« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月31日 (月)

表向きはただの茶番だが

この件で小沢を有罪には出来ないでしょう。それよりもこれによって小沢の登極を防ぐことと、民主党の分裂を誘発することに意義がある、と思っています。菅直人始め今の執行部の動きに注目です。

小沢一郎民主党元代表(68)の資金管理団体「陸山会」の収支報告書虚偽記載事件で、東京第5検察審査会の起訴議決を受けて選任された検察官役の指定弁護士は31日、政治資金規正法違反罪で小沢元代表を強制起訴した。強制起訴は兵庫県明石市の歩道橋事故、JR福知山線脱線事故などに続き4例目で、国会議員では初めて。
 小沢元代表は、4回にわたる東京地検特捜部の事情聴取に一貫して関与を否定しており、公判でも全面的に争う構え。
 昨年2月に起訴された衆院議員石川知裕被告(37)ら元秘書3人=公判前整理手続き中=は、2月7日予定の初公判まで1年を要しており、小沢元代表の初公判も来年以降となる可能性がある。

小沢の何が問題と言えば、一昨年の総選挙で「どれだけ」の金を「どこから」貰って「どこに」使ったか、ということです。

しかし彼の金庫番の死と民主党事務所の全焼によって殆どの証拠は失われています。

僅かに残った証拠から立件できたのがこの程度、ということです。

だから、この裁判が長引いて小沢が身動きを止めることに意味があると考えています。

小沢の金については、証拠が無ければ司法においては立証しようがないのですが、傍証からの推理はある程度可能です。

まず「どこに」使われたかは、総選挙前の時点で政権交代の大合唱だったテレビ局です。「とにかく政権交代」、「政権交代すれば景気が良くなる」、「自民党にお灸を」など、全く根拠のないスローガンを叫んでいた所は、みんなその仲間でしょう。

「どれだけ」の金かは、テレビ局を全て民主党優位に導くだけの額です。自民党による「官房機密費のマスコミ対策」が明るみに出たということから、それを遙かに上回る額だったとは容易に推定できます。

最後に「どこから」ですが、去年頭に中国と韓国に訪問したこと、小鳩政権の友愛の指向性から考えるに、中国・韓国あたりが有力です。

今までの日本の政治家には、外国からお金を貰ってその国へ利益誘導を謀る者は多数いたはずです。しかしその中でなぜ小沢だけが特別にマスコミから嫌われるのか。

日本を滅ぼす力を持っている

からだと考えます。

日本が滅んでしまえばマスコミも解散になるので。

彼等にとっての日本は、生かさず殺さずで寄生するのがちょうど良いのです。

というわけで、指定弁護士にはこの「茶番」を頑張って欲しいです。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年1月28日 (金)

ハッタリが大事って習わなかったの!?

かねてから経済音痴の菅直人ですが、首相の立場にあってそれはないだろう、という発言です。枝野が尻ぬぐいに必死ですが、それくらい苦労した方が痩せて良いかも知れませんね。首相は血色良過ぎですが。

菅直人首相は27日夜、米格付け会社のスタンダード・アンド・プアーズが日本国債の長期格付けを引き下げたことについて、首相官邸で記者団に「そういうことに疎いので、(コメントは)改めてにさせてほしい」と述べた。
 格付け引き下げは、長期金利の上昇など景気に悪影響を与える可能性もある。そうした状況への認識の乏しさを自ら認めたとも受け取れる発言で、野党などから批判を受けそうだ。
 枝野幸男官房長官は記者会見で「民間会社の格付けに逐一コメントすることは控えたい。市場の信用を維持するためにも、財政健全化を進めていく方針を徹底したい」と強調。首相の発言に関しては、「国債の信認を首相は日頃から強く意識している。金利などの動向も非常に注視している」と語った。 

日本の格下げは結構なサプライズだったようで、USD/JPYも短時間で1円くらい円安になりました。でも上値は重く、相場が走るには至りませんでした。

日本の「格下げ」など、その程度のインパクトなのです。格下げされて金利が上がれば国内からの買い手が増えます。長期的には利払いに困りますが。

日本国債は、あと2年くらいは安全なのです。

そもそもS&P社など、枝野がオブラートに包んで表現していますが、サブプライムローンに最高格付けしていた会社です。そんな会社の評価などスルーでOKです。

まあ、格下げ理由の「民主党政権はダメだ」には同意するのですがね。

むしろそのニュースを受けての菅直人の発言がダメです。

「疎いので」

って、自ら無知を晒す首相がどこにいるというのだ!

