« YOSHIKIはPlummer病かな | トップページ | 見苦しいことこの上ない »

2010年10月 9日 (土)

この動きに追随するのが正しい外交

中国人初のノーベル賞が「犯罪者」の「平和賞」とは、何という皮肉。中国は早速ノルウェー大使を呼び出したそうですが、そんな恫喝外交が通じるのは日本くらいです。逆に人権侵害国家として世界中を敵に回す行為だとは思わないのでしょうか?

【北京時事】中国の獄中にいる民主活動家、劉暁波氏(54)へのノーベル平和賞授与決定を受け、オバマ米大統領をはじめ、フランスやドイツなどが劉氏の早期釈放を相次いで求めた。民主化・人権問題で対中包囲網を形成しようとする欧米諸国に対し、中国は「内政干渉」と取り合わぬ姿勢を示し、徹底的に対抗する構えだ。

以前から、ノーベル平和賞の選定がかなり恣意的に行われてきたというのは知られたことです。正当な受賞理由のある人も多いですが、ある時はアメリカの太鼓持ち、ある時はアメリカに抗議する者、さらに何の実績もなく期待感だけで受賞する人もいました。

そんな中で、今回の平和賞の選定に何らかの意思が込められているとすれば、中国の現体制に何らかの大きな変化を企図しているのかもしれません。

欧米各国が中国に対して圧力を強めている今、日本はチャンスなのです。

こういう時にフジタ社員の釈放を要求するのです。

卑怯かもしれませんが、それが外交というものです。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« YOSHIKIはPlummer病かな | トップページ | 見苦しいことこの上ない »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/37150417

この記事へのトラックバック一覧です: この動きに追随するのが正しい外交:

« YOSHIKIはPlummer病かな | トップページ | 見苦しいことこの上ない »