« 解散しないなら真剣に検討を | トップページ | 2011年9月東京ディズニーシーの混雑予想 »

2011年2月28日 (月)

たぶん、統一地方選後

いつまで首相の椅子にしがみつくのか、見苦しいことこの上ない菅直人ですが、自分の保身には知恵を発揮するとして、何時退陣するのか、と考えると、統一地方選後になるのだろう、と予想します。

菅直人首相は28日に在任期間が266日となり、鳩山由紀夫前首相と並んだ。報道各社の世論調査で内閣支持率は2割を切り始め、予算執行に必要な2011年度予算関連法案の年度内成立は絶望的。民主党内では「菅降ろし」が拡大する八方ふさがりの状況だ。首相は政権維持に躍起だが、在任期間をどれだけのばせるか、前途は厳しい。
 「予算を成立させることが国民にとって一番重要。私自身も全力を挙げて頑張る」。首相は25日、在任期間が鳩山氏と肩を並べることについて聞かれ、予算案と関連法案の成立に全力投球する姿勢を強調した。
 首相は予算関連法案が成立しなくても、6月に具体案をまとめるとした税と社会保障の一体改革などへの取り組みを理由に続投する構え。予算執行に支障が出ても、世論の批判は野党に向かい、対決姿勢を和らげることを期待する。党内の「菅降ろし」の動きには、苦戦覚悟で解散に打って出る可能性をちらつかせ沈静化を図る。
 28日時点の在任期間は、戦後の歴代首相32人の中では24番目。今国会を乗り切って6月末にたどりつけば、麻生太郎、福田康夫、安倍晋三の各氏らを抜いて19番目となる。 

最近は菅直人退陣の動きが活発化していますが、決定できるのは菅直人だけです。

支持率が1%でも解散しない、と言い張る人間を折れさせるには、それなりの「逃げ道」も必要です。

菅直人が政界でこの先生きのこるには、「解散」も「総辞職」でもダメで、少なくとも自民党を含む「連立」しかありません。

しかし考えてみると、自民党にとっては民主党との連立は選挙には大きなマイナスです。

つまり、自民党の立場では、統一地方選以前での連立はありえないのです。

逆にこれを過ぎれば2年は大きな選挙がありません。

4月の統一地方選挙で、小沢一派はともかくとして菅民主党が大敗、自民党勝利、これを確定させてから民主・自民連立、菅は敗戦の責任を取って副総理(或いは厚労相)に退き、自民から首相で麻生再登板(?)。

というのが、最後の部分はともかく現実的なシナリオなのではないかと考えます。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 解散しないなら真剣に検討を | トップページ | 2011年9月東京ディズニーシーの混雑予想 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/39048055

この記事へのトラックバック一覧です: たぶん、統一地方選後:

« 解散しないなら真剣に検討を | トップページ | 2011年9月東京ディズニーシーの混雑予想 »