« ガス抜きも出来ないこんな世の中じゃ | トップページ | 同情と司法は別問題 »

2010年11月16日 (火)

宿直と当直の違い、パンドラの箱を開いた判決

実は業界では注目された裁判です。「当直」と「宿直」の違い、分かりますか? 実は大きく違います。この点に言及した裁判、実は我々にはとても重要な話なのです。

奈良県立奈良病院(奈良市)の男性産婦人科医2人が、宿日直勤務を時間外勤務と認めないのは違法として、割増賃金の支払いを求めた訴訟の控訴審判決で、大阪高裁は16日、県に約1540万円の支払いを命じた一審奈良地裁判決を支持し、県側と原告双方の控訴を棄却した。
 原告側代理人の弁護士によると、医師の当直勤務を時間外労働と認めた司法判断は一、二審ともに初めて。
 紙浦健二裁判長は、当直医に要請される入院患者の出産立ち会いや緊急手術、助産師との頻繁な連絡などは通常業務と同じで、法定の時間外勤務に該当すると指摘。「待機時間が多く、労働密度が薄い」との県側主張を退けた。 

すみません、昨夜書いた記事では宿直と当直を取り違えていました。

以下に修正します。

病院には医師が最低限1人常駐していなければなりません。それを我々が交代でやるわけです。

平均的にその間にあまり仕事がなければそれは、「宿直」です。宿直とは、ちょっとぐらい仕事があっても「しっかり眠れる」程度の仕事です。

一方で、救急病院は、次から次に患者さんが来る夜勤は、眠れないので「当直」という扱いです。当直には、「代休」を要する決まりです。

ところが我々の業界では、「当直」して「代休」をもらっていたら業務が回らないので、「宿直」ということにしています。

その宿直が違法、という判決です。

そりゃそうなんですが・・・マンパワーは足りないし財源の問題だってある・・・そこに言及せずに、杓子定規に文句を付けたらどうなるって・・・

もしかしたら、この国を支える重要な産科・救急医療を支えるところが崩壊するかも知れない判決です。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« ガス抜きも出来ないこんな世の中じゃ | トップページ | 同情と司法は別問題 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/37696663

この記事へのトラックバック一覧です: 宿直と当直の違い、パンドラの箱を開いた判決:

« ガス抜きも出来ないこんな世の中じゃ | トップページ | 同情と司法は別問題 »