« 同情と司法は別問題 | トップページ | 「伝統」について考えてみた »

2010年11月18日 (木)

いつもの元気がない

軍隊が暴力装置なのはその通りなんだけど、よりによって自国の「自衛隊」に向かって言ってしまうとは、政治家としてはもちろん、日本人としても失格です。口を開けば問題発言ばかりの仙谷官房長官には早く辞めて欲しいです。

仙谷由人官房長官は18日の参院予算委員会で、自衛隊を「暴力装置」と発言、質問者の自民党の世耕弘成氏から抗議を受け撤回した。そのうえで「不適当だったので、自衛隊の皆さん方には謝罪する」と述べた。

 仙谷氏は自衛隊と他の公務員との政治的中立性の違いについて「暴力装置でもある自衛隊はある種の軍事組織でもあるから、シビリアンコントロール(文民統制)も利かないとならない」と発言。委員会室が騒然となったため答弁中に「実力組織と訂正させていただく」と言い換えた。【高山祐】

しかし気になるのは、「謝罪する」という文言が出たことです。

今までは、弱腰と言われれば柳腰だと返し、海保長官をクビにしろとか、原稿を盗撮されたから撮影規制だとか悪賢い発言が目立っていましたが、今回は「謝罪する」と言ったのは画期的なことです。疲れて気の利いたこと(?)を言う余裕がないのでしょうか。

政治家として不適格なのは周知の通りですが、それでも地位にしがみついている者に対して無理に罷免させることは現行法では不可能です。菅直人に罷免させる、というのも一つの手ですが

ならば、不適切発言などをしっかり糾弾してプレッシャーを掛け、ストレスを高めて病欠してもらうよりない、と思います。

いささか民主的手法ではない気もしますが、仕方ないのではないでしょうか。

モラルのない者に対し、モラルに基づいて挑んでも勝てませんので。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 同情と司法は別問題 | トップページ | 「伝統」について考えてみた »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/37722895

この記事へのトラックバック一覧です: いつもの元気がない:

« 同情と司法は別問題 | トップページ | 「伝統」について考えてみた »