« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月31日 (水)

値下げ効果覿面だった8月。9月以降が勝負

8月の混雑は、自分の予想を大きく上回りました。子供半額、キャンパスデーといった大胆な割引き攻勢が奏功したのでしょう。震災後の消費マインドが上向いたのは喜ぶべきでしすが、割引きが終わってどうなるかにも注目です。

東日本大震災の影響で低迷していた東京ディズニーランド(TDL)と東京ディズニーシー(TDS)の客足が、ようやく戻り始めた。8月のTDLとTDSの入場者数は既に過去最高を更新。前年同月比で2桁の伸び率を確保したとみられ、伸び悩みが続く西日本からの客足が今後戻れば、落ち込んでいた業績の回復につながりそうだ。

「過去最高を更新」が8月何日の時点か分かりませんが、既に過去最高というのだから、今年の夏は凄かったと言えます。

特にディズニーシーが混雑し、14・15日はシーのみ制限という珍しい事態でした。

ディズニーシーは、夜のハーバーショーである、ファンタズミック! が素晴らしく、これを目当てに集まった客が多かったようです。

Dsc00937


見づらいかもしれませんが、人、人、人の波です。

Dsc00942

これが一時のブームで終わるかどうか。子供半額が終わる9月以降が勝負です。

「首都圏ウィークデースペシャルパスポート」は発売されます。似たようなことは去年以前も行われていましたが、今年は休日除外というところに強気の姿勢を感じます。

パークのイベントとしては、ディズニーシーはファンタズミック!に加えて10周年記念イベントが行われるので引き続き大混雑を予想します。

一方でランドは、ハロウィーンをやるけれども去年の焼き直し感が強く、それほどの混雑ではないと考えています。

世のためには混んで欲しいけど、自分が行く日には空いて欲しい、というのは誰しも思うことでしょう。

イベントを楽しむなら混雑覚悟でシー。乗り物に乗りたければ比較的楽なランドへ。雨乞いしてみるとか

と言う形で楽しみましょう。

そうそう、月曜日を平日と思ってはいけませんので。念のため。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月29日 (月)

無能でも人の言うことを聞いてくれれば

民主党代表は野田佳彦に決まりました。問題は本人が無能であることですが、組閣メンバーが良ければ何とか今よりマシになるかも? 今後は組閣あるいは大連立の有無といったところに注目していきたいです。

民主党は29日、菅直人首相の後継代表を決める代表選挙を行い、野田佳彦財務相(54)が海江田万里経済産業相(62)との決選投票の末、新代表に選出された。野田氏はただちに党役員人事に着手し、30日の衆院本会議で第95代、62人目の首相に指名される。

勝利後のコメントで、

「ノーサイドにしましょう、もう。」

と、しみじみ語っていました。

小沢一派が海江田に付いて不利と言われていたので、正直ホッとしたというところでしょう。負けたら冷や飯食わされるところですから。

ですが、本当の仕事はこれからです。

海江田及び小沢一派の処遇をどうするか、大連立にするのか。

震災復興・原発対策の具体的な道筋は。

問題山積です。

むしろ、今回負けた人達の方がホッとしているのかも。

まずは組閣メンバーに注目です。

どの範囲から閣僚を指名するのか。

それによって震災復興・経済対策・外交姿勢の方向性・本気度・実現性といったものが推し量れると思います。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011年8月27日 (土)

前原、不戦敗宣言

俺、本当は出たくなかったんだよ。というのが本音だと思います。それでも小沢からの支持を取り付ければ或いは、という一縷の望みも絶たれた形となり、反小沢票を散らすよりはと自爆したのでしょう。とんだ道化でした。

民主党代表選に立候補した前原誠司前外相は27日午後、東京都内のホテルで記者会見し、政治資金規正法で禁じられている外国人からの政治献金が、今年3月に発覚した25万円以外に計34万円あったことを明らかにした。既に全額返金している。前原氏によると、05年から10年の間に在日外国人3人から計5万円、在日外国人が代表取締役を務める法人1社から計29万円を受け取っていた。

前原は大震災の直前に在日韓国人からの献金を白状して外相を辞任しました。

本来なら国会議員を辞めなくてはならないほどの罪でした。それが大震災のために有耶無耶となって今に至ります。

そんな人が代表選に出て良いわけがありませんでした。いや、代表と首相が違えば・・・!!