格下げよりもこの発言が日本の信用を失墜させています。

菅直人。猛省するか辞職して欲しいです。

Banner_13_3 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月26日 (水)

これは退陣フラグ

菅直人はなぜ自分の支持率が低いのか、分からないようです。それなのにテレビ演説などしても効果はありません。そろそろグルメに飽きた首相をやっているのが嫌になったのではないでしょうか。

菅直人首相が重要政策について国民に説明し、理解を求めるため、官邸執務室からのテレビ演説を検討していることが25日、分かった。民主党政調幹部が明らかにした。首相が呼び掛ける社会保障と税制の一体改革などに関する協議に野党が応じる姿勢を示さないことを踏まえ、直接国民に訴え世論を喚起する狙いとみられる。
 執務室からのテレビ演説といえば、米大統領の定番。内閣支持率の低迷が続く首相は最近、「自分の考えが国民に伝わらない」とこぼしており、大統領の演説が頭に浮かんだようだ。玄葉光一郎国家戦略担当相(党政調会長)も、政権としての発信力不足を痛感しており、同氏の主導で福山哲郎官房副長官、馬淵澄夫党広報委員長ら4人からなる政府・民主党の広報チームを設置。首相のテレビ演説を含め、PR強化に取り組む。 

「自分の考えが国民に伝わらない」・・・前の首相も似たようなことを言ったと思いますが、http://ayoshidamd.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/post-14bd.html それは退陣の時でした。菅直人も同じ轍を踏むことになるのでしょうか。多少の悪足掻きをするようですが、肝腎の政策がしっかりしない限り、無駄な努力です。

そう言えば、B型肝炎訴訟ですが、和解になっていましたね。上の自分の過去記事の通りになってしまいました。菅直人は過去、カイワレでも薬害エイズでもスタンドプレーに走っていましたが、今回はB型肝炎で3兆円の国富を損ないます。イレッサ訴訟は和解拒否なのに、どんな信念で政治をしているのかさっぱり分かりません。

さっさと解散して欲しいです。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年1月24日 (月)

赤いシビリアンコントロールで自衛隊弱体化

自衛隊には屈辱です。監視対象だった集団から仲間の監視を命じられるのですから。赤い政権は狡猾です。このような形でも自衛隊内の相互不信を増幅し、引いては日本の防衛を弱体化させるのですから。

北沢俊美防衛相直轄の防諜部隊「自衛隊情報保全隊」が、陸上自衛隊OBの佐藤正久自民党参院議員や田母神俊雄元航空幕僚長の講演に潜入し、現職自衛官の参加状況を監視していることが23日、分かった。複数の防衛省・自衛隊幹部が明らかにした。本来任務とは乖離(かいり)した不当調査の疑いがあり、憲法で保障された思想・信条の自由を侵害する監視活動との指摘も出ている。

身内を監視する、という無茶な命令ですが、自衛隊はシビリアンコントロールにより、大臣の命令には従わなくてはなりません。

しかしその大臣や首相が間違っていないという保証はあるのか? という疑問があります。

菅直人は、首相の自分が自衛隊の最高指揮官であることを知らなかったそうです。その程度の人間が自衛隊に命令し、自衛隊はそれを断ることが出来ない、というのは危険な状況です。

シビリアンコントロールは、軍隊を統制する文民にも正しい知識や運用を求めるものです。文民が愚かでは軍隊をドブに捨てることになります。

民主主義の日本には、間違っていた政治家は落選させる、というブレーキがありますが、そのブレーキは最悪なら4年遅れになります。

もっと早く利かせて貰えないか、と祈りますが・・・

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月21日 (金)

