遅れで、望まない形で生き延びてしまうことも多いので。

さて、しかし現実の医療においては、医療側の事情も考えないといけません。

胃瘻を造らないことで生じる医療側のデメリットが大きいと、何としても胃瘻を造る方向で家族に説明するからです。

例えば、脳梗塞を発症した患者さんが救急病院に運ばれて治療を受けて、でも植物状態になってしまった時です。

さっさと胃瘻を造って療養(リハビリ)施設に送り、自分の病院の空きベッドを確保しなくてはいけません。そうでないと別の急患を受け入れられなくなりますから。

「栄養を付けてリハビリすれば、元気になるかも知れません。胃瘻はそのために必要です。」

医師は患者家族にこう話して胃瘻造設の方向に持っていくのですが、間違ってはいません。可能性がゼロなんて、なかなか言えることではないですから。

すなわち、医療側と患者側の利害を一致させる必要があります。

それが出来るのは、「診療報酬」による誘導です。色々問題のあるやり方ですが、上手く使えばそれなりに機能すると思っています。

胃瘻を作らない(この際、人工呼吸器も心臓マッサージも中心静脈栄養も、全てひっくるめて良いと思いますが)で看取ると病院に利益が出る、「終末期管理加算」を新設するのが一つの方法と思います。

診療報酬体系には不勉強ですみませんが、具体的には、上記処置を行わない管理を行った患者さんの、死から1ヶ月遡って毎日500点(5,000円)の加算が付く、といったあたりでしょう。

救急病院にとっては美味しくない程度の匙加減も必要ですが。

これによって、救急病院で治療したが寝たきり、という患者さんを、胃瘻を作らずに中小の病院に送って数カ月で看取る、という流れが出来ることを望みます。

これを取り入れることで寝たきり患者さんの望まない延命が減れば、国民医療費の節約にもなるはずです。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 2012年6月東京ディズニーランドの混雑予想 | トップページ | グリーンピース・・・って、笑うとこ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

リビングウィルですね。

どう生きるかが分からない人でもどう死にたいかは、判断出来ますものね。

投稿: ティガ | 2011年12月15日 (木) 19時00分

コメントありがとうございます。

難しいのは、元気なうちに意思表示をすることをする気になるか、の一点です。

投稿: プー | 2011年12月15日 (木) 20時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/43262621

この記事へのトラックバック一覧です: 元気なうちに意思表示を:

« 2012年6月東京ディズニーランドの混雑予想 | トップページ | グリーンピース・・・って、笑うとこ »