今回彼が民主党代表選に出馬する場合には、陸山会問題が明るみに出ながらも上手く立ち回って無罪を勝ち取る勢いの小沢一郎容疑者の支持(というか脱法のノウハウ)を得られるかどうかが鍵でした。

それが得られそうだと、誰かから吹き込まれたのでしょう。それで出馬してはみたが、いざ小沢と話してみたら無理難題をふっかけられた。

小沢は俺を支持する積もりなんて最初から無かった。ああ俺はまたしても嵌められた・・・前回は永田メール問題

と絶望したのでしょう。

今回明らかにした外国人献金は、不戦敗宣言の決意を表すものですが、実は数日前、朝日新聞の調査だかで、前原についてどう思うかという調査が行われていました。

前原「首相」を支持する意見が優勢でしたが、そういう人には、(震災前に明らかになっていた外国人献金について)「みそぎは済んだ」という意見が多かったのです。

個人的にというか法的には国会議員を辞めなくてはみそぎは済んだとは言えないのですが今回、前原自身で、「みそぎは済んでないよ」と表明したわけです。

さて民主党代表選は、5人のうち1人が完全に脱落した形になりました。

では誰が代表になるのか。

自分は、反小沢と親小沢の集まる、野田と海江田のどちらかと思います。

票読みは全く分かりませんが、長所と短所を挙げてみます。

・野田佳彦の、

長所:親米。保守。中国に媚びない。

短所:無能。前原と同じ筋から献金。

・海江田万里の、

長所:それなりの実務経験。経済通。

短所:親中。恫喝と泣き。

どちらにも問題あり。良いところだけ取り出すわけにはいかないし・・・

あと2年、こういうのと付き合わなくてはならないんでしょうね。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月24日 (水)

色々な意味で軽い御輿

民主党代表選では、にわかに前原氏の擁立が現実味を帯びてきました。本人はやりたくないという話もありましたが、周囲にとっては都合の良い人選なのでしょう。鳩山・菅を超える軽さの首相が登場するかも知れません。

民主党の前原誠司前外相(49)は23日の正式な民主党代表選への立候補表明で「挙党一致」「全員野球」を掲げた。小沢一郎元代表の影響力を排除する菅政権の「脱小沢」路線と一線を画す考えを示唆したように映る。これに合わせるかのように小沢グループ内には前原氏支援を探る動きも浮上。党内主流派側では前原氏と野田佳彦財務相(54)の一本化などが模索されており、前原氏出馬を受けた代表選情勢は混とんとしてきた。【葛西大博、光田宗義】

前原誠司は政治家の中ではイケメンに類するので、イメージは良いでしょう。親米反中の外交姿勢にも好感が持てます。しかしその一方で政治家としての手腕は無いと言えます。

かつては永田メール問題で自民党追及に失敗し、永田は自殺してしまいました。

政権交代後では、八ッ場ダム問題を混沌に陥れ、尖閣諸島漁船衝突事件では腰砕け、大震災直前に在日韓国人献金問題を追及されて外相を辞任しています。

過去の実績から考えるに、鳩山・菅に匹敵するほど言葉の軽い人物です。

逆に言えば、他者からは操りやすい存在と言えるのでしょう。

出来ないくせに我を通した菅よりはマシかもしれません。

前原が首相になればおそらく短命政権です。

小沢一郎にとっては自分の影響力を保つための一時休戦程度のことです。

アメリカから見れば親米政権誕生です。

韓国は献金済みなので既に操り人形状態です。

中国はまた嫌がらせを仕掛けてくるでしょう。

自民党は、言うことを聞かなければ献金問題を蒸し返すつもりでしょう。

いろいろな思惑が絡んで、成立するも身動きが取れずに早期退陣、となりそうな気がします。

それとも解散総選挙!?

