« 精一杯の譲歩なんだろうけど | トップページ | 若干マシになったか »

2011年1月13日 (木)

勝てるわけ無いのだけれど・・・良い話ダナ

あの石川遼選手がクロスカントリースキー。元経験者としては一言ありますが、基本的には良い話なので応援したいです。何より、このマイナースポーツが脚光を浴びて欲しいと願っています。

男子ゴルフの石川遼(19=パナソニック)が12日、新潟県湯沢町のゴールド越後湯沢CCで毎年恒例のスキー合宿をスタートさせた。

(中略)

練習の最後には短距離のダッシュを繰り返して、あるヒントもつかんだ。「水泳の平泳ぎと一緒で、速く進むには足を速く動かすよりも伸びることが大事」。理想に掲げたのは競泳五輪金メダリストの北島康介の泳ぎ。「北島さんは他の選手とストロークが一緒でも伸びが凄い。そういう感じで滑りたい」と金メダリストのスムーズな泳ぎを意識するようになった。

(中略)

≪スキーでも「石川遼カップ」!?≫石川の新しい冠大会ができた!?今回のスキー合宿では最終日に地元の小学生とのタイムトライアルレースが計画されている。石川サイドが優勝賞品なども提供し、関係者によれば湯沢町初のクロカン大会になるという。すでにジュニアゴルフでは「石川遼カップ」があるが、スキー版の石川遼カップといえそうだ。石川自身は「自分が周りと比べてどれくらいのスピードなのか知りたいし、最終日までにしっかり仕上げたい」とホスト役に燃えていた。

まあ、自分の名前の大会だからと言って勝とうなどとは夢にも思わないことです。

地元の小学生、通称「地ガキ」はフォームが滅茶苦茶なのに恐ろしく速いです。同じように滑ろうとしたら自分が壊れてしまいます。「大人」の滑りとしては、本人も意識する通り、ゆったりしたフォームでよく伸びる滑りを身に付けたいものです。そのためには地ガキを意識せず、自分のペースで滑ることです。

伸びる滑りを意識するときに大事なのは平衡感覚です。スキーに対して前後でも左右でもベストの位置で体重移動する。これを意識して滑る過程で体幹の筋肉が鍛えられ、本業のゴルフでのスイングの安定に繋がるでしょう。

石川選手の今後の益々の活躍と、クロスカントリーのメジャー化を切に願っています。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 精一杯の譲歩なんだろうけど | トップページ | 若干マシになったか »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/38452223

この記事へのトラックバック一覧です: 勝てるわけ無いのだけれど・・・良い話ダナ:

« 精一杯の譲歩なんだろうけど | トップページ | 若干マシになったか »