« 方向はどうあれ、日本を大事にしている人達 | トップページ | 安倍・麻生と鳩山・菅を同列に語るな »

2011年8月17日 (水)

「介」類は違うんでよろしく

魚が体に良いのは多くの人が知っていると思いますが、糖尿病発症リスクを下げる日本人のデータは初めてかもしれません。皆さん、「魚」を食べましょう。

魚介類を多く食べる男性は糖尿病になるリスクが低いことが17日、国立がん研究センターなどによる全国約5万人の追跡調査でわかった。

 魚の脂に含まれる不飽和脂肪酸などが、血糖値を下げるインスリンの分泌を促すとみられる。

(珍しく)自分の読んだことのある論文では、一昨年末のイギリスでの調査結果を覚えています。

n-3多価不飽和脂肪酸、我々の身近なところではDHAやEPAですが、これらはインスリン抵抗性を下げる(=インスリンの効きが良くなる→インスリンを無理に多く分泌しなくて済む→膵臓に負担が掛からない→糖尿病になりにくい)、という効果を持ちます。

推奨される魚は、サバ、イワシ、サケ、マグロ、タラ、カレイ、ヒラメなどです。

一方で気を付けなくてはならないのは、貝類やエビ・カニといったものを大量摂取すると糖尿病発症リスクが上がる、ということです。

但しこれについては、貝などに含まれる脂肪分が悪いのか、調理に伴って使用される油が悪いのか分かっていないようです。

思えば自分の食生活の嗜好も、以前の肉中心から魚も好きという風に変わってきました。

年と共に自然と健康志向に変わってきているのかな?

それでも全然痩せない自分も問題ですが、若い頃と同じようにずっと肉を食べていたら糖尿病を発症していたでしょう。

皆さんも、糖尿病「予防」に取り組みましょう。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 方向はどうあれ、日本を大事にしている人達 | トップページ | 安倍・麻生と鳩山・菅を同列に語るな »

心と体」カテゴリの記事

コメント

不飽和脂肪酸はDPP4とも相性がいいみたいですね。

私は今、小児サマーキャンプに参加中です

投稿: ティガ | 2011年8月19日 (金) 19時31分

コメントありがとうございます。

2型DMへのインスリン以外のアプローチが増えて良いことです。

サマーキャンプとは、良い経験になりますね。

投稿: プー | 2011年8月20日 (土) 10時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/41247099

この記事へのトラックバック一覧です: 「介」類は違うんでよろしく:

« 方向はどうあれ、日本を大事にしている人達 | トップページ | 安倍・麻生と鳩山・菅を同列に語るな »