いや、花粉はもう飛んでいる

今年の花粉は8.5倍、というと眩暈がしそうです。実のところもう既に鼻水が出たり目が痒くなったりしています。花粉症対策はお早めに。

東京都は20日、都内の今春のスギやヒノキの花粉飛散量が、観測史上2番目の多さになるとの予測を発表した。

 猛暑となった昨夏にスギなどの花芽が大きく育ったためで、飛散日数も48日間と、昨春の14日間を大幅に上回るという。

 都は1985年から花粉の飛散量などを調べており、今年は最大で昨年の8・5倍に上り、2005年以来の飛散量となる見通しだ。ただ飛散開始時期は2月16日~19日頃との予測で、昨年より10日間ほど遅くなるという。

 都では「花粉症の人は薬を服用するなど、早めに予防策を取ってもらいたい」としている。

花粉症は、早めの内服開始でより効果的と言われています。自分は通常の半分の量ですが内服を始めています。花粉症の酷い人にはお勧めします。

また、飛散量の多い年には花粉症を新規で発症する人もいます。そういう人は、「風邪かな? でもなんか変だ」と受診します。風邪と見分ける決定的な違いは、目が痒いということです。頭に入れておいて下さい。

また、そんな時期には山などには入らないことです。強風とともに酷いくしゃみを連発、一生ものの花粉症を発症することになるかも知れません。自分がそうでした

食べるものも影響する気がします。経験的には肉食の翌日は症状が強いように思えます。摂取した脂質がアレルギーを起こす物質に変換されるののは医学的に証明されていますので。

それから、花粉症の人が風邪を引いた感じで濁った鼻水(青洟、膿性鼻汁)が沢山出た場合は、「副鼻腔炎」の可能性があります。通常の花粉症や風邪の薬ではなかなか良くならないので内科か出来れば耳鼻科を受診して下さい。

辛い季節ですが、何とか症状を軽くして乗り切りましょう。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月19日 (水)

国家のための捨て石になれるか

政権交代以来、数々の約束を反故にしてきた民主党ですが、これだけは頑張って欲しいです。短期的に汚名を受けるのは必定ですが、後になって評価される、そんな内閣を目指して欲しいです。

玄葉光一郎国家戦略担当相(民主党政調会長)は19日午前、都内の日本外国特派員協会で講演し、消費税率の引き上げについて「景気の動向を見ながら引き上げる時期を決める。時期は総選挙の後になる」と述べ、次期衆院選で国民の審判を受けた後になるとの見通しを示した。
 玄葉氏は「(消費増税のための)法案はわれわれの(衆院)任期中に成立させる。具体的には来年3月までに成案を得る努力をする」と強調。ただ、増税の前提として「デフレからの脱却」を挙げるとともに、「国民の理解を得るために国会の経費削減も行わなければいけない」と指摘した。 

進行する高齢化に対応する社会保障費の増大に備えて消費税の増税は不可避ですが、これに関わった内閣は大きく支持率を下げています。次の総選挙で自民党が勝った後に消費税増税が決まれば再び支持率を下げて国政は大混乱に陥ります。

そこで現政権。既に支持率は低く、下がりようがありません。こういう時こそ消費税増税「の決定」です。そうすれば菅政権は「国民の非難に負けずに消費税増税という大仕事を成し遂げた内閣」として後世に讃えられるでしょう。

もちろん施行は景気が回復してからですが。「決定」することには大きな意義があります。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月17日 (月)

住み着かれたら取り返しがつかない

チャイナマネーが日本を席巻。それだけならバブルが崩壊すれば元通りなので心配ないですが、問題は「中華街」を作られて中国人達が住み着いてしまったら深刻な事態に陥ります。これだけは防がねばなりません。

全国各地で中国系資本など外資による土地買収が深刻な状態になっている。水源地や森林だけでなく、中国資本が企業を買収して「中華街」のような街を作ったり、中国領事館が市中心部の広大な土地を買収しようとしたケースもある。背景には、経済成長著しい中国に期待する地方の疲弊があるが、中国の席巻によって危惧される景観や治安といった面への警戒感は伝わってこない。

