« 解散・・・望むところだが・・・しかし | トップページ | 宇宙人には理解不能だった »

2011年6月 2日 (木)

本性が透けて見えた不信任案否決

不信任案否決は想定通りでしたが、政界再編の道筋は全く見えないままで終わりました。あと2年は現体制が続くのでしょうか。日本にとっては不幸と言う他ありません。

菅内閣に対する不信任決議案は2日午後、衆院本会議で採決され、賛成152、反対293(投票総数445、過半数223)で否決された。菅直人首相が民主党代議士会で自発的な退陣を表明したことを受けて、小沢一郎元代表が「首相から今までなかった発言を引き出したのだから自主的判断でいい」と支持派議員に不信任案に賛成しないよう呼びかけたため、民主党内からの大量造反はなかった。ただ松木謙公元農水政務官が賛成票を投じ、小沢氏は本会議を欠席した。

時期を明言しない自発的退陣には何の意味もありません。

震災の復興や原発の始末の「一定のめど」など、全く曖昧な表現だからです。

こんな言葉で不信任案賛成を取り下げた鳩山と小沢には、がっかりです。

特に小沢は逃亡し、身代わりに松木謙公を置いていきました。

小沢一郎というのはそういう人間なのです。

ピンチに陥ったら誰かを犠牲にして逃げるのです。

そんな人間には、今後とも権力を与えてはいけません。

Banner_13_2 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 解散・・・望むところだが・・・しかし | トップページ | 宇宙人には理解不能だった »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

全くこの国には、坂本竜馬も新撰組も居ないのでしょうか?

明治維新ならぬ、平成維新を起こす侍が必要ですね。

投稿: インスリン系MR | 2011年6月 2日 (木) 17時25分

コメントありがとうございます。

新撰組も坂本竜馬も短命に終わりました。
誰しも我が身が可愛いものです。
国のために命を捨てることは誰にも強制できないことではあります。

それでも、そういう人がいないと道が開けない閉塞感がありますね。

投稿: プー | 2011年6月 2日 (木) 18時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/40234458

この記事へのトラックバック一覧です: 本性が透けて見えた不信任案否決:

« 解散・・・望むところだが・・・しかし | トップページ | 宇宙人には理解不能だった »