« もう少しマシな言い訳は出来ないか | トップページ | 2011年6月東京ディズニーシーの混雑予想 »

2010年11月30日 (火)

民主党政権では防疫体制が不安

口蹄疫再びか・・・畜産農家の方々の不安は大きいです。4月の口蹄疫が大部分人災であったからには・・・今度こそ水際で防いで欲しいですが、民主党政権ではどうなることか。

農林水産省は30日、韓国の養豚農家で口蹄疫の感染が確認されたと発表した。同省は国内の畜産農家に消毒の徹底など警戒を呼びかけている。

 同省によると、同国南東部の慶尚北道(キョンサンプクト)の養豚農家2戸で異常のある豚が見つかり、29日に陽性と確認された。発生農家のほか、半径3キロ内にある約130戸の畜産農家の家畜が殺処分されるという。同国では今年1月に口蹄疫が発生、6月を最後に感染は止まっていた。

我が国の口蹄疫は4月からです。

政府民主党は、韓国の安全宣言を真に受けて3月から韓国豚の輸入を再開しました。

このとこから、口蹄疫が韓国から渡ってきた可能性は大です。

同省は国内の畜産農家に消毒の徹底など警戒を呼びかけている。

果たして、これに十分な消毒薬の配布などを農水省が行っているかどうか。

4月の口蹄疫の際には、消毒薬を宮崎県ではなく岩手県や韓国に配布していました。

政府がしっかり対策しているかどうか、我々がしっかり監視しなくてはなりません。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« もう少しマシな言い訳は出来ないか | トップページ | 2011年6月東京ディズニーシーの混雑予想 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/37904749

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党政権では防疫体制が不安:

« もう少しマシな言い訳は出来ないか | トップページ | 2011年6月東京ディズニーシーの混雑予想 »