« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月30日 (土)

大七の箕輪門は美味い

震災後の景気回復には、足りないもの以外を買ってお金を回すのが一番ですが、被災地の商品を特に応援するのは自然な気持ちで正しいと思います。みんなでこの国を盛り上げましょう。

福島県産の日本酒の人気が急回復している。福島第1原発事故による風評被害や物流中断の影響で、3月は売り上げが落ち込んだが、4月になって首都圏を中心に全国から注文が増加した。「福島の酒を飲んで応援したい」という顧客が多いためで、各酒造会社は「4月の売上げは昨年を上回る勢い」と話している。

大七酒造の看板商品といえば箕輪門です。

https://secure.daishichi.com/shop/detail.cfm?itm_id=1&c=1

まろやかな味わいで料理にも良く合います。

精米歩合は50%ですが、独自の超扁平精米技術により、体感的には精米歩合40%に相当する味になっていると思います。

通常は精米すると米粒が丸くなるのですが、この技術では扁平に精米され、雑味成分を効率良く取り除くことが出来るのです。

お値段は少し高いですが、何かの集まりに披露するのには最適のお酒と思います。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月28日 (木)

再開したディズニーシーに期待

本日ディズニーシー再開。節電に気を使いながらの営業ですが、家族で入園する人が多ければ、それほど問題にならないはずです。

東日本大震災の影響で3月12日より運営を見合わせていた東京ディズニーシー(TDS)はきょう28日午前9時、47日ぶりに営業を再開した。開園し園内に足を踏み入れた来場者たちはブラスバンドの演奏に耳を傾け、出迎えた人気キャラクターたちに駆け寄り、写真を撮ったり抱き合ったりして再開を喜んだ。再開と同時に新キャラクターグリーディング施設「ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル」、新ナイトアトラクション「ファンタズミック!」もスタートする。

2chの現地報告を見ると、上記の「ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル」は1時間程度並ぶ一方で、既存のアトラクションは殆ど待たずに楽しめたそうです。

さて連休はどうなるか。

自粛ムードの続く中、混雑は例年の半分程度かな、と予想し、インパしてみます。

個人的には、「テーブル・イズ・ウェイティング」再演を楽しみにしています。

Rimg0015

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月27日 (水)

法廷での証言は極めて重い

陸山会事件で裏金1億円の法廷証言は重いです。こんな証言をした前社長の命が心配ですが、逆に言えば、力のある何者かが前社長の背中を押したと考えなくてはなりません。

小沢一郎・民主党元代表の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡り、政治資金規正法違反(虚偽記載)に問われた元秘書の衆院議員、石川知裕被告(37)と元公設第1秘書、大久保隆規被告(49)らの公判が27日、東京地裁(登石郁朗裁判長)であった。中堅ゼネコン「水谷建設」の川村尚前社長(53)が「大久保元秘書から現金1億円を要求され従った。工事を受注でき、元秘書のご協力のたまものと思う」と述べ、小沢事務所に裏金を提供したと証言した。

この件は一見震災とは無関係な事案に見えますが、菅おろしに勢いづく小沢一派を牽制するために菅仙谷が仕掛けたものでしょう。

不信任案を出してみろ、小沢は逮捕だぞ。

そういう駆け引きだと思います。

小沢の力は、不信任までは利用したかったのですが、この件に関しては菅仙谷が一枚上手でした。

これでは無能政権が延命してしまいますが、今のところ良い方法が浮かびません。

この国が混迷を脱する道はあるのでしょうか。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月25日 (月)

メッキが剥がれた減税日本

もう、スローガンばかりの選挙には飽きた、というところでしょうか。でももう一つ、今回の選挙で勝った橋下維新の会との違いは、小沢一郎に近いか遠いか、という点も見逃せません。

有権者の政党不信や地方議会批判の受け皿として党勢を広げてきた首長政党の勢いに陰りが出てきた。河村たかし名古屋市長の率いる「減税日本」は、24日に投開票された衆院愛知6区補選で公認候補が落選。東日本大震災の復興ムードの中で減税政策に支持が集まらず、統一地方選では公認候補を立てた静岡、平塚(神奈川)、田原(愛知)の3市長選で全敗した。

