« 「伝統」について考えてみた | トップページ | こんな国を支援していたのだ »

2010年11月22日 (月)

本丸は仙谷の首

柳田の辞任は、蜥蜴のしっぽ切りでしょう。問題発言ではありましたが、ただ無能を晒しただけで国益を大きく損なってはいません。むしろこれを足掛かりに仙谷の辞任にまで追い込めてこそ国益というものです。

柳田稔法相(56)=参院広島選挙区=は22日午前、首相官邸で菅直人首相と約20分間会談し、国会軽視と受け取られる発言をした責任を取って辞表を提出した。10年度補正予算案審議への影響を避けるため、首相が事実上、更迭した。後任の法相は当面、仙谷由人官房長官が兼務することとし、政府は持ち回り閣議で決めた。首相の任命責任は免れず、内閣支持率が急落する菅政権にとって、大きな打撃となりそうだ。

閣僚が辞任したから幕引き、ではないということは、自民党政権時に民主党がとことん追い込みを掛けたことで示されています。

民主党は言うかも知れません。

「人の揚げ足取りに終始して補正予算の審議を妨害するとは、自民党は国民のことを考えていない」と。

それこそブーメランなのですが、自分としてはこう考えます。

「国益を損なってばかりの民主党を妨害し、早期の解散総選挙に持ち込むこそ国益だ」

さて、この件により仙谷は官房長官に法相を兼任することになりました。

法相になって余程やりたいことがあるのでしょうが、ろくでもないことに決まっています。

多忙で病気になって休養して下さい。

お願いします。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 「伝統」について考えてみた | トップページ | こんな国を支援していたのだ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/37788769

この記事へのトラックバック一覧です: 本丸は仙谷の首:

« 「伝統」について考えてみた | トップページ | こんな国を支援していたのだ »