« 2011年8月東京ディズニーランドの混雑予想 | トップページ | 無責任政治に対する地方の反乱だ »

2011年2月 5日 (土)

東国原氏を応援したい

東国原氏が都知事選立候補。色々思うところはありますが、地方政治に限界を感じた、というところなのでしょうか。個人的には口蹄疫での頑張りは賞賛しているので、国政に打って出て欲しいと期待していました。

宮崎県前知事の東国原英夫氏(53)が、25日に東京都内のホテルで会合を開き、東京都知事選への立候補を表明することが後援会関係者らの話でわかった。

 複数の関係者によると、東国原氏は1月20日に1期限りで宮崎県知事を退任した後、「都知事選に出る気持ちは固まった」と周囲に決意を伝えた。都知事選と併せて次期衆院選出馬も検討したが、解散時期の見通しがたたないこともあり、都知事選への出馬を最終的に決断したという。

口蹄疫の時は政府民主党の対応が最悪でした。そして宮崎県の窮状を訴えようにもマスコミはスルーでした。

当時幹事長の小沢一郎が宮崎入りした時にも知事は援助を強く要請していましたが、その小沢は記者会見で開口一番、「宮崎で勝つことが大事」。選挙男の面目躍如です。

宮崎ではトップニュースでも、所詮そのレベル止まりで、我々のテレビでは伝えられませんでした。

やはり中央で政治を行わないとダメなんだ、という思いを強くしたに違いありません。

あとは、国政選挙か東京都知事選か、の選択ですが、やはり現政権は解散しない、と読んだのでしょう。そうなると国政選挙は2013年まで待たなくてはなりません。

それまで待てない、となれば東京都知事ということになるのでしょう。

「東京都知事」は、定数1人当たり有権者数が最大の選挙によって選ばれた人間です。下手な国会議員より余程発言力があります。

個人的には応援したいです。

Banner_13_2 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 2011年8月東京ディズニーランドの混雑予想 | トップページ | 無責任政治に対する地方の反乱だ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/38745849

この記事へのトラックバック一覧です: 東国原氏を応援したい:

« 2011年8月東京ディズニーランドの混雑予想 | トップページ | 無責任政治に対する地方の反乱だ »