« 「守秘義務」をめぐる自縄自縛 | トップページ | Too Late, Too Littleなんだな »

2010年11月12日 (金)

政局の鍵は公明党

与党を攻撃する自民党の姿を、マスコミは「無責任野党」と罵るのでしょうが、騙されてはいけません。この活動が、重要な国益に直結するのです。そして、我々が民主党を非難することも、とても重要な局面に差し掛かっています。

野党は11日、沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突をめぐる映像流出事件で、政府が政治責任を回避していると批判を続けた。とくに自民党は、公明党が平成22年度補正予算案への反対を決めたことに勢いづき、野党共闘による馬淵澄夫国土交通相の辞任要求、さらには菅直人政権の倒閣を目指していく構えだ。

(中略)

公明党の山口那津男代表は記者会見で、補正予算案に反対する理由の一つに「菅政権の姿勢に対する意味もある」と言明した。また「ただちに倒閣を目指すとの判断を持っているわけではない。しかし、政権が国民の期待に応えないと、その後の展開に変化が起きてくることはないとはいえない」とも述べ、今後倒閣運動に向かう可能性があることを示唆した。

中国漁船衝突問題は、映像流出により再び内閣を揺るがす大問題となりましたが、民主党のことだから、当然居直りを決め込むでしょう。

かつて自民党政権では事ある毎に閣僚を民主党が攻撃し、多くの閣僚が辞任を余儀なくされていましたが、今の民主党政権では、その時以上のスキャンダルを起こしても誰一人辞任しません。

確かに、スキャンダルで辞任しなくてはならない法律はありませんし、まして、国会議員には「不逮捕特権」があります。犯罪の疑いが強くても国会での逮捕許諾決議が通らなければ逮捕出来ません。

このように民主主義のルールを最大限に生かして居座る民主党には、「卑怯だ」とは言えてもそれ以上に攻撃することは出来ません。

実際の効力を持った民主党への攻撃としては、公明党をこっち側に取り込むしかありません。

少し前までは、外国人参政権などを成立させるために民主党と公明党の歩み寄りが見られていました。

しかし今回の尖閣諸島問題で状況は一変しました。

公明党が、

「こんなに国民の支持を失った民主党と協力したら、次の総選挙で一緒に沈んでしまう」

と考えるようになったのです。

それはひとえに、日本国民が怒りの声を上げたからです。

我々の怒りは、確実に政界に響いています。

正しい日本を取り戻すために頑張っていきましょう。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 「守秘義務」をめぐる自縄自縛 | トップページ | Too Late, Too Littleなんだな »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

そうそう、保守の人は公明を嫌いますが、自公が手を組んで政権復帰が一番現実的です。
公明党が外国人参政権を提出してきても、自民党が反対すればそれでよし。
とにかく、数の力が必要です。

投稿: kazu | 2010年11月12日 (金) 18時09分

コメントありがとうございます。

仰るとおり、公明党は嫌いですが、
強い悪を倒すために、
「敵の敵を味方に」
という思いです。

投稿: プー | 2010年11月12日 (金) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/37631513

この記事へのトラックバック一覧です: 政局の鍵は公明党:

« 「守秘義務」をめぐる自縄自縛 | トップページ | Too Late, Too Littleなんだな »