民主党が選挙で負けないための最良の人選かもしれません。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011年8月19日 (金)

安倍・麻生と鳩山・菅を同列に語るな

無能な首相が早期辞任となるのは当然です。問題は、この国のために頑張った首相を引きずり下ろしておいて、その口で短命政権が続いて困ると言うダブルスタンダードです。「5年で5人」などと嘆く奴等は全く信用出来ません。

今年も首相が代わるようだ。「歌手1年、総理2年の使い捨て」といったのは竹下登元首相だが、“自業自得”の側面があるとはいえ、「1年の使い捨て」が安倍晋三元首相以降、5人続くのは異常だ。

思えば安倍・麻生は不幸でした。共にマスコミから異常なバッシングを受けて、かたや辞任、かたや総選挙大敗という憂き目を見ました。

しかし一方で彼等の実績は日本国民にとって輝かしいものです。

主なものだけでも以下の通りです。

・安倍晋三の実績

教育基本法制定、防衛省昇格、財政再建、北朝鮮制裁、貸金規正法改正、人権擁護法案凍結、女系天皇容認論を白紙撤回

・麻生太郎の実績

リーマンショックから世界と日本を救った。日印安保共同宣言、竹島日本領を世界にアピール、日中遺棄化学兵器処理問題終結

短い任期の間に4年分以上の成果を挙げています。

翻って政権交代後ですが、鳩山の悪の実績は目を覆うばかりです。

・鳩山由紀夫の実績

CO2の25%削減を掲げて外国に金を撒く。子ども手当で外国に金を撒く。普天間問題を振り出しに戻した。尖閣諸島で中国に大幅譲歩。

どれか一つでも罷免に値する大仕事です。

ネットを見ていると、鳩山由紀夫は戦前・戦中の総理である近衛文麿とそっくりだという意見がありました。これを政権交代前に書いているのだから、世の中には慧眼な人が居たものだと感心しました。

近衛文麿についてはこちら。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%91%E8%A1%9B%E6%96%87%E9%BA%BF#.E6.88.A6.E7.8A.AF.E5.AE.B9.E7.96.91

http://www.youtube.com/watch?v=00Op9Ba15OE

対英米協調外交に反対する現状打破主義的主張で、大衆的な人気も獲得し、早くから首相待望論が聞かれた。1933年(昭和8年)貴族院議長に就任。

1933年(昭和8年)には近衛を中心に政策研究団体、ブレーン・トラストとして後藤隆之助を中心に昭和研究会が創設される。この研究会には後にゾルゲ事件の首謀者として絞首刑に処せられた尾崎秀実も参加していた。

この辺りの反米・容共の姿勢は、鳩山と大きく通じています。

また、

近衛という人は、ちょっとやってみて、いけなくなれば、すぐ自分はすねて引っ込んでしまう。相手と相手を噛み合せておいて、自分の責任を回避する。三国同盟の問題でも、対米開戦の問題でも、海軍にNOと言わせさえすれば、自分は楽で、責めはすべて海軍に押し付けられると考えていた。開戦の責任問題で、人が常に挙げるのは東条の名であり、むろんそれには違いはないが、順を追うてこれを見て行けば、其処に到る種をいたのは、みな近衛公であった

という井上海軍大将による評価が印象的です。

違うところと言ったら、終戦後に戦犯容疑が掛けられた近衛は服毒自殺したのですが、鳩山にその潔さが無い、というくらいのものでしょう。

また、鳩山政権が近衛政権のように長続きしなかったのは、現代日本が歴史の教訓にある程度学んだことを示しているのかも知れません。

記事の話に戻りますが、この記事の締めは、

政権を安定させると同時に、政権交代可能なシステムとはどうあるべきか。政策だけではない。選挙制度や衆参両院の関係、代表・総裁選のあり方まで、6人目、7人目の首相を使い捨てにしないために与野党が考えるべき課題は多い。

