« 民主党支持者は考え直して | トップページ | 個人的には「酷」の年 »

2010年12月 9日 (木)

是非、統一地方選挙まで頑張って欲しい

民主党の政権担当能力の無さがそろそろ全日本国民に周知されたでしょうか。実は地方選挙では、鳩山政権時代から民主党は連戦連敗です。この調子で負け続けて欲しい、菅直人には石にかじりついても総理で居続けて欲しいとも思うようになっています。

近く投開票される茨城県議選に注目が集まっている。民主党の小沢一郎・元代表は、同県議選で民主が「惨敗」すれば「地方が火を噴く」と述べた。連敗中の地方選で更なる敗北が加われば、菅直人政権下では2011年春の統一地方選は戦えない、という声が満ちあふれ菅降ろしが始まるだろうというヨミを披露した形だ。首相側と小沢氏側の対立の方も「火を噴く」寸前の模様だ。

2chに自民党関係者の立場と思われる興味深いコメントがありました。うろ覚えですみませんが、

菅政権はしばらく続いて欲しい。続いている間はずっと、地方選挙で民主党は負け続ける。2011年4月には統一地方選挙がある。ここで負けてもらえば、民主党を壊滅に追い込める。

なるほど、そんな考え方もあるのかと感心しました。

しかしそれは、それだけ国政の麻痺状態が続くということ。

日本国が維持されるかどうかのチキンレースでもあります。

出来れば解散総選挙してほしいけど、無理な注文でしょう。

逆に、民自大連立なんて話もありますが、それでは民主党が強い勢力を保ったまま生き残ってしまいます。

結局、現状では菅直人留任。地方選挙で地道に民主党候補を落としていく、という手段しかないのでしょう。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 民主党支持者は考え直して | トップページ | 個人的には「酷」の年 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/38012464

この記事へのトラックバック一覧です: 是非、統一地方選挙まで頑張って欲しい:

« 民主党支持者は考え直して | トップページ | 個人的には「酷」の年 »