« 何気に危険な匂い | トップページ | それでも、動くのは年内では? »

2010年12月18日 (土)

鳩の糞の後始末

鳩山の半端仕事の後始末は大変です。普天間問題は菅内閣でも不可能なことが分かりましたが、せめてこの排出量取引くらいはナシにしてもらいたいものです。国富を無駄に外国に撒かないことは非常に大事なことです。

排出量取引制度の導入検討を事実上、凍結するなど経済界にも配慮した現実路線に転換した内容となり、政府も21日、提言を受けた基本方針を確認する見通しだ。ただ、2009年の民主党マニフェスト(政権公約)が掲げた、温室効果ガスを2020年に1990年比25%削減する目標は手付かずで、環境政策の迷走が続きそうだ。

この件は鳩山が去年9月にぶち上げた国際公約だと記憶しています。当時は呆れて口が塞がりませんでした。

中国の環境対策を無償援助し、削減出来たCO2枠を更に買い取る。

CO2削減でこの国の産業の足枷を自ら作るとは愚かな、と思っていました。

百歩譲って環境技術を海外に移転するにしても、高い対価を頂かなくては技術開発した人達に申し訳ないです。

鳩山、なんという外国友愛精神!

その時点で鳩山がルーピーだと分かりました。

愚かでないとしたら、一級の対中売国奴です。

折しも目下、国際的な環境対策論議が難航しています。

環境より景気が大事な現状です。世界の空気を読んで有耶無耶にしましょう。

新防衛大綱の内容も含めて思うに、改めて菅政権は「真の媚中」ではないのだな、と思います。

媚中鳩山政権よりは少しマシだけど、及第点には程遠いです。

このまま立ち枯れていくのが良いのか、有事勃発で大連立が良いのか。

難しいです。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 何気に危険な匂い | トップページ | それでも、動くのは年内では? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

自民よりマシ

投稿: 自民よりマシ | 2010年12月19日 (日) 00時19分

自民党にも不満は多いですが、
これほど日本国を危機に陥れたことは無かったと記憶しています。

投稿: プー | 2010年12月19日 (日) 23時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/38124111

この記事へのトラックバック一覧です: 鳩の糞の後始末:

» 太陽光発電見積り [太陽光発電価格]
エコポイント申請書が匿名、無料でできる。今なら国や市町郡が日本の二酸化炭素を減らす為に補助金を出しているので今がチャンスです。 [続きを読む]

受信: 2010年12月18日 (土) 18時33分

« 何気に危険な匂い | トップページ | それでも、動くのは年内では? »