となっていますが、

大事なのは国民です。

国民が日本国を大事にしてくれる政治家を選ぶことです。

そのように見る目を養わなくてはいけません。

玉石混淆、偏向報道山盛りの情報社会で、それは簡単なことではありません。

それでも、ゆっくり確実に勉強していきましょう。

いつかは日本も復活するはずです。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年8月17日 (水)

「介」類は違うんでよろしく

魚が体に良いのは多くの人が知っていると思いますが、糖尿病発症リスクを下げる日本人のデータは初めてかもしれません。皆さん、「魚」を食べましょう。

魚介類を多く食べる男性は糖尿病になるリスクが低いことが17日、国立がん研究センターなどによる全国約5万人の追跡調査でわかった。

 魚の脂に含まれる不飽和脂肪酸などが、血糖値を下げるインスリンの分泌を促すとみられる。

(珍しく)自分の読んだことのある論文では、一昨年末のイギリスでの調査結果を覚えています。

n-3多価不飽和脂肪酸、我々の身近なところではDHAやEPAですが、これらはインスリン抵抗性を下げる(=インスリンの効きが良くなる→インスリンを無理に多く分泌しなくて済む→膵臓に負担が掛からない→糖尿病になりにくい)、という効果を持ちます。

推奨される魚は、サバ、イワシ、サケ、マグロ、タラ、カレイ、ヒラメなどです。

一方で気を付けなくてはならないのは、貝類やエビ・カニといったものを大量摂取すると糖尿病発症リスクが上がる、ということです。

但しこれについては、貝などに含まれる脂肪分が悪いのか、調理に伴って使用される油が悪いのか分かっていないようです。

思えば自分の食生活の嗜好も、以前の肉中心から魚も好きという風に変わってきました。

年と共に自然と健康志向に変わってきているのかな?

それでも全然痩せない自分も問題ですが、若い頃と同じようにずっと肉を食べていたら糖尿病を発症していたでしょう。

皆さんも、糖尿病「予防」に取り組みましょう。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月15日 (月)

方向はどうあれ、日本を大事にしている人達

靖国神社は日本国のために犠牲になった人達の神社です。これを大事にしない人間は、日本を大事にしていない人達です。与党にしろ野党にしろ、まずは日本を大事にしているかどうかが日本の政治家の絶対条件と思います。

 

66回目の「終戦の日」を迎えた15日、超党派の「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」(会長・古賀誠衆院議員)のメンバーら50人以上の国会議員が東京・九段北の靖国神社を参拝した。

靖国神社には1度だけ参拝したことがありますが、荘厳な雰囲気に背筋の伸びる思いがし、特攻隊の像の文章に涙したことを覚えています。

日本人なら、この国のために犠牲になった人達に敬意を表するべきです。

それが、今の閣僚では参拝者ゼロだそうです。

彼等は日本のための政治家では無い、と改めて確信しています。

よく、靖国神社に参拝しないのは、靖国神社を批判する外国に配慮したため、という話を聞きます。

しかしそれは、日本より外国が大事だということに他なりません。

外国が日本に対して心から友好的で、恩を恩で返してくれるような良心的な国なら、その国に配慮してあげても良いと思います。

しかしそんな国は、日本の近くには存在しません。

当たり前です。隣国同士は色々利害が対立するからです。

そんな国の要求を一々聞いていたらこの国が亡くなってしまいます。

日本国の政治家なら日本の国益を第一に考えるべきです。

靖国神社に参拝しない政治家は、信用に値しません。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月13日 (土)

じゃあ、ワーファリンに戻るかというと・・・

鳴り物入りで登場した抗凝固剤ですが、やはり夢の薬などというものはないのだということです。あとは、リスクとベネフィットを見比べて薬を選んだり調節するというリテラシーが求められると言うことでしょう。

