« 2011年5月東京ディズニーランドの混雑予想 | トップページ | 職を賭して流出してくれた、貴重な証拠映像 »

2010年11月 4日 (木)

中国からも見捨てられた小沢

さすがは中国、役に立たないと分かれば冷たく切り捨てる。小沢に同情はしませんが、このように義理と人情のカケラもない国なのだ、ということを改めて思い知らされました。そんな国を相手に譲歩してはいけないということもよく分かります。

【北京時事】民主党の小沢一郎元代表が主宰する日中間の草の根交流「長城計画」による訪中団について、小沢氏に近い国会議員が10月末、12月に派遣したいと中国側に調整を打診したが、同氏が政治資金問題を抱えていることから中国側が受け入れに難色を示したことが3日分かった。複数の日中関係筋が明らかにした。

小沢としては、「中国様、助けてください」なのでしょうが、中国としては、折角マスコミ工作や選挙協力までしてやったのに首相になり損ねて、そんな無能者などに用は無い、ということなのでしょう。かつての「人民解放軍の野戦司令官」は見る影もありません。

このような状況では、小沢復活の目はないでしょう。後ろ盾が居なくなったのですから。

今後は、中国が日本の誰に接近するかを注目する必要があります。

現政権は今のところ、中国より韓国に肩入れする人達だし、小沢の手下共は相手にされていないようですが、それ以外から訪中したり中国重視の発言を行う議員が出たら、小沢の後継者、中国に国益を与える者として警戒しなくてはいけません。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 2011年5月東京ディズニーランドの混雑予想 | トップページ | 職を賭して流出してくれた、貴重な証拠映像 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/37527664

この記事へのトラックバック一覧です: 中国からも見捨てられた小沢:

« 2011年5月東京ディズニーランドの混雑予想 | トップページ | 職を賭して流出してくれた、貴重な証拠映像 »