« 投機筋 VS ミセスワタナベ | トップページ | 2012年5月東京ディズニーシーの混雑予想 »

2011年11月 3日 (木)

意外と妙手?

ギリシャ、乱心!! という話ですが、ズルズル救済を継続しても傷が深くなるだけです。どん底まで落ちれば、あとは上がるだけです。国民投票で「ユーロ離脱」というショック療法は、意外と良い結果を生むのではないかとも期待します。

【カンヌ会川晴之】フランスのサルコジ大統領、ドイツのメルケル首相らは2日、仏カンヌでギリシャのパパンドレウ首相と会談した。同首相は欧州債務危機への包括対策を巡る国民投票を12月4日にも実施する方針を表明。国民投票は「ユーロ残留」の是非を問う内容になるとの考えを示した。一方、欧州連合(EU)などは今月中旬実施予定の80億ユーロ(約8600億円)の対ギリシャ第6次融資の一時凍結を決めた。

普通に考えて、「国民投票」は、政治の放棄です。

国民には、国策を判断するための予備知識が圧倒的に足りません。外国に知られてはならない国家機密は自国民に知らせることも出来ないので当然です。

従って、国民の中から政治のプロが選抜されて国政を行うというのが「間接民主主義」という考え方です。

その国政の責任を政治家が放棄する、というです。

国民が予備知識も無く一時の感情に任せて国策を決めてしまうのは、いくら「国民の責任」といっても、大きな過ちを犯してしまうおそれがあります。

そのくらい「国民投票」が不味い選択だからこそ、世界の株価は下がり、ドイツもフランスも慌てて止めに入っているのです。

でも、案外それもアリなのかも、と思ったりします。

いくらEUによる救済策が実施されても、ギリシャ国民が目を醒まさなければギリシャの債務は膨れ上がり続け、他国に更なる負担を強いるでしょう。

それだったら、ギリシャ国民には一度どん底を経験して貰うのが良いのかも知れません。

目が醒めればちゃんと働くでしょう。

ユーロ圏を離脱すれば、復活通貨「ドラクマ」激安と世界に誇る観光資源により、収入源となる観光客を呼ぶことが出来ます。

ギリシャ人がちゃんと働くこと。

これがギリシャ問題解決の必要条件です。

ギリシャのユーロ圏離脱は、これを満たす唯一の解かも知れません。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 投機筋 VS ミセスワタナベ | トップページ | 2012年5月東京ディズニーシーの混雑予想 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ギリシャの人がどれくらい働いているかは分かりませんが、

観光国という事で、

ギリシャがユーロを出るくらい危ない→治安が悪い→観光行かない

という流れにならなければいいなと思います。


観光に行きたいと思うには、紙幣の安さ以上に安全が大きいと思いますので。


現に、フクシマの件で日本に来る外国人は激減しているという話も聞きますし。

投稿: ティガ | 2011年11月 3日 (木) 22時04分

コメントありがとうございます。

ギリシャ人が「ちゃんと働いてくれれば」、ドラクマ安と治安維持は両立できると思います。
逆に、彼等が目を醒まさなければ、ギリシャはスラム街ですね。

投稿: プー | 2011年11月 3日 (木) 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/42830915

この記事へのトラックバック一覧です: 意外と妙手?:

« 投機筋 VS ミセスワタナベ | トップページ | 2012年5月東京ディズニーシーの混雑予想 »