2009年の総選挙では、民主党のマニフェスト詐欺に多くの国民が騙されました。少し前の愛知の選挙でも「減税」を掲げる河村一派が勝ちましたが、今回は負けてしまいました。

日本国民は、

言っていることよりも出来るかどうか

が大事だと気付いたのでしょう。

空手形は、もうたくさんです。

また、

首長政党の躍進の背景には、民主、自民など既成政党に対する有権者の不満があった。だが、河村市長が国政志向を強めて既成政党への接近を図るのに対し、橋下知事は既成政党と距離を置く構えを崩さず、路線の違いが表面化。減税日本幹部は「橋下知事は河村市長に距離を置き始めている」と漏らしており、両党の今後の連携の行方にも不透明感が増している。

なんて書いてありますが、

名古屋市長選直後に河村が小沢と会った

のが致命傷だったのだと思います。

ああ、こいつも民主党だった。

って。

さて、統一地方選の結果が出ました。予想通りの民主党敗北でした。

これをきっかけにどんな政局が訪れるか。

「期待」などと呑気に構えてもいられない状況です。

一日も早い救国体制の構築を望みます。

不信任→解散がベストなのですがね・・・

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月23日 (土)

足りないのは金ではなくガソリン

今度ばかりは菅が正しいです。小沢一派は再びガソリン値下げ隊で政局を混乱させようというのでしょうか。目的のために手段を選ばない小沢一郎と仲間達に強い怒りを覚えます。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110423-00000205-yom-pol

ガソリン価格が高騰した場合の減税措置(トリガー条項)の一時凍結を盛り込んだ税制関連法案が22日、全会一致で衆院を通過した。

 ただ、民主党の小沢一郎元代表に近い議員が採決前に本会議場を退席するなど党の方針に反旗を翻す場面もあった。「菅降ろし」を狙う議員の行動は先鋭化しつつあり、執行部とのミゾは深まる一方だ。

自分の先日のエントリーと重なりますが、

http://ayoshidamd.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-57b9.html

菅側の

ガソリン消費を抑えることで被災地へのガソリン供給を確保することや、復興財源を捻出する目的がある

と、小沢側の

凍結は(被災者に)大きな負担増を強いる。

では、菅の側に理があるように思います。

足りないものが値上がりするのは当然

だからです。

ガソリンの消費を抑えることは今後の節電のためにも必要なことです。

逆に、お金だったら山ほどあるのです。

義援金が。

これを使って被災地限定でガソリン値下げ、というなら少しは気の利いた政策と言えるのではないでしょうか。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月22日 (金)

ミラコスタ営業再開も混乱は当分続く

今日からディズニーホテルの予約受け付け開始です。

しかし当然ながら電話は混雑して繋がらない状態です。

自分はオンライン予約で連休中の予約を1泊だけ取ることが出来ました。

現時点でも、部屋を選ばなければ宿泊の予約は出来そうです。

そのように、少しずつ平常状態に戻りつつあるTDRですが、ディズニーホテルは大変でしょう。

特にミラコスタで、「泊まれない空き室」が多数出現すると予想します。

今回の震災で、多くの人達が亡くなったり、避難生活を送ることになりました。

彼等が宿泊予約していた場合、取り消しは不可能です。運営側が連絡を取ることも出来ないでしょう。

だからといって予約を抹消してしまうと、避難したけどTDRには行くつもりだ、という人達が泊まれなくなります。

また、この混乱期においては、予約の取り消しの際にキャンセル料は取れないでしょう。

すると、震災のせいで行かないことになったけれど「うっかりキャンセルし忘れた」人も多く出現するのではないかと危惧します。

こうなると、空いているのに泊まれない部屋が多発しそうです。

そんなわけで、ミラコスタの収支は運営再開しても当分は悪い状況が続くでしょう。

個人的には応援したいと思っています。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月20日 (水)

たぶん、再開は近い

TDRに関し、最近は報道が先走る傾向が強いです。ランド再開日でもそうでしたが、今回は夜間営業に関するガセネタです。しかしながら、オリエンタルランド社のHPを見ると、準備は進んでいるのだな、という印象も受けます。

15日に営業を再開した東京ディズニーランド(TDL)が23日にも夜間営業を再開することが19日、分かった。これまでは午後6時までの営業だったが、午後10時までの営業に戻す。これに伴い、人気のエレクトリカルパレードも復活する。

