« 中国の危機感・・・日本は呑気すぎる | トップページ | 推定2億円の損失 »

2011年11月21日 (月)

韓流の巨人、逝く

きっとテレビでは扱われないのだろうけど、大ニュースです。日韓関係の発展に努め、日本からも韓国からも褒章を受けた大人物ですが、日本にとって利益をもたらしたのかというと・・・ノーだと思っています。

電通の社長、会長を歴任し、株式の東証1部上場を果たした成田豊(なりた・ゆたか)氏が20日午前0時57分、肺炎のため東京都文京区の病院で死去した。82歳だった。葬儀は近親者のみで行い、お別れの会を後日開く。喪主は長男哲(あきら)氏。連絡先は電通広報部。
 日本統治下にあった現在の韓国・天安市生まれ。東大法卒。1953年電通入社。地方紙向けの広告を集める地方部に配属され、新聞広告畑を歩んだ。93年社長、2002年に会長就任。04年に最高顧問兼電通グループ会長に就き、10年に名誉相談役に退いた。
 社長時代には、地域子会社設立や海外展開、東証1部への株式上場、新社屋の建設、広告のデジタル化対応などを推進、電通を世界的な広告代理店に押し上げた。 

電通という広告代理店は、最近の日本を韓国面から牛耳ってきました。

思えば韓国という国に疑問を持ったのは2002年日韓W杯。

誰が見てもおかしい疑惑の判定により準決勝まで進んだ韓国に、ネットでは怒りの嵐が吹き荒れました。

遡ればW杯の日韓「共催」も変でした。本来は日本単独の開催になるはずでした。

折からのアジア通貨危機で韓国はスタジアムの建設費用が無かったので日本が援助しました。

しかしその見返りは、「CJ W杯」。

Koreaがアルファベット順でJapanの後になることを嫌ってCoreaと表し日本の前に名前が来るようにしました。

さらに本大会では前述の審判買収。

彼と電通はこれらに深く関わっていたようです。

フィギュアスケート界では、浅田真央選手を貶めてキムヨナを不自然に持ち上げる工作もしました。

最近の韓流ブームは、韓国国家ブランド委員会の意向を受けた電通の仕業です。

この国の権力の中で、表向き最も上に位置するのは「三権」ですが、

マスコミはこれらにより制約を受けない「第四の権力」と言われました。

そのマスコミを経済面で支配する、いわば「第五の権力」がこの電通です。

マスコミは国民の「批判」は受けますが、これを盾にして、隠れて悪事を働くことが出来るのです。

テレビの「広告」という、テレビに関わる「金」の動きを一手に牛耳り、マスコミを支配し、これを通して国民をも支配した巨悪、と言って差し支えない企業です。

折しも昨日は反電通デモが行われたそうです。全く報道されませんでしたが。

その日に彼が亡くなったのは、何らかの因縁を示しているのでしょう。

死者には鞭打たない主義ですので、「冥福を祈ります」とだけは書いておきます。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 中国の危機感・・・日本は呑気すぎる | トップページ | 推定2億円の損失 »

政治」カテゴリの記事

コメント

韓国を持ち上げるというビジネスなら仕方ない気がしますが、


電通の社長は韓国出身なんですね。


疑いがかかってしまうのも仕方ないですね。

投稿: ティガ | 2011年11月23日 (水) 00時20分

コメントありがとうございます。

自分としては、出身よりも実績で反日と考えています。

投稿: プー | 2011年11月24日 (木) 19時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/43092584

この記事へのトラックバック一覧です: 韓流の巨人、逝く:

« 中国の危機感・・・日本は呑気すぎる | トップページ | 推定2億円の損失 »