« 補正予算よりも強力な経済効果? | トップページ | 発覚したチャイナリスク »

2011年7月21日 (木)

菅を守る神風が止んだ

菅の外国人献金問題は、これだけでクビに値する大問題です。いつまで経っても辞めない菅に焦れた大手マスコミが報じ始めたのでしょう。いよいよ菅の終わりが近いのでは、と期待します。

参院予算委員会は21日午前、東日本大震災の追加的な復旧対策を盛り込んだ2011年度第2次補正予算案の総括質疑を、菅直人首相と閣僚が出席して行った。自民党は、首相が在日韓国人からの献金を返却した際の領収書の委員会提出に難色を示したことから、質疑を中断。理事による協議のため、休憩に入った。
 首相が在日韓国人から計104万円の献金を受けていたことは震災当日の3月11日に表面化。首相は同14日に弁護士を通じて返却したと説明していた。 

思い出せば3月11日。自分の過去ログにもありますが、

http://ayoshidamd.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-8446.html

菅は、午前中は在日韓国人からの献金問題で自民党から追及されました。前原に続いて菅も辞任かと思った矢先、その日の午後に大震災が起こり、この献金問題は有耶無耶にされました。

実は、菅の献金問題は104万円などと言うチャチな問題ではないのです。

産経新聞に詳しいですが、

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110721/plc11072103090006-n1.htm

菅の資金管理団体が拉致事件容疑者(被害者やその家族ではありません!)に6000万円以上も献金したというのです。

菅直人が以前から北朝鮮と通じていた明白な証拠です。

菅はそれを認めはしましたが、拉致被害者達への謝罪を拒否しました。

菅は一刻も早く辞任すべきです。

この件がYahoo!ニュースに載ったと言うことは、孫正義も菅の敵に回ったのか!? とも期待したいところです。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 補正予算よりも強力な経済効果? | トップページ | 発覚したチャイナリスク »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

拉致容疑者に献金するメリットが良く分かりませんが、管さんが居なくなった後に誰がこの国を指揮するかが問題ですね。

投稿: ティガ | 2011年7月21日 (木) 19時12分

コメントありがとうございます。

そもそもの出自がそちら系ですので。
選挙運動に協力してくれてありがとう、という意味合いでしょう。

他国の影響を受けない有力政治家など皆無でしょうが、総合点で合格ラインに達する政治家なら良しとしたいです。
民主党には居ないようですが。

投稿: プー | 2011年7月21日 (木) 20時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/40898912

この記事へのトラックバック一覧です: 菅を守る神風が止んだ:

« 補正予算よりも強力な経済効果? | トップページ | 発覚したチャイナリスク »