« 共存するしかない | トップページ | 日本のマスコミは本当に腐っている »

2010年10月 2日 (土)

明日の枝野に注目

これは近年まれに見る爆弾発言です。仮にも政治家の発言です。そこいらのブログや2chとは違います。枝野が明日どうなっているか、非常に興味深いです。

民主党の枝野幸男幹事長代理は2日午後、さいたま市内で講演し、尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件をめぐって緊張関係が続く中国を「あしき隣人」と呼び、激しく批判した。
 枝野氏は「日本が中国とどういう距離感で付き合うかを確認するいい機会だった」と衝突事件を振り返る一方、「(中国は)あしき隣人だが、隣人は隣人だから、それなりの付き合いをしていかなければならない。米国や韓国のような政治体制や価値観を共有できる国とは違う」と断じた。
 さらに「法治主義の通らない国だから、(フジタの社員が)突然拘束されるとかいろんなことがあり得る」と指摘、「そういう国と経済的なパートナーシップを組むという企業はよほどお人よしだ」と語った。 

言っていることは我々の思いを代弁した内容で、結構同意出来る内容です。

しかし、

中国に世話になっている民主党の議員が、

公式の場でこんなことを言ってしまうなんて、

信じられません。

通常、こんなことを言ったらタダでは済みません。

明日は中国が激しく抗議し、菅か仙石あたりがその意を受けて枝野を一兵卒に降格する、というのが本線です。

最悪、中国が更に報復行為に出るかも知れません。

もし万が一、そんなことにならなかったら・・・

そんなことを妄想したりもします。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 共存するしかない | トップページ | 日本のマスコミは本当に腐っている »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/37044996

この記事へのトラックバック一覧です: 明日の枝野に注目:

« 共存するしかない | トップページ | 日本のマスコミは本当に腐っている »