« 本丸は仙谷の首 | トップページ | 仙谷失脚までの時間稼ぎ »

2010年11月24日 (水)

こんな国を支援していたのだ

朝鮮学校無償化など、元々通すべきではないことでした。北朝鮮が暴力的な国であることはとっくに分かっていたことですから、今回の砲撃事件があろうがなかろうが無償化など有り得なかったと思っています。

仙谷由人官房長官は24日の閣議後記者会見で、北朝鮮による韓国砲撃を受け、朝鮮学校の授業料無償化問題について「手続きをいったん停止する方向だ」と述べ、無償化の申請受け付けなどを当面見合わせる考えを示した。高木義明文部科学相もこの問題について「重大な決断をしなければならないかも分からない」と述べ、無償化見直しの可能性を示唆した。
 文科相は閣議後会見で、今回の北朝鮮の行為を「極めて遺憾なことで、世界の平和を脅かす行為だ」と厳しく批判。その上で、朝鮮学校の無償化手続きについて「まだ申請も出ていないし、審査も行っていないが、与える影響は大きいと思っている」と強調した。
 同省は今月5日、高校授業料実質無償化法を朝鮮学校に適用するかどうかについて、教育内容を問わず、国内の朝鮮学校すべてが事実上クリアできる審査基準を決定済み。しかし、今回の事態を受け、政府としてより慎重な判断が必要との考えに傾いたとみられる。 

朝鮮学校無償化。

日本国民の非常識ではありますが、民主党内では議論の分かれる話だったようです。

それでも無償化する動きの方が勝っていたところで、今回の砲撃事件で形勢逆転したのでしょう。

もう少し穿って考えたいと思います。

元々民主党の支持母体には朝鮮総連も韓国民団もその他諸々入り交じって、その主導権争いも激しいはずです。

北朝鮮の衰退は今に始まったことではありませんが、最近は韓国が李大統領のもとで経済は絶好調です。

それに伴って、民主党内でも親韓派が力を付け、親朝派が弱体化してきたのでしょう。

そこで今回の砲撃事件。

弱ってきている北朝鮮が更に内紛の兆候となれば、

民主党内の親韓派による親朝派の駆逐という動きかも知れません。

それにしても、

朝鮮学校無償化が「外交カード」になるとは思ってもみませんでした。

その調子で中国への各種援助も停止してくれれば良いのに。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 本丸は仙谷の首 | トップページ | 仙谷失脚までの時間稼ぎ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/37818918

この記事へのトラックバック一覧です: こんな国を支援していたのだ:

« 本丸は仙谷の首 | トップページ | 仙谷失脚までの時間稼ぎ »