« 首相は誰がやる? | トップページ | 節電と経済と暑さ対策の両立を考える »

2011年6月 8日 (水)

譲歩したつもりかも知れないが全然ダメ

菅直人が、震災復興に真面目に取り組まず、数々のバッシングにもかかわらず居座り続けている理由の一つと思います。こんないい加減な人権侵害救済機関には、断固反対です。

民主党の「人権侵害救済機関検討プロジェクトチーム(PT)」(座長・川端達夫衆院議院運営委員長)は8日、「人権侵害の定義があいまい」であることなどから、表現の自由の侵害につながりかねないとして反対・慎重論が根強い人権救済法案に関する中間とりまとめ案をまとめた。「人権救済機関」を公正取引委員会などと同じく強い権限を持つ3条委員会として設置し、人権委員を日本国籍所有者から任命することを提言している。

 ただ、各都道府県に置かれる人権擁護委員の要件は「地方参政権を有する者」としており、将来的に永住外国人に地方参政権が付与された場合、外国人が任命される可能性もある。

記事全体を読むと、反対意見や慎重論に対してそれなりの配慮が認められる内容ではあります。

それでも絶対ダメと言い切れるのは、

人権擁護委員の要件は「地方参政権を有する者」

だからです。

人権は全国的な話なのに、なぜ「地方参政権を有する」のが要件なのか。

これこそまさに、民主党政権の多くの幹部が希望している外国人参政権とリンクしている問題なのです。

国政の参政権はハードルが高いけど、地方参政権だけは何とか認めさせて「人権」をテコに日本の言論弾圧を強行しようという意図が見えてきます。

人権救済機関、絶対反対です。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 首相は誰がやる? | トップページ | 節電と経済と暑さ対策の両立を考える »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

大半の人は国籍が取れないのではなく「取らない」のですからね。
二重に参政権を与えるのはそれこそ世界の常識的に見て不公平です。

外国人が示した善悪基準が、日本国の基準になるという法律です。
絶対に反対しなければならない。

投稿: なが | 2011年6月 8日 (水) 22時17分

コメントありがとうございます。

まさに本質を突いたご意見、心強いです。

投稿: プー | 2011年6月 8日 (水) 23時01分

メディアで全然話題になりませんね。この法案。それだけ、水面下で物事を運ぶのが上手いという事でしょうか?

AKBの総選挙の方が本物の選挙より、注目度高そうです。

それくらい政治家に諦めを感じてるのでしょうか。

投稿: ティガ | 2011年6月10日 (金) 10時40分

コメントありがとうございます。

気持ちは分かりますが、政治を諦めてしまったらそれに見合った政治になってしまいます。

このような動きに反対を表明することで、政治も少しずつは良くなるのではないかと思います。

投稿: プー | 2011年6月10日 (金) 10時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/40313808

この記事へのトラックバック一覧です: 譲歩したつもりかも知れないが全然ダメ:

« 首相は誰がやる? | トップページ | 節電と経済と暑さ対策の両立を考える »