自分の予想では、23日にディズニーシーが再開、だったのですが、どうも遅れそうです。

オリエンタルランド社は、上記の報道に対して早速否定の声明を出しました。

http://www.olc.co.jp/wpmu/wp-content/blogs.dir/2/files/2011/04/20110419_02.pdf

マスコミに主導権は渡さねえ! と自己主張しているのか、マスコミを観測気球に使っているのか、ちょっと測りかねますが・・・

一方で、

http://www.olc.co.jp/wpmu/wp-content/blogs.dir/2/files/2011/04/20110419_03.pdf

舞台裏を含めた節電状況を紹介し、

エレクトリカルパレードやファンタズミック!の電源は夜間の電力供給を圧迫しないんだよ!

と力説しています。

少なくとも準備は出来ているようです。

ということで、

ゴールデンウィークも近いし、そろそろ夜間営業もTDSも再開するのではないかと思います。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月18日 (月)

そういえばガソリン値下げ隊なんてあった

思い出せばリーマンショック前、原油先物が150ドルに迫るほど高騰し、当時の政局も相俟って「ガソリン値下げ隊」なるものが結成されて話題になったものです。自分としては当時も今も、値下げなんてナンセンスと思っています。

政府は18日、ガソリン価格の高騰が一定期間続いた場合にガソリン税の上乗せ課税を一時的に引き下げるトリガー制度を、東日本大震災の被災地が復興するまで凍結することを決めた。制度が発動されれば少なくとも約4500億円の税収減になるため、制度を凍結して震災復興の財源確保を優先させることにした。19日に閣議決定し、関連法案を通常国会に提出する。

 野田佳彦財務相、玄葉光一郎国家戦略担当相、与謝野馨経済財政担当相が、18日午前開いた政府税制調査会の幹部会で制度の凍結を決めた。会談後、玄葉氏は記者団に「(制度が発動されれば)減収に加え、(ガソリン価格が大きく変動することで)東北のガソリン需給が混乱する恐れもある」と説明した。

正直、何で値上げしないの? と思っていました。

震災後のガソリン渋滞を見て。

需要が供給を上回れば値段が上がるのは当たり前です。

上がらないから不要不急の給油が増えるのです。

まあ、売っている側の立場も分かるのですがね。

便乗値上げした店からはもう買わない、と言われるのは嫌です。

「便乗値上げしなかった店に感謝」みたいな投書が新聞に出ていました。

店と客の信頼関係が震災の後も続くと信じて疑わない、良くも悪くもこの国の国民性なのでしょう。

ですが、あの時には値上げすべきだったと思います。

ガソリン渋滞を解消するために。

渋滞そのものがガソリンを無駄にする行為なのだから。

将来の顧客心理に配慮するなら、

今は料金倍だけど、その分は後でタダにするからね。

って言えなかったのかなと思います。

さて、ガソリンは今後も値上がりを続けるのでしょうか。

自分はそうは思いません。

上がる上がると言われた頃がピークなものです。

今の原油高の流れは投機筋が煽っているものです。

高値掴みした投機筋は、押しつけ先を見つけます。

ちょっと下がれば押し目買いに動く一般投資家が格好のターゲットです。

逆に押しつけ先がいなくなれば暴落します。

リーマンショック前の原油高騰は、投機筋が最終的には日本政府に押しつけようとしたものと思っています。

日本がそれを蹴った、言い換えればガソリン値下げが発動されなかったことで原油バブルが崩壊したのではないか、と考えます。

もっとも、リーマンショックのような経済ショックが起これば投機の対象だったものは全て暴落するものですが、最後のババを日本が引かされなくて良かったね、とは言えるでしょう。

それにしても民主党のマニフェスト、無茶と言われても引っ込めなかったものが、震災のおかげで実に自然な形で反故にされています。

この震災が民主党政権にとっての神風であってはならないと思います。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年4月16日 (土)

TDL、アトラクション狙いなら今が狙い目

昨日、部分的ながら再開した東京ディズニーランド。いくつかの休止はあるものの、アトラクションの待ち時間は15分以下が大部分でした。いつも乗り物の待ち時間に苦しんでいた人達には大きなチャンスと思います。

