« ガス抜きがガス爆発に | トップページ | 通貨安政策の弊害 »

2010年10月19日 (火)

インテリヤクザと思っていたけど

弁の立つ人間、少年の頃はカッコイイと思っていたものですが社会人になって理解しました。口だけ達者で中身のない人間はむしろ有害でしかないことを。仙谷に至っては与党内からも批判されるほどの害毒です。

民主党の平田健二参院幹事長は19日の記者会見で、仙谷由人官房長官の国会答弁をめぐり「不適切」との批判が出ていることに関し「国会運営で(与党が)野党から責められるのは迷惑千万だ。大臣の答弁と行動で、野党に謝罪しなければならないのはもってのほかだ」と述べ、苦言を呈した。
 平田氏は「政府だから慎重に的確に質問に対して答えることは当然だ」と強調した。 

仙谷の酷い国会答弁の一端ですが、

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201010/2010101700082&rel=y&g=pol

15日まで4日間にわたり開かれた衆参両院の予算委員会は、さながら仙谷氏の「独り舞台」のようだった。漁船衝突事件への政府の対応を批判した自民党の石原伸晃幹事長には、「弱腰と思っていない。『柳腰』というしたたかで強い腰の入れ方もある」と切り返し、新聞報道を引用して事実関係をただした同党の山本一太参院政審会長に対しては、「最も拙劣な質問方法」と声を荒らげて非難した。
 質問されていないのに答弁することも多く、政府参考人として出席した経済産業省の古賀茂明氏が公務員制度改革への政府の取り組みを批判すると、仙谷氏は「こういうやり方は彼の将来を傷つける」と発言。野党が「どう喝だ」と反発し、審議は中断した。

「柳腰」に「強い」なんて意味はありませんよ!

「俺に逆らったら左遷だ」ってヤクザそのもの!

今まで口だけで凌いできたのだな・・・と思うと悲しくなりますが、最大の悲劇は、こんな人間が日本国の中枢を占めていることですね。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« ガス抜きがガス爆発に | トップページ | 通貨安政策の弊害 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/37305243

この記事へのトラックバック一覧です: インテリヤクザと思っていたけど:

« ガス抜きがガス爆発に | トップページ | 通貨安政策の弊害 »