« 馬脚を現した河村・大村 | トップページ | 善玉コレステロールは意外と大事 »

2011年2月12日 (土)

前原もコクミンガー

前園さんも大変です。上司の問題発言の火消しに奔走・・・いや、火消しになってないから。民主党といい、奇誠庸といい、消したつもりが延焼させています。幸か不幸かマスコミが庇っているので日本国内では大事件になりませんが。

【モスクワ=穴井雄治】前原外相は11日の日露外相会談で、菅首相がロシアのメドベージェフ大統領の北方領土訪問を「許し難い暴挙」と批判したことについて、「国民の声を代表するものだ」と説明した。

 日本の国内世論の厳しさを伝えるとともに、日本政府の公式な見解ではないと釈明する狙いもあったとみられる。

日本の固有の領土である北方領土ロシア大統領の訪問は、確かに日本人から見れば暴挙に間違いありませんが、戦争の際に奪われて実効支配されている領土ですから、とても複雑な問題です。

ことの正義は保留するしかありません。北方領土返還を実現するには「返していただく」形を取らざるを得ないので、不必要に相手の面子を潰すのは得策でありません。

そして、日本国民の怒りの対象は、

ロシアよりも民主党です。

ロシアにとっては、国益を考えたら当然の行為です。

むしろ日本国が、その唯一最強の保護者であるアメリカに無意味に刃向かったために関係が冷え、中国やロシアに付け入る隙を与えてしまった民主党こそ今回の不幸の原動力です。

そんな複雑な国際社会の出来事に、「許し難い暴挙」と言ってしまった菅直人はもちろん政治家失格ですが、そこで「国民のせいだ」と責任放棄する前川も残念です。

まあ、前島には古くは「永田メール問題」、閣僚になってからは八ッ場ダム、普天間基地、尖閣諸島問題など、責任をしっかり取れない人間ということが暴露されつつあります。

それでも「将来の首相」候補として挙げられているようです。

アメリカにパイプがあることはプラスではありますが・・・

みなさん、騙されないようにしましょう。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 馬脚を現した河村・大村 | トップページ | 善玉コレステロールは意外と大事 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/38836394

この記事へのトラックバック一覧です: 前原もコクミンガー:

« 馬脚を現した河村・大村 | トップページ | 善玉コレステロールは意外と大事 »