東日本大震災以降営業を休止していた千葉県浦安市の東京ディズニーランド(TDL)が15日、営業を再開し、約1万7000人が来場した。液状化現象で大きな被害を受けた同市にあって、敷地内の液状化は駐車場のみだったが、運営再開には約1カ月を要し、開園28周年記念日の再開にこぎ着けた。TDLを運営するオリエンタルランドの加賀見俊夫会長は、デイリースポーツの取材に「今後は全く新しい方向に挑戦しなければいけない」と、「災害に強いTDL」構想を語った。

「災害に強い」ことについては、3月11日の大地震の時に既に証明されていました。

電車が止まって帰れないゲストの野宿に食糧や毛布などを提供して無事に一夜を越すことが出来ました。

今後は電力供給に関しても強くなって貰えると良いです。

さて、一方のディズニーシーは何時再オープンになるのか、というのも気になります。

ランドの再開は開園日でした。

新たな出発を、という意味を込めてのことと思います。

それではシーでは?? となります。

シーのグランドオープンは9月4日。まさかそこまで引っ張るとは思えない、と信じたいですが、電力消費を考えると可能性ゼロとも言えないかもです。

でも、現実的には、4月23日ではないか、と思っています。

この日は、開園10周年イベントの始まる日です。

「新たな出発」に適した日だと思います。

ともあれ、TDRには、この国を盛り上げるために頑張って欲しいし、こちらも応援したいです。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月14日 (木)

まずは原発を守って

2日続いた大きな余震ですが、実は後に起こる大地震の前触れかも、と思わせる記事です。とにかく原発の電源喪失対策だけはしっかりやって欲しいところです。

東日本大震災の震源域の東側で、マグニチュード(M)8級の巨大地震が発生する可能性が高いとして、複数の研究機関が分析を進めている。

 日本海溝の東側で海のプレート(岩板)が引っ張られる力が強くなっているためで、早ければ1か月以内に津波を伴う地震が再来する危険がある。

3月11日の大地震は、海溝型地震と言い、太平洋プレートが日本側に進むにつれて生じるひずみを修正する動きに伴って起きたものです。

その部位ではひずみは修正されるけれども、そのひずみを周辺に押しつける形になります。

そのひずみの修正の動きが余震である、と自分は理解しています。

今までの余震は3月11日のものより西側、時には陸地(?)で起こったものばかりですが、大地震のひずみは東側にも当然あるはずです。

それを修正する動きが近いうちにあるだろう、という警告だと思います。

それは、広い意味では余震であり、3月11日の規模よりは小さいはずですが、震災で傷んだ建物あるいは人間心理には危険と思われます。

特に原発です。3月11日の津波以後に傷みまくった福島第一原発が、再び来る津波に耐えられるのか。

津波の瞬間はともかく、津波が引いたらすぐに電源を再開できる手立てを準備して欲しいです。

我々は将来地震を克服できるのか。

全くの素人考えですが、1000年に一度M9の地震が起きるようなプレートのズレが必然的に生じるならば、毎年1回、M7クラスの地震を計画的に誘発すれば今回のような大地震が起こらなくて済むのでは、と思います。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月12日 (火)

繰り返すが、チェルノブイリ並でも慌てないで

チェルノブイリ並と言われても、今更驚きません。過ぎたことには冷静に対処しましょう。もちろん、後で関係者にはきっちり落とし前を着けてもらわなくてはなりませんが。

福島第一原子力発電所の事故の国による評価は、事故発生直後の「4」が3月18日に「5」に、そして20日以上たった4月12日になって最悪の「7」に変わった。専門家からは「国は事故を過小評価しようとしてきたのではないか」との批判の声も上がっている。

3月16日のエントリー、http://ayoshidamd.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-4f38.html にも書きましたが、チェルノブイリ原発事故の記事です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%96%E3%82%A4%E3%83%AA%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E7%99%BA%E9%9B%BB%E6%89%80%E4%BA%8B%E6%95%85#.E5.81.A5.E5.BA.B7.E8.A2.AB.E5.AE.B3

チェルノブイリですら、実際の所、大きな健康被害は出ていません。小児の甲状腺癌も、放射性ヨウ素を含む牛乳を飲んだからで、今の日本ならほぼ完全にシャットアウトできます。

