« 超越者が日本を導く | トップページ | 正確な情報提供のために・・・政権交代を! »

2011年5月26日 (木)

チェルノブイリより悪いと言われそう

毎度おそろしい程の無責任内閣です。首相が直々に海水注入中止指示を出したはずでしたが、それに批判が集中したら今度は現場が指示を無視したと責任を丸投げです。民主党と関わったら不幸になる、典型的な例です。

東京電力の武藤栄副社長は26日、福島第一原子力発電所1号機で東日本大震災の発生翌日に、同社が冷却用の海水注入を中断していたとされる問題で「注入中断はなく、継続していた」と発表し、21日に政府・東電統合対策室が公表した調査結果を訂正した。

 同原発の吉田昌郎所長が、事態の悪化を阻止するためには注水継続が必要と判断し、中断を見送っていたという。

 統合対策室はこれまで、東電が3月12日午後7時4分に海水の試験注入を始めた後、原子炉の「再臨界」の可能性を懸念した官邸の意向に配慮し、同25分に独断で注入を中断したとの調査結果を公表。

 しかし、公表翌日の22日には、班目春樹・内閣府原子力安全委員長が、再臨界に関する自分の発言内容が異なると抗議し、調査内容を訂正していた。

 1号機では震災後、炉心溶融(メルトダウン)と水素爆発が相次いで発生。海水注入の中断によって、圧力容器の損傷が悪化した可能性が指摘されていた。

この話で東電が情けないのは、

官邸の意向に配慮し、

注入中断を指示し、吉田所長が従わなかったのを処分しよう(別の記事ですが)ということです。

きっと官邸に弱みを握られているのでしょう。

そして、こんなことでは世界の笑いものです。

未曾有の大事故が起きて、後から検証して、海水の注入を中断したのかしなかったのかも分からないようでは、

後世に教訓を残せない

のです。

被災者や現場で命がけで戦っている人達は何だったのか。

えらいタイミングで最低の内閣を戴いてしまったものです。

Banner_13_2 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 超越者が日本を導く | トップページ | 正確な情報提供のために・・・政権交代を! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

本当に、偉い人たちは責任を取る事を嫌う人たちが多いですね。


権限と責任は同じだけあるから、責任を取りたくないから、行使する権限も最小限になる。


そんなサイクルにならなければ良いのですが。

投稿: インスリン系MR | 2011年5月27日 (金) 19時23分

コメントありがとうございます。

政治家は国民の権限と責任です。
国民と政治家のレベルはどうしても似通ってくるようです。

少しずつでもレベルアップしていきたいです。

投稿: プー | 2011年5月27日 (金) 20時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/40142669

この記事へのトラックバック一覧です: チェルノブイリより悪いと言われそう:

« 超越者が日本を導く | トップページ | 正確な情報提供のために・・・政権交代を! »