« どうせアメリカの犬ならば | トップページ | 投機筋 VS ミセスワタナベ »

2011年10月31日 (月)

今度の介入は一味違う!?

今日の10:30ちょっと前に為替相場が急変しました。USD/JPYを中心に大幅な円安です。USD/JPYでは3円を超えています。毎度毎度弱腰と叩かれる日銀・財務省ですが、今度ばかりは違うのでは? と思わせる点があります。

[東京 31日 ロイター] 安住淳財務相は31日午前、ドル買い/円売りの市場介入を実施したことを明らかにした。介入は単独介入。午前10時25分から行ったという。

 安住財務相は「実体経済を反映しない一方的・投機的な動きが続いている」としたうえで、「納得いくまで介入する」と語った。

 為替市場では介入を受けてドルが78円後半まで上昇、この日の安値からは3円以上の上昇となっている。

先週は、「くりっく365」のUSD/JPY買い建て玉数が40万枚超へと大幅に増大し、投機筋にやられたら大幅な円高が来そうだと心配していました。

そうしたら今日の日銀介入です。

昼前までの段階で「出来高」が40万枚に至っています。介入以後に追っかけてトレードした人も多いでしょうが、先週ドルを買った人達は相当数「利食い」出来たはずです。

また、これだけの利食いを消化してなお上がったUSD/JPY相場を見て、今回の介入は本物だ、と考えた次第です。

今まで2ヶ月以上もUSD/JPYが小幅なレンジで推移していたのは、多くの日本人投資家が下がっては買い、上がっては売りを繰り返していたからです。

そのような「レンジ相場」は、何時かは崩れるものです。そのきっかけが投機筋による押し下げではなく日銀の介入であったことは、多くの日本人投資家にとって幸福なことだったと思います。もちろん輸出企業も。

今後は、日本人投資家の建玉が減ったことで相場は動きやすくなるはずです。

あとはこれに対し、欧米の機関投資家がどう出るか。今までの「ドル売り円買い」から「円売りドル買い」転じるかどうかで、今回の介入が本物かどうかが試されます。

明日の朝の相場と、日本人投資家の建玉数に注目です。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« どうせアメリカの犬ならば | トップページ | 投機筋 VS ミセスワタナベ »

為替」カテゴリの記事

コメント

貨幣は寝て待てと言いますが、1日で3円も変動したら投資家は寝てられないですね。

投稿: ティガ | 2011年11月 1日 (火) 18時20分

コメントありがとうございます。

まあ、全然動かないよりは良いのですよ。投資家としたら。
レバレッジを高くしてトレードしている人には辛い展開ですね。

投稿: プー | 2011年11月 1日 (火) 21時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/42771927

この記事へのトラックバック一覧です: 今度の介入は一味違う!?:

« どうせアメリカの犬ならば | トップページ | 投機筋 VS ミセスワタナベ »