後付けで申し訳ないですが、レベル「5」と発表されたときにも、今回の件とチェルノブイリの違いは、死者数だけだな、と思ったものです。

その時点での放射能漏れの量の違いは1桁ありましたが、その時点で発表されていたレベルでの話です。破損した原子炉もあっちは1基、こっちは4基。最終的にはチェルノブイリを超えたとしても不思議ではありません。

一方で死者数は、チェルノブイリでは短期的に数十人、15年のうちに数万人です。事故処理に当たった人達が放射線防護を出来ていなかったからです。

今回は、一部を除いて放射線防護が出来ています。死者は数人はいるかもしれませんが、数十年後に数万人に上るとは思えません。

色々問題のある日本の原発行政ですが、それでも、

ソ連よりはだいぶマシです。

情報が全部開示されてみんなハッピー、なんてあり得ません。

色々落ち着いたところで内閣と東電幹部には責任を取って貰いましょう。

ですが、あくまで理性的に。

それこそが日本人の美徳なのですから。

Banner_13_2 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2011年4月11日 (月)

この結果を踏まえて改めて大連立を

統一地方選は予想通り民主党の敗北に終わりました。マスコミは震災後の自粛ムードでアピールできなかったと言っていますが、本当の理由はもうみんな分かっていると思います。

10日の統一地方選前半戦で、民主党は自民党との対決型選挙となった知事選などで相次いで敗北、菅政権にとっては手痛い打撃となった。民主党幹部は「厳しい結果だ」と深刻に受け止めている。東日本大震災や福島第1原発事故の対応が長期化する中、直ちに菅直人首相の進退に発展する可能性は低いが、民主党の小沢一郎元代表に近い議員からは、首相や岡田克也幹事長の責任を問う声も出ている。

もうみんな分かっていると思いますが、政権交代により、

民主党には政権担当能力がない

ということが明らかになりました。

震災への対応は、村山政権も酷いと言われましたが、今回はそれ以上と言えます。

いつまでも民主党に任せていては、この国は震災から復興できません。

さて、自民党としては、この勝利を手土産に、大連立に関しては

自分を高く売ることが出来るようになりました。

以前は、震災担当相「だけ」なので菅から打診を受けて拒否しましたが、今回はの地方選の結果を踏まえれば、防衛相、経産相といった震災・原発関連の重要閣僚を貰えるのではないでしょうか。

そうすれば、多少は震災復興の道が開けてくるでしょう。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年4月 8日 (金)

そろそろディズニーランド再開を

先日は、計画停電終了宣言を、と書きましたが、どうやらそれらしい動きになってきたようです。電力が安定したからには、経済活動をしっかり回さなくてはなりません。レジャー部門において、TDR再開は不可欠の事項です。

東京電力は8日、地域や時間帯を決めて電力供給を止める「計画停電」を、当面は6月3日まで原則、実施しないと発表した。定期検査で停止中の火力発電所が相次ぎ稼働して供給力が増しているほか、平年より気温が高めに推移し、暖房需要が減ることから、供給に不安がないと判断した。

TDR再開のために超えなくてはならないハードルとして、

1 電力消費が大きいため、計画停電中は国民の理解が得られない。

2 浦安市は液状化現象により上下水道が復旧していない。

3 外国人ダンサーが帰国してしまい満足なショー・パレードが組めない。

があるでしょう。

今回は1に関する話題です。

これからしばらくは電力需要が低いので大丈夫だと思います。心配なら、当面は平日は夕方までと営業時間を限れば良いでしょう。

問題は夏場ですが、アトラクションをいくつか止めて水掛けイベント(クールサービスのような)をランド・シー共にパークワイドで行えば、結構節電になると思っています。

TDRに限らず、

大勢で暑さを我慢する前提のイベントが節電です。

甲子園を含む野球のデーゲーム、野外コンサート、こういう時こそやるべきです。

2の問題は、4月中旬には復旧出来る見込みのようです。

3は、仄聞するにイベントの練習がパーク内で行われているとのこと。外人抜きでのショー・パレードの準備でしょう。日本人の王子様・お姫様のショーが観られるかもしれません。

そんなわけで、我々は「攻めの節電」でこの難局を乗り切りたいです。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月 6日 (水)

