« こういうのを平気で掲げられる国民性 | トップページ | 「今のところは」無関係 »

2011年10月 1日 (土)

半値八掛け二割引き

リーマンショックから立ち直ったかに見える世界経済も、今年の8月から陰りが見えた印象です。現在は欧州経済が何やら怪しげですが、おそらく、世界同時不況は「これからが本当の地獄だ」という状況でしょう。

世界の株式時価総額が、2011年3月末からの半年間で約10兆1309億ドル(約776兆9392億円)減少したことがわかった。

 欧州の財政危機などで日欧米だけでなく、新興国も含め世界的な株安に見舞われたことが要因だ。

国際取引所連合が公表した8月末の時価総額と、米金融情報会社が算出した株価指数「MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス」の変動率を基に推計したところ、9月末の世界の株式時価総額は約47兆6685億ドルで、3月末比で17・5%減少した。

相場の格言に、「半値八掛け二割引き」という言葉があります。

バブルで値上がりしたものが弾けてどこまで下がるか。或いはその銘柄の本来の価値、と言っても良いでしょう。

この言葉通りなら、半値(×0.5)八掛け(×0.8)二割引き(×0.8)で、最高値からは32%が底値ということになります。

世界の上場企業の時価総額は、年末ベースでは、好景気と言われた2007年末に約60兆ドルでした。

ということは、60兆の32%、19兆ドルまでの下落は覚悟しないといけないと思います。

欧州の危機はこれからが本番です。ギリシャをどう扱うかで「バッドエンド」か「ワーストエンド」かの違いはありますが、欧州が深手を負うことは到底免れません。

破綻するのがギリシャ1国で済めば上出来です。最悪ならドイツ以外、大国フランスすら巻き込んで大恐慌が起こることもありえます。

欧州の大恐慌は、大規模な債権国である中国にも波及すると思います。中国が困った時には米国債を放出するでしょう。これが起これば世界中が大パニックです。

その時に日本が「いくらでも買い支えるっ!(キリッ」という姿勢を示せれば、大恐慌収束のきっかけが掴めるかも知れません。

さて、32%の法則に則って今後の底値を予測します。基準を「史上最高値」と取るか「直近の高値」と取るかでまた難しいのですが。

NYダウ平均:14,198(2007年高値)×0.32=4,543ドル

日経平均:21,563(2006年高値)×0.32=6,900円

金:4,745(今年8月高値)×0.32=1,518円

ユーロ:170(2008年史上最高値)×0.32=54円

豪ドル:108(2007年史上最高値)×0.32=35円

多分、底値の底値は、投機筋による売り浴びせのピークで瞬間最大風速的なものがあると思います。しかし、レバレッジを掛けたりストップロスを設定している人は飛ばされてしまうので注意が必要です。

おそらく、実需の部分の大きい銘柄はこれほど下がらないでしょう。逆に、投機資金の流入で上がってきた銘柄では、信頼度が高いと思っています。

すなわち、投資対象通貨の代表格である豪ドルは、本気でこのくらいまで下がることを予想して、自分の投資(投機?)計画を立てています。

実際には、上に示したレートがジャストミートするとは思いませんで、その数字に近付いたところで少しずつ買い足していく、という方法を採るのですが。

我々庶民が大恐慌のリスクをヘッジするなら、FXで資源国通貨の売り(豪ドルはマイナススワップが高くて辛いです。ユーロやカナダの戻り売りが堅いでしょう。)、投資信託では「ベア」ファンドの購入がお勧めです。

そういうリスクテイクが怖くて出来ない人は、今は「日本円」を持っていることです。

そして、世の中が「もうだめだ」的な雰囲気の時にちょっと買っておきます。

そうすれば、数年後にそれが倍くらいになっている可能性が高い、と思います。

そして、そういうときに「買う」のは、世界を救う一助にもなるのです。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« こういうのを平気で掲げられる国民性 | トップページ | 「今のところは」無関係 »

為替」カテゴリの記事

コメント

日経平均6900円という数字は、現実に起きても個人的には納得してしまう気がします。


日本株も少し買っていたので、来年辺りに買い足そうかなと思ってましたし。


その後の日本株のリバウンドに期待したい所ですが、円高が続くと長引く気がします。

投稿: ティガ | 2011年10月 2日 (日) 22時10分

コメントありがとうございます。

日本はこの先、他の世界各国よりは大分マシと思います。
しかし大底を買う自信があるなら、risk rewardとしては外国株の方が大きいでしょう。

投稿: プー | 2011年10月 3日 (月) 08時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/42178655

この記事へのトラックバック一覧です: 半値八掛け二割引き:

« こういうのを平気で掲げられる国民性 | トップページ | 「今のところは」無関係 »