« 今度の介入は一味違う!? | トップページ | 意外と妙手? »

2011年11月 1日 (火)

投機筋 VS ミセスワタナベ

日銀の円売りドル買い介入から1日。USD/JPYは78円台前半です。これだけだと介入の成否は微妙です。しかし、日本人投資家の動きには興味深い点があります。

http://www.tfx.co.jp/mkinfo/document/fx_sellbuy.xls

これはくりっく365の日本人投資家の米ドルの売買枚数です。日本全体を考えるにはこれを10倍すると良いようです。

左から、日付、売り建て玉数、買い建て玉数です。

<>  <>  <>  <>  <>  <> 
2011/10/2827422404816
2011/10/31106002221500

10月31日の1日で、買い建て玉数が半減しています。昨日のエントリーの「40万枚超」が、半分近くも決済されています。殆どが介入後の利食いでしょう。これにより、今後再び円高が来ても日本人投資家はドルを買う余裕が出来ました。すなわち、円高は進みづらい、と言えます。

もう一つ興味深いことに、売り建て玉数が大幅に増えています。ドル円が上昇しがたいと読んで戻り売りを仕掛けた人達が多かったことを物語っています。78~79円で約定した人達はともかく、76~77円でヒットして瞬く間に踏み上げを喰らった人達は堪りません。彼等が諦めて損切りすれば、ドルは更に上がることになります。

あとは投機筋がどう出るか、となります。

投機筋の動きが分かるのは今週末です。それまでは推測でしか語れません。

投機筋が諦めるには、80円には乗せたいところです。日本人投資家の力だけではちょっと厳しいような気がします。安住財務相の「納得出来るところまでやる」に期待したいところです。

もしかしてTPP参加とバーターでアメリカから介入の許可を貰ったのでは? と邪推します。どうせ日本を売るなら、なるべく高く売りつけてやるべきです。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 今度の介入は一味違う!? | トップページ | 意外と妙手? »

為替」カテゴリの記事

コメント

昨日、たけしの番組でTPPについて論じてましたので、観ました。


消費者は安く野菜を買える様になるけれど、その分農家を守らないといけないから、税金を充てていくといった内容(間違っていたら申し訳ございません)


為替にコントロールされないように内需ももっと増やして欲しいところですが。

投稿: ティガ | 2011年11月 1日 (火) 18時31分

コメントありがとうございます。

「内需」は大事なテーマだと思います。
従って、自分は海外旅行していませんw

投稿: プー | 2011年11月 1日 (火) 21時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/42795791

この記事へのトラックバック一覧です: 投機筋 VS ミセスワタナベ:

« 今度の介入は一味違う!? | トップページ | 意外と妙手? »