« 軍靴の足音が、と一応言ってみる | トップページ | 日本人としては守ってあげないと »

2010年11月 8日 (月)

それは退陣フラグ

思い出すのは安倍首相です。彼も、所信表明演説で「職責を全うする」と言った2日後に辞意を表明しました。今の菅とは問題山積・ねじれ国会・展望が開けない、と状況が似ています。もしかして急転直下があるかも、と少しだけ期待してみます。

衆院予算委員会は8日午前、菅直人首相と全閣僚が出席して2010年度補正予算案に関する基本的質疑を行った。首相は、今後の政権運営について「わたし自身どこまで頑張りきれるか分からないが、物事が進んでいる限りは石にかじりついても頑張りたい」と述べ、全力で当たる決意を強調した。
 首相は「政権を担当したら4年間の衆院の任期を一つのめどとして一方の政党が頑張ってみる。4年後に(衆院)解散・総選挙で継続するかしないか国民の信を問うという考え方がこれから政治的な慣例になっていくことが望ましい」と述べた。いずれも民主党の近藤洋介氏への答弁。 

その安倍さんを悪し様に罵った口が、4年間やらせてと言う。

何と見苦しい民主党。

そして、

物事が進んでいる限りは

と加えることで、辞めたときの言い訳も立つようにしています。

決意も中途半端です。

実は、支持率を回復させる良い方法があるのですが。

仙谷を罷免する。

まあ、出来るようならやってみれば良いです。

なお、自分は安倍さんを嫌っているわけではありません。

むしろ方向性としては大好きです。

しかしあまりに国粋的過ぎました。

外国と繋がらない政治家は大成しない、という悪しき法則の格好の一例です。

小泉政権が長命だったのは、竹中平蔵を通じてアメリカに多大な利益供与の約束をしたからですが、だから彼を売国奴と言うのは早計と思います。

彼の治世で北朝鮮の拉致被害者が5人帰還しました。この国の近くに敵国が存在するという事実を国民が知りました。そしてそのシンパである社民党は絶滅寸前に追い込まれました。

売った分より多くの国益を得たのなら、それは優れた政治家だったのではないかと思っています。

Banner_13_2 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 軍靴の足音が、と一応言ってみる | トップページ | 日本人としては守ってあげないと »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

応援ぽちに参りました。
頑張って下さいませ!

投稿: 白ポーター | 2010年11月 8日 (月) 22時59分

本日も日付が変わったので応援に参りました。
これからも頑張って下さい!

投稿: 白ポーター | 2010年11月 9日 (火) 01時39分

そちらは大変なようですが・・・

ともかく、小説を楽しみにしています。
またよろしくお願いいたします。

投稿: プー | 2010年11月 9日 (火) 21時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/37578482

この記事へのトラックバック一覧です: それは退陣フラグ:

« 軍靴の足音が、と一応言ってみる | トップページ | 日本人としては守ってあげないと »