厚生労働省は12日、血栓をできにくくする血液凝固阻止剤「プラザキサカプセル」を服用した70代以上の患者5人が、消化管出血など因果関係の否定できない重い出血性の副作用で死亡したと発表した。今年3月に販売され、推定で約6万4千人が使っている。

従来の抗凝固剤であるワーファリンは、主に心臓で血栓の出来やすい人には必須の薬ですが、人によって或いはコンディションによって効果にばらつきが大きく、ちょうど良く効いているか月に1回は検査を要したり、それでも脳出血などの重大な副作用を防げないという難しい薬でした。

今回の件のプラビックスは、そのワーファリンよりは出血リスクが少ないと言われる薬ですが、さすがにゼロには出来ません。また、ワーファリンと比べたデメリットとしては、効果の判定が難しいのと、出血した時に止める薬が無い、という点があります。

まあ何事も、世の中の進歩は半歩ずつ、というものなのでしょう。

お盆なのに飛んできて説明してくれたMRさんにはお疲れ様と言っておきました。

Banner_13_2よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ロードス島戦記で知りました

坂本真綾さんが結婚、おめでとうございます。そんなに知っているわけではないけど、歌はとても上手い印象です。末永い幸せをお祈りします。

坂本真綾と鈴村健一が8月8日に結婚したことが双方のオフィシャルサイトにて発表された。

自分が知っているのは、テレビアニメ、「ロードス島戦記」のオープニング。

http://www.youtube.com/watch?v=T13kjLivE2Q

Wikipediaで分かったのですが、この時彼女18歳。既に完成と言えるくらいの上手な歌でした。

自分も歌えるようにと練習していますが、hiFisがなかなか出なくてね・・・い~~こ~う~・・・ってね・・・

現在も多岐にわたり活躍中とのこと。

真綾さんの幸せと益々の活躍を願っております。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011年8月10日 (水)

菅と海江田の去就に注目

これで菅の示した退陣のための3条件が揃いました。これを機に菅が辞めるのか、或いは海江田が先に辞表を出すのか。これで菅が辞めないようなら、自民党は不信任案を出すでしょう。菅はいよいよ観念する時です。

自民党の総合エネルギー政策特命委員会(委員長・山本一太参院政審会長)は10日午前、菅直人首相が退陣3条件の1つとして挙げる再生エネルギー特別措置法案の修正案を了承した。午後にも民主、自民、公明3党の政策実務者による修正協議に入り、週内の衆院通過、月末までの成立を目指す。修正協議が合意すれば、菅首相の退陣3条件が全て整うことになる。

 修正案では、太陽光や風力など再生可能エネルギーの買い取り制度の導入促進を図るため同法案を恒久法と位置付けた上で、施行後3年間は「促進期間」として発電事業者に優遇策を実施する。

 ただ、制度導入に伴う電気料金の高騰なども懸念されることから、政府のエネルギー基本計画の見直しや制度の実施状況を踏まえ、施行3年後に同法見直しを「必ず実施する」とした。

 

菅の外堀を埋めるのと孫の金儲けを防ぐという2つの命題を両立させるためのギリギリの妥協点だったのでしょう。

自民党としては、

3年間は孫に儲けさせてやる。

政権交代後は骨抜きにしてやるから見ていろ。

という積もりなのでしょう。

これで菅が辞めるかどうかに焦点が移ってきます。

菅が辞めればもう少しマシな内閣が出来るでしょう。この際大連立も無くはないと思います。

辞めなければ不信任案でしょう。再び不成立なら、いよいよ「民主党はみんな菅と同類」をアピールできます。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 4日 (木)

2012年2月東京ディズニーランドの混雑予想

今月に入って、シーもランドも良い感じで混んでいるようです。人気アトラクションで最大2時間待ちが出ています。

大きな値下げキャンペーン無しでこれくらい入れば、景気回復も本物と言えるのでしょうが。

サッカー元日本代表の松田選手が亡くなりました。ご冥福をお祈りいたします。

心筋梗塞に続発した心室細動で脳などの重要臓器が重い損傷を受けていたのでしょう。

AEDがあれば・・・と言うより、水分・塩分を十二分に摂取して予防に努めるのが最善と言えるでしょう。

201202tdlfore

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 3日 (水)

