« 裏金が増えるだけ | トップページ | 何とか乗り切りましょう。 »

2011年3月11日 (金)

ちょっと狡い奴はこうやって逃げる

菅直人が「知らなかった」はずはない、と思いますが、そう言ってしまえばそれ以上追及は不可能です。この点が辞任した前原との格の違いなのでしょう。もちろん、悪い意味でも「格」ですが。

菅直人首相は11日午前の参院決算委員会で、在日韓国人から政治献金を受領したとの朝日新聞報道について、「日本名、日本国籍と思って外国籍とは承知していなかった。献金は事務所に確認したところ頂いている。確認したら全額を返金したい」と述べ、献金受領を認めた。民主党の藤谷光信氏への答弁。
 首相はこれに先立つ閣僚懇談会でも「外国人とは本当に知らなかったので、これからも精いっぱい頑張っていきたい」と述べ、首相を続投する考えを示した。玄葉光一郎国家戦略担当相が閣議後の記者会見で明らかにした。 

事実と異なっていようとも、「知らなかった」と言えば政治家は罰せられない、というのは政治資金規正法の限界です。

逆に、「知らなかった」のに罰せられてしまうと、日本人を装った外国人の悪意によって政治家が失脚という事態に陥るので、そうするわけにはいかないのです。

政治資金絡みの問題はここまででしょう。

それよりも、今回登場した聞き慣れない言葉、「通名」というものについて考えてみるのも良いかも知れません。

在外外国人が本名を変えることなく、日本人風の姓名を名乗ることが出来る。

複雑な話で歴史的背景も含まれることですが、みんなで考えて議論すべき時になってきていると思います。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 裏金が増えるだけ | トップページ | 何とか乗り切りましょう。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/39187441

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと狡い奴はこうやって逃げる:

« 裏金が増えるだけ | トップページ | 何とか乗り切りましょう。 »