中国は強かです。この先順調なら日本支配、バブル崩壊しても日本に食い込めるように手を打ってきています。我々は危機感を持たなくてはなりません。

日本はバブル期にアメリカのビルなどを沢山買収したものですが、バブル崩壊で安く手放すこととなりました。

中国もその道を辿りつつあるように見えますが、決定的に違うのは、彼等は日本に住み着くということです。

一度定住されてしまえば追い払うのは困難です。

平時では法的に不可能、「有事」があれば接収・強制退去可能ですが恐ろしい抵抗と破壊工作に遭うでしょう。

地域住民の反対運動は天晴れです。

自治体首長や財界は、目先の利益のために日本を売ってはいけません。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月15日 (土)

北朝鮮には媚びないけど

新任の閣僚を調べると、その内閣の方向性が分かるというものです。新しい拉致問題相の物言いは明確であり、この発言自体には好感が持てます。ただ、それでめでたしと言う話ではありません。

「情報収集をすることによって国際社会に対する説明能力も説得力も一層高まってくるし、相手(=北朝鮮)に対する反撃力も高まっていくと思いますので、より一層相手に圧力を加えていくと。その上で対話に引き出すと」(中野寛成 拉致問題相)

 中野大臣は拉致被害者の安否に関する、さらなる情報収集の努力を続けるとした上で、拉致被害者家族と一刻も早く面会するため準備を進めていると述べました。

 また、朝鮮学校の高校授業料無償化について、中野大臣は「拉致問題を考慮して極めて慎重に取り組む必要があり、現時点では支給の条件は整っていないと考える」との考えを示しました。(15日03:20)

この国の対北朝鮮政策で、「対話」と「圧力」のどちらを重視するかについてはずいぶん議論がありますが、長い間「対話」のみで接し続けていたけど、与える物ばかりで何一つ成果を得られなかった、という歴史があります。

これを転換したのが小泉純一郎です。この国の財産をアメリカに差し出すことで強固な支持を得、北朝鮮に圧力を掛けて拉致問題を認めさせて拉致被害者を5人取り戻しました。

結局、「圧力」なしには外交は成功せず、「圧力」あっての「対話」だということがわかりました。

また、「対話」のみしか言わない政治家は北朝鮮の利益を重視する者であり、その集合体であった社民党は国民の支持を失い少数政党へ没落しました。

それだけなら万々歳な話ですが、この中野寛成と言う人物は、

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E9%87%8E%E5%AF%9B%E6%88%90

の通り、在日韓国人に対しては参政権付与を主張しています。

信頼できる保守政治家とは言えません。

とは言え、政治はトレードオフの連続です。

何かを得るためには別の何かを失う必要があります。

そのマネジメントに長けた政治家こそが現実的に優れた政治家ですが、これを国民が選ぶのはとても難しいことです。

鳩山兄みたいに多額のお金を何の見返りもなく外国に差し出すのは論外と思いますが。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月14日 (金)

若干マシになったか

民主党に人無しという状況は相変わらずです。枝野官房長官って、半年前に参院選に敗れて幹事長をクビになった人です。新しい人物を持って来られないところに民主党の層の薄さが如実に表れています。

枝野幸男新官房長官は14日午後、菅第2次改造内閣の閣僚名簿を発表するための記者会見で、新内閣について「老壮青のバランスがとれ、役割を果たせる実務型の顔ぶれがそろった『実務強力推進内閣』だ」と述べた。史上最年少の46歳で官房長官に就任することについては「党内外に(批判的な)意見があることは認識している。ためらいと戸惑いがあるというのが正直なところだ」と語った。

 その上で枝野氏は藤井裕久元財務相の官房副長官への起用を菅直人首相に求めたと明かし、「藤井氏に(自身の)若さゆえの足りない所を支えてもらい、若さの良い部分を生かしたい」と述べた。