2012年2月東京ディズニーシーの混雑予想

TDRの運営カレンダーの「営業時間」は年内一杯までは更新されました。しかし来年の分は暫定的に出てはいますが参考にはなりません。土日も含めて10時開園、とは思えないので、いずれ更新されるのではないかと思います。

2月はもう閑散期では無い、という点は注意してください。

201202tdsfore

Banner_13_2よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 1日 (月)

ふかわりょうを追えばこの国の自由度が分かる

高岡蒼甫さんの発言が波紋を呼んでいますが、ふかわりょうさんが冷静に解説という形で追随しています。しかもかなり踏み込んだ内容です。これに対してテレビ局や我々国民がどう判断するかが、この国の自由の度合いを示すことになるでしょう。

 その後、「本当か分からない」としながらも、例えば「あるテレビ局」が韓国政府からK-POPを流すようお金をもらい、さらに楽曲の権利も持っていて、K-POP歌手が売れれば売れるほど、テレビ局にお金が入る仕組みがあったとして、「だからその局がK-POPをバンバン流すというのは駄目なことか」と問題提起する。

(中略)

韓流ブームにお金が絡んでいることは誰でも容易に想像が付きますが、仮定の話とは言え、ここまで解説してくれたふかわさんは凄いです。

ふかわさんは「法律はない」とするも、「影響力がある公共の電波を用いて一企業の私腹を肥やすやり方を推進するのは違反なことだと思う」と指摘。さらに、ある局がお金をもらってK-POPのCMを流すのと、番組の中で流れるのは「決定的に違う」とし、

  「CMだったら視聴者はCMとして受け止めるけど、番組で取り上げるのは世の中の現象がこうなっているかのように偽装している。そこにメディアの大事な境界線がある」「刷り込みとかって、僕らはまだ判断できるけど、小中学生はそれが全てになってしまうから」

自分は詳しくないですが、放送法には、CMはCMと明示しなくてはならない、と規定しているようです。

韓流ブームの人気というのは、実際には露出量ほど大きくないようです。テレビの出演量とオリコンランキングが比例しないことで分かります。これを大人気と煽るのは事実に反します。

しかし嘘でも百度言えば本当になるという格言もありますが、テレビが煽り続ければいずれは本当に大人気になってしまうでしょう。

それをテレビ局はどや顔で「ワシが育てた」とでも言うつもりでしょうか?

今回の騒動で、「テレビは時代を映すものではなくなった」と感じたといい、

では何になったのか。

テレビは大衆煽動の道具になった。

ということです。

では何のために?

彼等の目標は外国人参政権を成立させて日本を乗っ取ることです。

日本人が韓流タレントに好意を持てば、参政権を与えてもいいじゃない? という流れになるでしょう。

因みに、国会で取り沙汰されている人権擁救済法案は、人権委員の要件に「地方参政権」を規定しています。何で「日本国民」じゃないんだよ、という疑問に対する答えがこれです。

この2つの法案のコンボで、日本は完全に韓国に支配されます。日本人に言論の自由は全くなくなります。ふかわさんも当然逮捕です。

この流れに抗するにはどうすれば良いか。

常にこの問題について発信していくことです。

日本国民みんながこの問題の裏を理解すれば奴らの意図を挫くことが出来ます。

韓流番組のスポンサー企業に対する不買運動を! という意見もありますが、実生活で日本の企業を忌避するのは難しいです。

一昨日だか、ロンブー淳さんが自身が司会を務める新番組について、「フジテレビは韓流だけじゃないところを見せる」と語っていましたが、そういう前向きな取り組みもあるんだな、と思いました。

ふかわさんは今回、高岡さんより紳士的な形で問題提起しました。実名ではなく、あくまで仮定の話しかしていません。

これでテレビから干されるようだと、いよいよこの国の言論統制の根は深いと言わざるを得ません。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »