« どちらに転んでも面白い話 | トップページ | ただの内紛よりは価値がある »

2010年12月28日 (火)

「民主党独裁」する頭も無かったと

「政治主導」。

そもそもは、民主党独裁のための官僚排除という意図だったはずです。それが果たせず何を言うかと思ったら「カンリョウガー」。相変わらず人の信頼を裏切ることばかり上手な内閣です。

訓示で仙谷氏は「政治主導とは決して事務方が萎縮したり、汗をかかず政治に丸投げすることではない。適切に役割分担し緊密な情報共有、意思疎通を図り、国家国民のために一丸で取り組むことだ」と強調。「官邸にも速やかに必要な情報が伝わるよう、事務方間の連絡体制を整える必要がある」と求めた。

まあ、小沢の尻ぬぐいと言われればそうですが、所詮は同じ穴の狢。同情はしません。

それにしても、政権交代までは悪の代名詞だった「官僚」。

随分と変わったなー、というか・・・

民主党政権の唯一の意義として、

問題多いと言われた従来の政治が如何に正しかったかを確認するという・・・

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« どちらに転んでも面白い話 | トップページ | ただの内紛よりは価値がある »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/38248557

この記事へのトラックバック一覧です: 「民主党独裁」する頭も無かったと:

« どちらに転んでも面白い話 | トップページ | ただの内紛よりは価値がある »