停電やるやる詐欺もここまで続くと殺人的

震災後の自粛ムードも、近所のレストランを見る限り一段落と思えます。しかし、レジャー産業の大黒柱がこれでは、震災の復興どころか二次災害として日本沈没すらあるかもしれません。

東日本大震災の影響で休園中の東京ディズニーリゾート(TDR、千葉県浦安市)の再開が、5月以降にずれ込む公算が大きくなった。東京電力の計画停電が4月末まで続く見通しのためだ。

 運営会社のオリエンタルランド幹部は「電力供給が不安定になる。計画停電がいったん終わるまで再開は難しい」としている。

最近は少し暖かくなって、計画停電が「行われない」日が続くようになりました。おそらく、夏のクーラー需要が出てくるまでの間は大丈夫でしょう。

と思ったら、こんな記事。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110406-00000018-maip-bus_all

経済産業省と東京電力は6日、地域ごとに順番に電力供給を停止する計画停電の実施を原則4月で打ち切る方針を固めた。計画停電の実施を見送っている3月29日以降、ピーク時の最大需要は供給能力を318万~585万キロワット下回って余裕があり、今後も電力のかかる暖房需要は増えないとみられるため。

しかし、「計画停電」は終わってはいません。

終わっていない限りみんな準備しないといけないのです。

また、何よりも心配なのが、TDRと取引している多くの中小企業です。TDR(オリエンタルランド社;OLC)のような巨大企業はともかく、

2ヶ月も無収入で潰れない会社がどれだけあるんだ。

東電と政府は、「計画停電」終了を決断すべきです。

TDRの場合、外国人ダンサーが帰国してショーが開催できない、という問題もあるようですが。

Banner_13_2 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月 4日 (月)

義援金を送っている場合ではないレベルの遅さ

義援金のタイムラグについては拙ブログで指摘していましたが、何と1年以上も遅れるとは。これでは義援金を送れば送るほど日本経済「の息の根」を止めることになります。もはや、手近で使う、これしかありません。

「義援金は各自治体の被災者数や被害状況をきちんと調査して分配されるため、最終的に被災者の手元に届くまでに時間がかかります。阪神・淡路大震災の際にも、分配までに数か月かかってしまいました」(市民福祉団体全国協議会専務理事・田中尚輝氏)。今回の震災では、被災人数が多いため、調査に手間取り、被災者の手元に義援金が届くまで1年以上かかる可能性も考えられる。

というわけで、軽井沢に行ってきました。

Rimg0100

「旧軽井沢ホテル」。

結婚式にも使われる素敵なホテル。

Rimg0136

料理はとても美味しかったです。

しかし、

夕食にいたのは我が家1組だけです。

被災地でもないのにみんな潰れそうです!

この状況は非常に危機的です。

被災者に届くのに1年かかる義援金はさておいて、身近なところでお金を使ってください。

お願いします。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011年4月 2日 (土)

権限なくして責任なし

「大連立」といっても、具体的な中身は未知数です。保身にだけは知恵の回る菅直人を排除できれば良いけど実際には不可能でしょう。このままでは一歩も進めません。ではどうするのが現実的な方策なのか、考えてみます。

自民党内では、震災の復興局面には「大連立」による政治の安定が必要との意見が強まっている。ただ、谷垣総裁ら執行部は、震災対応で見せた菅首相の指導力を強く疑問視し、大連立に応じるには「菅首相退陣」を条件にする構えだ。

自民党として恐れているのは、原発に対する権限を貰えずに責任だけ被せられることです。

先日の、「谷垣原発担当相」を蹴ったのはそのためでしょう。

原発対策や震災復興をしっかり行うには、そのノウハウを持つ自民党に禅譲するのが最良ですが、不幸なことに菅直人に人事権があります。「首相退陣」には応じないでしょう。

それでも自民党が「首相退陣」を条件に出すのは、それを引っ込める代わりに譲歩を引き出す、落としどころとしては震災・原発関連で重要な閣僚ポストをいくつか貰う、そのために一旦は大きく出てみる、という交渉術だと思います。

具体的には、谷垣副首相・原発担当、石破防衛相、麻生経産相、安倍官房副長官を入閣、でどうでしょう? それなりに復興の道筋が立つのではないでしょうか。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »