« ディズニーバブルの崩壊 | トップページ | 2012年2月東京ディズニーシーの混雑予想 »

2011年8月 1日 (月)

ふかわりょうを追えばこの国の自由度が分かる

高岡蒼甫さんの発言が波紋を呼んでいますが、ふかわりょうさんが冷静に解説という形で追随しています。しかもかなり踏み込んだ内容です。これに対してテレビ局や我々国民がどう判断するかが、この国の自由の度合いを示すことになるでしょう。

 その後、「本当か分からない」としながらも、例えば「あるテレビ局」が韓国政府からK-POPを流すようお金をもらい、さらに楽曲の権利も持っていて、K-POP歌手が売れれば売れるほど、テレビ局にお金が入る仕組みがあったとして、「だからその局がK-POPをバンバン流すというのは駄目なことか」と問題提起する。

(中略)

韓流ブームにお金が絡んでいることは誰でも容易に想像が付きますが、仮定の話とは言え、ここまで解説してくれたふかわさんは凄いです。

ふかわさんは「法律はない」とするも、「影響力がある公共の電波を用いて一企業の私腹を肥やすやり方を推進するのは違反なことだと思う」と指摘。さらに、ある局がお金をもらってK-POPのCMを流すのと、番組の中で流れるのは「決定的に違う」とし、

  「CMだったら視聴者はCMとして受け止めるけど、番組で取り上げるのは世の中の現象がこうなっているかのように偽装している。そこにメディアの大事な境界線がある」「刷り込みとかって、僕らはまだ判断できるけど、小中学生はそれが全てになってしまうから」

自分は詳しくないですが、放送法には、CMはCMと明示しなくてはならない、と規定しているようです。

韓流ブームの人気というのは、実際には露出量ほど大きくないようです。テレビの出演量とオリコンランキングが比例しないことで分かります。これを大人気と煽るのは事実に反します。

しかし嘘でも百度言えば本当になるという格言もありますが、テレビが煽り続ければいずれは本当に大人気になってしまうでしょう。

それをテレビ局はどや顔で「ワシが育てた」とでも言うつもりでしょうか?

今回の騒動で、「テレビは時代を映すものではなくなった」と感じたといい、

では何になったのか。

テレビは大衆煽動の道具になった。

ということです。

では何のために?

彼等の目標は外国人参政権を成立させて日本を乗っ取ることです。

日本人が韓流タレントに好意を持てば、参政権を与えてもいいじゃない? という流れになるでしょう。

因みに、国会で取り沙汰されている人権擁救済法案は、人権委員の要件に「地方参政権」を規定しています。何で「日本国民」じゃないんだよ、という疑問に対する答えがこれです。

この2つの法案のコンボで、日本は完全に韓国に支配されます。日本人に言論の自由は全くなくなります。ふかわさんも当然逮捕です。

この流れに抗するにはどうすれば良いか。

常にこの問題について発信していくことです。

日本国民みんながこの問題の裏を理解すれば奴らの意図を挫くことが出来ます。

韓流番組のスポンサー企業に対する不買運動を! という意見もありますが、実生活で日本の企業を忌避するのは難しいです。

一昨日だか、ロンブー淳さんが自身が司会を務める新番組について、「フジテレビは韓流だけじゃないところを見せる」と語っていましたが、そういう前向きな取り組みもあるんだな、と思いました。

ふかわさんは今回、高岡さんより紳士的な形で問題提起しました。実名ではなく、あくまで仮定の話しかしていません。

これでテレビから干されるようだと、いよいよこの国の言論統制の根は深いと言わざるを得ません。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« ディズニーバブルの崩壊 | トップページ | 2012年2月東京ディズニーシーの混雑予想 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

韓国も行き詰まった先は、隣国への進出だったんでしょうね。

そのせいか韓国の学生は、留学経験を持つ人が非常に多いです。


メディアから徐々に侵略し、日本を手中に治めるつもりなのでしょうね。

投稿: ティガ | 2011年8月 1日 (月) 20時24分

コメントありがとうございます。

彼等が「お互い様」の心を持っていればウェルカムなのですがね。

投稿: プー | 2011年8月 2日 (火) 06時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/41038585

この記事へのトラックバック一覧です: ふかわりょうを追えばこの国の自由度が分かる:

« ディズニーバブルの崩壊 | トップページ | 2012年2月東京ディズニーシーの混雑予想 »