« 中国はイラクかアフガン並 | トップページ | それでも、小沢だけはダメだ »

2010年9月24日 (金)

日本外交の敗北

がっかりな結末です。折角アメリカの支援らしき約束を取り付けたのに。レアアース禁輸やフジタ職員拘束などで中国に締め上げられた日本の財界からの圧力があったのでしょう。目先の利益のために将来の日本国を売り渡した形であり、とても残念です。

沖縄・尖閣諸島付近の日本領海で海上保安庁の巡視船に中国漁船が衝突した事件で、那覇地検は24日、中国人船長を処分保留で釈放すると発表した。

 那覇地検は処分保留とした理由について「わが国国民への影響や、今後の日中関係を考慮した」と述べた。

おそらく中国はこの後、

「日本の逮捕は不当だった」

と言うでしょう。

中国が再び尖閣諸島沿岸に乗り付けても逮捕出来なくなります。

日本外交の敗北です。

日本の外交はこんなことばっかりです。

政権交代して素人がリーダーになれば、ヤクザ国家相手の外交なんか不可能です。

そう言う点では、中国の一党独裁が羨ましくなります。

Banner_13_2 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 中国はイラクかアフガン並 | トップページ | それでも、小沢だけはダメだ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。まったく今回の決定には呆れますね。途中までは予想外にタフにやってるなと思いましたが、結果はこのザマでした。
船長の身柄というカードも自ら捨ててるんですから、
もう日本には有効なカードがないですね。
後は尖閣諸島に自衛隊を配備するしかないです。
経済よりも主権、領土のほうが大事なんですが、それを守る気概もない。
憲法9条を廃止するなりして、交戦できる普通の国にすることがなによりですね。
フォークランド紛争のイギリスが羨ましいかぎりです。反日デモに参加した岡崎トミ子や仙石のような元社会党、全共闘のユートピア社会主義者が政権にいるんじゃまともに戦えないです。

投稿: スタフカ | 2010年9月26日 (日) 23時52分

コメントありがとうございます。

こんな体たらくで、後から「謝罪も賠償もしない」などと言っても手遅れですね。

これを機に平和ボケの日本人が目を醒ませば、意味もあったと言えるのでしょうが、どうでしょうか。

投稿: プー | 2010年9月27日 (月) 06時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/36902839

この記事へのトラックバック一覧です: 日本外交の敗北:

« 中国はイラクかアフガン並 | トップページ | それでも、小沢だけはダメだ »