« これは退陣フラグ | トップページ | 表向きはただの茶番だが »

2011年1月28日 (金)

ハッタリが大事って習わなかったの!?

かねてから経済音痴の菅直人ですが、首相の立場にあってそれはないだろう、という発言です。枝野が尻ぬぐいに必死ですが、それくらい苦労した方が痩せて良いかも知れませんね。首相は血色良過ぎですが。

菅直人首相は27日夜、米格付け会社のスタンダード・アンド・プアーズが日本国債の長期格付けを引き下げたことについて、首相官邸で記者団に「そういうことに疎いので、(コメントは)改めてにさせてほしい」と述べた。
 格付け引き下げは、長期金利の上昇など景気に悪影響を与える可能性もある。そうした状況への認識の乏しさを自ら認めたとも受け取れる発言で、野党などから批判を受けそうだ。
 枝野幸男官房長官は記者会見で「民間会社の格付けに逐一コメントすることは控えたい。市場の信用を維持するためにも、財政健全化を進めていく方針を徹底したい」と強調。首相の発言に関しては、「国債の信認を首相は日頃から強く意識している。金利などの動向も非常に注視している」と語った。 

日本の格下げは結構なサプライズだったようで、USD/JPYも短時間で1円くらい円安になりました。でも上値は重く、相場が走るには至りませんでした。

日本の「格下げ」など、その程度のインパクトなのです。格下げされて金利が上がれば国内からの買い手が増えます。長期的には利払いに困りますが。

日本国債は、あと2年くらいは安全なのです。

そもそもS&P社など、枝野がオブラートに包んで表現していますが、サブプライムローンに最高格付けしていた会社です。そんな会社の評価などスルーでOKです。

まあ、格下げ理由の「民主党政権はダメだ」には同意するのですがね。

むしろそのニュースを受けての菅直人の発言がダメです。

「疎いので」

って、自ら無知を晒す首相がどこにいるというのだ!

格下げよりもこの発言が日本の信用を失墜させています。

菅直人。猛省するか辞職して欲しいです。

Banner_13_3 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« これは退陣フラグ | トップページ | 表向きはただの茶番だが »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/38639756

この記事へのトラックバック一覧です: ハッタリが大事って習わなかったの!?:

« これは退陣フラグ | トップページ | 表向きはただの茶番だが »