« 通貨安政策の弊害 | トップページ | こっちでもバブル真っ盛り »

2010年10月21日 (木)

菅も仙谷も橋下を見習え

無礼な仕打ちを受けたら抗議する。国際社会では当然のことです。橋下知事はそれが出来たので、今度は相手から丁重な扱いを受けています。それが出来ないと足元を見られて舐められるのです。菅も仙谷も反省したでしょうか?

大阪府の橋下徹知事が上海万博の閉幕イベントへの招待を万博事務局からキャンセルされた問題で、橋下知事は21日、中国側から改めて招待を受けたことを報道陣に明らかにした上で、「断る理由はない。日中がこういう(緊迫した)状況だからこそ上海に行き、政府間で話をする礎を築きたい」と述べた。

 29日~11月1日の日程で、31日に開かれる上海万博サミットフォーラムで講演するという。

 橋下知事によると、中国総領事から「万博事務局の手違いでお騒がせした。招待の意思は全く変わらないので、中日友好のためにぜひお越し下さい」と連絡があったという。知事は「信頼が崩れるのは簡単だ。万博に出席し、意見交換する中で築いていければいい」と話した。

それにしても中国。あくまで自分に非は無いと主張しています。こういう思想の相手に対して、最初から頭を下げるような外交ではつけ込まれるだけです。

今回の橋下知事の対応は、日本の外交のあるべき姿を示したと言えます。

あとは、夜の街に気を付けなくてはなりませんが。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 通貨安政策の弊害 | トップページ | こっちでもバブル真っ盛り »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/37331064

この記事へのトラックバック一覧です: 菅も仙谷も橋下を見習え:

» 上海万博側が再要請で橋下知事「やっぱり出席」 討論は辞退 [大阪府知事 橋下徹を応援するブログ]
事務局の手違いか何かは知らないが、非を認めたわけですよ。 一方、橋下知事は、前日に「マイナス2万点」と中国との信頼関係を表現していました。 このような状況で、上海行きを否定されてる方もいるかもしれませんが、私は、この状況だからこそ、大きな顔して行ってきてもらいたいと思いますけどね。 そして、上海で、当局の要人と会談し、こう要求するのです。 信頼関係を取り戻すために、 「マイナス2万点」を1点に..... [続きを読む]

受信: 2010年10月21日 (木) 17時40分

« 通貨安政策の弊害 | トップページ | こっちでもバブル真っ盛り »