« 「今」義援金に待った | トップページ | 土日は夜までやって欲しいな »

2011年3月27日 (日)

これが義援金のデメリット

義援金は素晴らしいですが、しかし被災者に確実に届くのか? という疑問があります。届かずに溜まっているだけでは役に立ちません。しつこいですが、「今」義援金なのかを考えてみると良いと思います。

一方、東日本大震災で、配分委員会を立ち上げた自治体はまだない。被災の全容が分からず、配分を決められないためだ。宮城県社会福祉課は「なるべく早く被災者の元に届けたいが、公平に渡すことも重要。把握できない被害もあり、今分かっている方々だけに渡すのは難しいことも理解してほしい」という。

(一部抜粋)

まさに自分の昨日のエントリーに重なることですが、

義援金は使われなければタンス預金と同じ。

使われなければ止まったお金。

日本経済はかえって停滞します。

やはり、義援金を出すのは、混乱が落ち着いてからでしょう。

それまでは、身近なことに使うべきです。

それは例えば外食。

非被災地の経済を崩壊させないために必要なことと思います。

Banner_13_2 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 「今」義援金に待った | トップページ | 土日は夜までやって欲しいな »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

公平に分配させるためには、被害状況を把握しなければいけない。


なるほどですね。

久しぶりに電車に乗って神奈川にある実家に帰ったのですが、

電車内の電気は暗く、渋谷、新宿も人は多かったのですが、

8時には暗くなり、

被災の影響を感じました。

節電は大切ですが、暗い東京はまるで、風邪を引いて体調が悪くなっているみたいでした。


ただ都内のガソリンスタンドは既にガソリンがあるようで、料金も140円代前半と群馬より10円以上安かったです。


ちなみに、夜は、焼き肉に家族を連れて行き、両親の誕生日プレゼントや自分の服とスーツを買い僅かながら経済に参加して来ました。

投稿: インスリン系MR | 2011年3月27日 (日) 22時56分

コメントありがとうございます。

節電と経済を両立させるのは難しいですが、
インスリン系MRさんの行為は良いことと思います。

投稿: プー | 2011年3月28日 (月) 07時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/39389521

この記事へのトラックバック一覧です: これが義援金のデメリット:

« 「今」義援金に待った | トップページ | 土日は夜までやって欲しいな »