« タブーに挑戦、嫌いじゃないが | トップページ | ディズニーバブルの崩壊 »

2011年7月30日 (土)

このチキンレースは出来レース

どこの国も債務問題は大きな問題です。日本の国会も空転していますがアメリカも凄いです。でも、いくらなんでも最終的には妥結するはずです。そうでないと世界への影響が大きすぎるので。

【ワシントン時事】米上院は29日夜(日本時間30日午前)、下院で同日可決した政府債務の法定上限を2段階に分けて引き上げる野党共和党提案の法案を審議しないことを賛成多数で決定した。上院民主党はこれに代わり、リード民主党院内総務が策定した独自案の審議入りを目指す。
 上限が引き上げられないと米国がデフォルト(債務不履行)危機に陥る期限8月2日を前に与野党間でぎりぎりの攻防が続く見通しだ。
 リード院内総務の法案は当初、債務上限を一気に引き上げる方法だったが、最終案は共和党に歩み寄り、上限を段階的に引き上げ、最終的に総額2兆4000億ドルの引き上げを認める。また、財政赤字を10年間で2兆2000億ドル削減する。

アメリカの債務問題は、ギリシャのそれよりは全然軽いです。デフォルトと言っても国債が紙くずになるわけでは無く、利払いが多少遅れたり減ったりするくらいです。ただ基軸通貨の信用不安ということで大騒ぎになっています。

一方のギリシャは、国債金利40%などというアリエナイ状況です。どう考えても返せる状況では無いのに他国の追加融資で何とか凌いでおり、いずれ必ず、より大きな紙くずが発生するのは既定路線です。

アメリカは、長期的にはともかくとして、短期的には単に債務上限を引き上げれば解決します。それが政局のせいで上手く纏まらない、というだけの話です。

おそらくは、共和党と民主党の間で既に話は付いていると思います。しかし世界の不安を煽って投機筋を儲けさせようとしているのでしょう。

為替相場のドル円は、この問題のせいで今月は80円を切って大幅に下落、76円台にまで来てしまいました。こうなると震災後の76.25円が意識されます。このちょっと上で反転するか、ストップロスを巻き込んで一旦は74円くらいまで堕ちるかでしょうか。

いずれにしても今回の円高局面はクライマックスに差し掛かっていると言って良い状況と思います。

今くらいのレートでドルを少し買っておけば、きっと利益は出るはずです。

Banner_13よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« タブーに挑戦、嫌いじゃないが | トップページ | ディズニーバブルの崩壊 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/41013359

この記事へのトラックバック一覧です: このチキンレースは出来レース:

« タブーに挑戦、嫌いじゃないが | トップページ | ディズニーバブルの崩壊 »