まあ、言うほど良いメンバーとは思いませんが。

実務経験の豊富な与謝野・藤井のベテランを起用、という所は今までと違って良いと思います。

あと、枝野は中国を「悪しき隣人」と呼ぶ人間です。

日本が中国に併呑される、というのがこの国の最悪のシナリオですから、それを考えたら枝野の昇格は多少良い話、となるでしょう。

中国からの嫌がらせは普通に起こるでしょう。でもそれを枝野のせいにしてはいけない、と思います。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月13日 (木)

勝てるわけ無いのだけれど・・・良い話ダナ

あの石川遼選手がクロスカントリースキー。元経験者としては一言ありますが、基本的には良い話なので応援したいです。何より、このマイナースポーツが脚光を浴びて欲しいと願っています。

男子ゴルフの石川遼(19=パナソニック)が12日、新潟県湯沢町のゴールド越後湯沢CCで毎年恒例のスキー合宿をスタートさせた。

(中略)

練習の最後には短距離のダッシュを繰り返して、あるヒントもつかんだ。「水泳の平泳ぎと一緒で、速く進むには足を速く動かすよりも伸びることが大事」。理想に掲げたのは競泳五輪金メダリストの北島康介の泳ぎ。「北島さんは他の選手とストロークが一緒でも伸びが凄い。そういう感じで滑りたい」と金メダリストのスムーズな泳ぎを意識するようになった。

(中略)

≪スキーでも「石川遼カップ」!?≫石川の新しい冠大会ができた!?今回のスキー合宿では最終日に地元の小学生とのタイムトライアルレースが計画されている。石川サイドが優勝賞品なども提供し、関係者によれば湯沢町初のクロカン大会になるという。すでにジュニアゴルフでは「石川遼カップ」があるが、スキー版の石川遼カップといえそうだ。石川自身は「自分が周りと比べてどれくらいのスピードなのか知りたいし、最終日までにしっかり仕上げたい」とホスト役に燃えていた。

まあ、自分の名前の大会だからと言って勝とうなどとは夢にも思わないことです。

地元の小学生、通称「地ガキ」はフォームが滅茶苦茶なのに恐ろしく速いです。同じように滑ろうとしたら自分が壊れてしまいます。「大人」の滑りとしては、本人も意識する通り、ゆったりしたフォームでよく伸びる滑りを身に付けたいものです。そのためには地ガキを意識せず、自分のペースで滑ることです。

伸びる滑りを意識するときに大事なのは平衡感覚です。スキーに対して前後でも左右でもベストの位置で体重移動する。これを意識して滑る過程で体幹の筋肉が鍛えられ、本業のゴルフでのスイングの安定に繋がるでしょう。

石川選手の今後の益々の活躍と、クロスカントリーのメジャー化を切に願っています。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月12日 (水)

精一杯の譲歩なんだろうけど

3兆円か・・・財政が豊かなときにはポンと出せたのだろうけど、火の車状態の今ではとても出せないでしょうね。政府の次の一手は時間稼ぎの訴訟突入と予想します。

政府は12日午前、B型肝炎訴訟の和解協議で札幌地裁が和解案を示したことを受けて関係閣僚の協議を首相官邸で行い、和解案を受け入れる方向で検討を進めて早期の全面解決を目指す方針を確認した。

 ただ、和解案の実現には30年で最大3兆円超の財源が必要だという厚生労働省の試算があり、財源の確保策が最大の焦点となる。

 協議には、仙谷官房長官兼法相、玄葉国家戦略相、野田財務相、細川厚生労働相が参加し、協議後に菅首相に和解案を報告した。細川氏は協議後、記者団に、「司法が示したことに対し、真摯(しんし)に検討していくことで一致した」と述べた。

 和解案は、未発症の持続感染者(キャリアー)に1人当たり50万円、発症者には1250万~3600万円の和解金を支払うよう政府に求めた。

自分がかつて書いた記事 http://ayoshidamd.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/8-6ef5.html で試算した額は8兆円でした。キャリアーへの和解金が500万円から50万円に減ったために大きく圧縮されたと思いますが、それにしても莫大な額です。

