« この結果を踏まえて改めて大連立を | トップページ | まずは原発を守って »

2011年4月12日 (火)

繰り返すが、チェルノブイリ並でも慌てないで

チェルノブイリ並と言われても、今更驚きません。過ぎたことには冷静に対処しましょう。もちろん、後で関係者にはきっちり落とし前を着けてもらわなくてはなりませんが。

福島第一原子力発電所の事故の国による評価は、事故発生直後の「4」が3月18日に「5」に、そして20日以上たった4月12日になって最悪の「7」に変わった。専門家からは「国は事故を過小評価しようとしてきたのではないか」との批判の声も上がっている。

3月16日のエントリー、http://ayoshidamd.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-4f38.html にも書きましたが、チェルノブイリ原発事故の記事です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%96%E3%82%A4%E3%83%AA%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E7%99%BA%E9%9B%BB%E6%89%80%E4%BA%8B%E6%95%85#.E5.81.A5.E5.BA.B7.E8.A2.AB.E5.AE.B3

チェルノブイリですら、実際の所、大きな健康被害は出ていません。小児の甲状腺癌も、放射性ヨウ素を含む牛乳を飲んだからで、今の日本ならほぼ完全にシャットアウトできます。

後付けで申し訳ないですが、レベル「5」と発表されたときにも、今回の件とチェルノブイリの違いは、死者数だけだな、と思ったものです。

その時点での放射能漏れの量の違いは1桁ありましたが、その時点で発表されていたレベルでの話です。破損した原子炉もあっちは1基、こっちは4基。最終的にはチェルノブイリを超えたとしても不思議ではありません。

一方で死者数は、チェルノブイリでは短期的に数十人、15年のうちに数万人です。事故処理に当たった人達が放射線防護を出来ていなかったからです。

今回は、一部を除いて放射線防護が出来ています。死者は数人はいるかもしれませんが、数十年後に数万人に上るとは思えません。

色々問題のある日本の原発行政ですが、それでも、

ソ連よりはだいぶマシです。

情報が全部開示されてみんなハッピー、なんてあり得ません。

色々落ち着いたところで内閣と東電幹部には責任を取って貰いましょう。

ですが、あくまで理性的に。

それこそが日本人の美徳なのですから。

Banner_13_2 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« この結果を踏まえて改めて大連立を | トップページ | まずは原発を守って »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
多くの悲観的なコメントの中、前向きな内容が元気にさせてくれました
周りは政府の非難ばかりだけど、起きたことを責めてもどうにもならない
もちろん責任はしっかりとって欲しいけど今はみんな一丸となってやるしかないんだから
あなたのような考えの人がいると私も嬉しい

投稿: しろぴょん | 2011年4月13日 (水) 06時45分

コメントありがとうございます。

大災害の後で大変ですが、
最も悪いのはパニック、次に悪いのは悲観論に染まりすぎてしまうことだと思っています。

一日本国民として、震災の復興のために何をするのが正しいのか、今後も考え、実行、発信していきたいと思います。

投稿: プー | 2011年4月13日 (水) 08時00分

余震も続いてますから、余計不安やパニックになるのかもしれませんね。

地震速報も大切ですが、希望を持てる情報をもっとメディアから発信していただきたいです。

投稿: インスリン系MR | 2011年4月13日 (水) 11時56分

コメントありがとうございます。

みんなで日本を明るくする努力をしていきましょう。

マスコミの言うことには色々な思惑・制約がありますから・・・

投稿: プー | 2011年4月13日 (水) 12時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/39588217

この記事へのトラックバック一覧です: 繰り返すが、チェルノブイリ並でも慌てないで:

» 被ばくを最小限に抑えるための知識 [被ばくを最小限に抑えるための知識]
このたびの東日本大震災で被災された方々、そのご家族、ご関係者のみなさまへ心よりお見舞い申し上げます。 震災後、福島第1原発の放射能漏れ事故の影響で消費者が水道水を敬遠し、ペットボトルなどのミネラルウォーターなどの飲料水を買いだめする傾向がみられています。 安全な暮らしに役立つ生活術などをまとめてみました。... [続きを読む]

受信: 2011年4月15日 (金) 16時31分

« この結果を踏まえて改めて大連立を | トップページ | まずは原発を守って »