« 個人的には「酷」の年 | トップページ | 民主党、議席維持でも中身はボロボロ »

2010年12月11日 (土)

フィギュアGPファイナル(@北京)で日本は負ける

尖閣諸島に上陸した石垣市議の行動は、気持ちとしては賞賛したいけれども、国益に繋がるかと言えばマイナスな気がします。事件としては、規模を小さくした「満州事変」とも言えなくはないと思います。

【北京時事】中国外務省は11日未明、沖縄県尖閣諸島(中国名・釣魚島)の南小島に、同県石垣市議2人が上陸し、約40分間いた問題について、「中国の領土と主権を著しく侵犯する行為で、日本に厳正な申し入れを行い、強く抗議した」とする談話を発表した。
 9月に尖閣諸島付近で起きた漁船衝突事件で悪化した日中関係は、11月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議での日中首脳会談などを経て、改善の方向に進んでいた。一方で、中国の軍事力拡大を念頭に置いた防衛大綱策定作業や過去最大規模で行った日米共同統合演習などを受け中国は今、日本の動きを警戒している。
 こうした中での問題発生に、中国のインターネット上では「直ちに抗議すべきだ」「中国の勇士も上陸を! 」といった書き込みが相次いだ。 

今回の上陸の件と満州事変の共通点は、

政府の意思に背いた行動

ということです。それが「関東軍」と「市議会議員」では雲泥の差ですが、いずれにしても政府の無為無策に対する怒りを表明したと言えます。

これらの行為は愛国心から出たものと思いますが、問題は、これらの行為は、

政府の外交交渉と一体となって行われて初めて有効打になる。

その政府が当てにならないのだから救いようがないのです。

今回の件での報復は何でしょう?

レアアースの再びの禁輸?

フィギュアスケートで疑惑の判定?

彼等は何でもありです。

ただ今回、満州事変とは、どうやらアメリカが敵ではない、という点で大きく違います。

まあ、あの時も信じていたソ連に裏切られたわけですが・・・

日本は過去の歴史に正しく学べたのかどうか。日本国民が試されています。

Banner_13_2 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 個人的には「酷」の年 | トップページ | 民主党、議席維持でも中身はボロボロ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/38037708

この記事へのトラックバック一覧です: フィギュアGPファイナル(@北京)で日本は負ける:

« 個人的には「酷」の年 | トップページ | 民主党、議席維持でも中身はボロボロ »