野田財務相が8兆円は増税で賄わないといけない、と発言して原告団から攻撃を受けましたが、気持ちは分かります。

大事な血税から出す補償金。

本来ならばもっと有意義なことに使われたはずの国家予算。

原告弁護士は、原告である前に日本国民であるという意識を持つべきです。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 9日 (日)

仙谷の失言を首相まで

先日仙谷が予算はあと2年しか組めないと言ったことに怒ったものですが、菅まで同じようなことを言いました。本当に此奴等には国政を担うという意識が皆無です。

菅直人首相は8日、元連合会長の笹森清内閣特別顧問と首相公邸で会談し、「このまま赤字国債を発行するような状態は、2年先は無理だ」との認識を示した。10年度に続き、新規国債発行額が税収を上回った11年度予算案を踏まえ、12年度予算編成で税財政改革に取り組む意欲を強調したものだ。会談後、笹森氏が記者団に明らかにした。

役に立たないバラマキをして自らの首を絞めながらこんなことを言っているのですから、彼等には本当に政権担当能力がありません。

いよいよ予算が組めなくなってから財政改革するのではなく、もっと早くから取り組まなくてはならないのに。

さらに大きな問題として、

・仙谷が発言した際に結構問題視されたのに、「非難がありましたよ」という言葉が菅に届かなかったこと。

・嘘でもトップが言えば皆がそう信じて実現するという「アナウンスメント効果」を考えていないこと。

これらは人の上に立つ者として致命的です。

やはり彼等は活動家止まりの人物だったのです。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 6日 (木)

結局、不眠も飲酒も危険という結論

「睡眠不足と飲酒は同じように危険」という論文は腐るほどありますが、睡眠で腸や肝臓の働きが低下する、というのは少々驚きです。医師として不勉強かもしれませんが。自分としては、睡眠で副交感神経優位になれば消化吸収が進むと思っていました・・・

飲酒後に仮眠して車を運転することの危険性を裏付けるものとして注目される。

同大で昨年3月、20歳代の男女計24人を対象に実験を実施。体重1キロ当たり0・75グラムのアルコール(体重60キロで45グラム=ビール約1リットルに相当)を摂取し、直後に4時間眠った場合と4時間眠らずにいた場合の呼気中のアルコール濃度を比べたところ、眠った場合は眠らない場合の約2倍だった。同大の松本博志教授は、睡眠により、アルコールを吸収する腸の働きと分解する肝臓の活動が弱まった可能性が高いと分析している。

 また、同センターの樋口進医師が海外の研究を調べたところ、アルコール分解後、少なくとも3時間は運転技能が低下することもわかった。樋口医師は「飲酒後に『仮眠を取ったから大丈夫』と考えるのは危険。酔いがさめても、すぐには正確な運転ができない」と指摘。寝不足による居眠り運転にも注意が必要なため、「飲酒後、十分な時間を取れないなら運転しないでほしい」と話している。

この記事の要点は2つ。

一つは、眠るとアルコールの分解が遅れるということ。こちらがニュースなのでしょう。理屈はまだ分かっていないような感じですが。

もう一つの「アルコール分解後も運転技能が低下」ですが、自分の見つけた論文は、

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15303246

です。じっくり読むのに必要な諸々が無くて申し訳ありません。

これによると、

血中アルコールが例えゼロになっても睡眠不足なら運転は危険

なのだそうです。アルコールの覚醒作用が眠気をマスクしているのかも知れません。

この2つの要点を総合すると、

飲酒後は十分に眠ってから運転を。

という結論に達しました。月並みで済みません。

Banner_13_2 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月東京ディズニーランドの混雑予想

