« この動きに追随するのが正しい外交 | トップページ | 政治の文化大革命は成りましたか? »

2010年10月14日 (木)

見苦しいことこの上ない

なんでそんなに裁判を受けたくないのか。自身の主張する通りに潔白なら、何も恐れずに法廷に立てば良いのに。こんなことをするから余計に国民から怪しいと見られてしまうのだ。

小沢一郎民主党元代表の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件で、小沢氏側は14日までに、国を相手に、東京第5検察審査会の起訴議決について、「検察審査会法に反する」として無効確認などを求める行政訴訟を15日、東京地裁に起こすことを決めた。
 検察審の議決をめぐっては、行政訴訟の対象とはならないとの最高裁判例があるが、小沢氏の弁護団は検察審査会法の改正で起訴議決制度が導入されたことから、判例は効力を失っていると主張するとみられる。 

最高裁判例があるのに「無効確認」など出来ないと思いますが。

もしかして、東京地裁の受理した窓口の担当判事によっては議決無効の仮処分くらいしてくれるのかな?

それでも所詮時間稼ぎでしょう。

必至をかけられて無理矢理に王手をかけている状況に見えます。

そもそも、今回の件で有罪にできるような証拠なんて陸山会事件の初期の段階で民主党事務所が火事になって全焼した際にみんな無くなっているでしょう。

それなのに何を怯えている? と思います。

もしかして、法律に(だけは)詳しい仙谷が何か握っているのかも?

内ゲバでも何でもしていれば良いと思います。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« この動きに追随するのが正しい外交 | トップページ | 政治の文化大革命は成りましたか? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/37228901

この記事へのトラックバック一覧です: 見苦しいことこの上ない:

« この動きに追随するのが正しい外交 | トップページ | 政治の文化大革命は成りましたか? »