« 粛清人事を選んだ理由は? | トップページ | 中国の嫌がらせに負けるな »

2010年9月18日 (土)

これで処罰されるようなら・・・

現実として仕方ない事例です。分かりやすく例えるなら、スピード違反で捕まる、というくらいの理不尽さがあります。実際には、施設に悪意のある何者かがタレ込んだのでしょう。当局には寛大な処置を望みます。

大阪府箕面市の社会福祉法人「あかつき福祉会」が運営するケアホーム(共同生活介護施設)で、介護職員が糖尿病の入所者に対するインスリン注射などの医療行為を7年間にわたり無資格で行ってことが17日、分かった。大阪府は、無資格の医療行為を禁じた医師法や保健師助産師看護師法などに違反する可能性があるとして、近く施設を立ち入り調査する方針を固めた。

 あかつき福祉会によると、少なくとも平成15年1月以降、同法人が運営する箕面市内の授産施設に勤務する介護職員が、I型糖尿病の男性入所者に対し、1日2回、インスリン注射を投与。男性には重度の行動障害があり、入所前は自宅で男性の家族がインスリン注射を行っていたという。

 医師法などによると、医療行為を業務として行えるのは、厚生労働省の通知などで示された行為を除いて、原則として医師または医師の指示を受けた看護師などに限定。糖尿病患者本人や家族は、医師や看護師からインスリンの取り扱い方や注射器の使い方などの詳細な指導を受けてインスリン注射を行っている。

 同法人は産経新聞の取材に対し「男性が自分で注射を打てるよう施設で練習したが、うまくいかなかった。行動障害もあり、自分で注射するのは危険と判断し、やむを得ず職員が注射を打った」と説明。「ペン型注射器が普及し始めた時期で、職員でも安全に打てるだろうと考えていた」としている。

インスリン注射は、前述にもありますが、やって良いのは医師・看護師・本人・家族までです。そうでない介護スタッフは、注射の準備はして良いけど、実際の注射だけは本人で、と言うことになっています。

今回の件では、実際の注射までスタッフが行った、ということで問題になっています。

でも、これがダメならどうしろと言うのか!?

施設に看護師を常駐させる?

さもないと業務停止ですか?

それとも、

1日2回家族を呼ぶ?

家に帰しますか?

はたまた、インスリン注射を止めますか!?

いずれにしても幸せにはなれないと思います。

そんな現実に横槍を入れた大阪府、どう始末を付けてくれるのでしょう。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 粛清人事を選んだ理由は? | トップページ | 中国の嫌がらせに負けるな »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/36802071

この記事へのトラックバック一覧です: これで処罰されるようなら・・・:

« 粛清人事を選んだ理由は? | トップページ | 中国の嫌がらせに負けるな »