既に周知のことと思いますが、4月23日からTDRのチケットが値上げされます。

どんな思惑があるのか、どんな影響が出るのか、興味深いです。

最近、国内の遊園地はディズニーリゾート(以下TDR)の一人勝ち状態です。

他所では様々な形での割引が行われ、客単価は下がっています。TDRを超える値段設定など死んでも出来ませんから。

唯一の勝ち組のTDRは、値上げして少しくらい人が減っても利益を確保出来る自信があるでしょう。値上げ率の7%も入場者が減るとは思えません。物販も大きな収入源だけど

減ってくれれば乗り物が乗りやすくなって良いのだが

また、他の遊園地にとっては、激しいデフレ競争が若干楽になる、というささやかなメリットがあるでしょう。

ただ、乗り物に乗るだけが目的なら、TDRより他所の遊園地の方が遥かに安く、待ち時間少なく乗れるのも事実です。

このことに多くの人が気付いたとき、TDRというバブルが弾けるのではないか、ということも危惧します。

いや、本来のクオリティも相当高いと思いますが、それにしても最近はそのクオリティが頭打ちなのに対して「アトラクション待ち時間」が増える一方なもので・・・老婆心ですがね・・・

この話を大きな規模に応用するとすれば、

・デフレの脱却はやはり、この国の喫緊の課題である。

・好景気の中国の金融引き締めは、バブル崩壊へと繋がるおそれあり。

となるでしょうか。

201107tdlfore_2

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 4日 (火)

2011年7月東京ディズニーシーの混雑予想

申し遅れましたが、明けましておめでとうございます。

今年も拙ブログの予想や政治などにお付き合い戴けたら有り難いです。

夏休みはそれなりに混雑しますが、どちらかと言えば前半の方が少なめなので、覚えておいて下さい。

あとは10周年イベントの出来次第です。

201107tdsfore

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 3日 (月)

不幸な男が福男に。胸の熱くなる話

何年か前に見たことのある人でしたが、大事故に遭った後、「えべっさん」神事の仕事をしているのかと懐かしくなりました。感謝の心が人を前に進ませる、大切なことを学んだ気がします。

商売繁盛の神様「えべっさん」の総本社、西宮神社(兵庫県西宮市)で、毎年1月10日に行われる「開門神事 福男選び」。99年にトップを走りながらゴール直前で転倒し、同年のクリスマスイブにはオートバイで転び右足に後遺症が残った男性がいる。その後、開門神事で献身的に活動し、神社の後援団体「開門神事講社」の初代講長に就任、裏方の雑踏警備などを担当する。「全ての人に福を持って帰ってほしい」と願っている。

「えべっさん」の「福男」と言えば、西宮神社で行われる、開門と同時に多くの人達がフルダッシュで神社の境内を駆け抜けて本殿に到着した上位3人が「福男」と認定される行事で、毎年激戦が繰り広げられ、或いは不心得な参加者が問題にもなっています。

平尾氏のHPはこちらです。

http://leepi.milkcafe.to/index.html

何年か前に見たことがありますが、何がきっかけだったかは覚えていません。

彼は、1997、1998年に二番福、1999年にはあと少しで一番福というところで転倒しました。

そしてその年の12月24日にオートバイで転倒してトラックに轢かれ、右足をもう少しで切断という大怪我を負いました。

入院生活で、ふさぎ込みがちだった平尾さんを前向きに変えたのが、大学の同級生の言葉だった。「えべっさんが、命を守ってくれたんじゃないか」

 次第に感謝の気持ちが湧き、01年には一時退院して松葉づえで福男選びに参加した。

 8年前からは開門神事の度に整理券を配ったり、交通整理をしたりするなどボランティアをした。神社側が福男選びの元参加者に呼び掛け、09年に設立した開門神事講社の初代講長に就任。本番では危険なゲタ履きで走る人がいないかなど、服装指導も担当する。

 今年の開門神事でも、平尾さんは松葉づえをつきながら安全を守る。「もし(1着の)一番福になっていたら、その後は開門神事に関わっていなかった。本殿前での転倒も、交通事故も不幸ではなく、えべっさんと自分とを結びつけてくれた一つの出来事だったと思っている」と語った。

それほど酷い目に遭った後でも、それを前向きに捉えて、今は経験者ならではの形で神事に関わっています。

神事の参加者たちは多く、中には神事を舐めているような人達も多いそうです。

彼等の指導に、「福男」と「大事故」を経験した平尾氏は最適と言えるでしょう。

平尾氏の今後の活躍と、神事の無事をお祈りします。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »