« 日本外交の敗北 | トップページ | ハロウィーンのバケーションパッケージ »

2010年9月25日 (土)

それでも、小沢だけはダメだ

国恥とも言うべき船長解放から一夜明け。予想通り中国は謝罪と賠償を要求。国内では与野党から批判の嵐。混乱に乗じて一気に尖閣諸島上陸まで持って行かれそうな悪寒です。

那覇地検が、尖閣諸島周辺の日本領海での巡視船への衝突事件で逮捕、送検されていた中国人船長を処分保留で釈放する決定を公表したことに24日、与党・民主党からも失望や疑問の声が相次いだ。党代表選後、内閣支持率の上昇に勢いを得た菅首相だが、中国の圧力に屈服した格好の今回の決定は、今後の政権運営に大きな影響を与えそうだ。菅直人首相の求心力低下にもつながり、民主党代表選で首相に敗れたばかりの小沢一郎元幹事長の「復権」を早めることになるかもしれない。

してみるとこの動きは、代表選に敗れた小沢を復権させようと中国が画策している、と読むべきなのでしょうか。

小沢には中国とのパイプがあるからこんな時でも巧くやれる、と思わせているのでしょうが、間違っています。

忘れてはならないのが、去年末の小沢の訪中。

「自分は人民解放軍の野戦司令官

そう言って、大勢の部下共々胡錦濤と一緒に写真に納まった男です。

小沢首相なら、中国による日本支配が摩擦なく行われる、だけのことです。

そりゃ、中国だって本当の戦争はしたくないでしょうから。出来れば穏便に、です。

さて、国家の決定に対して非難囂々、と言えば、日比谷焼討事件を思い出します。日露戦争の講和条件に不満だった民衆が暴動を起こしたものです。日本もギリギリの状況だったため、大した譲歩は得られなかったのが真実でしたが、国民は連戦連勝の報道を鵜呑みにしていたので多額の賠償金が得られると勘違いしていたのです。

日中間の駆け引きについて言えば、報道されている内容と真実の間に大した差はないでしょう。

あとは、日米首脳会談で何が話し合われたかです。

ディープな内容は、当然公開されませんが、大事なのはまさにその内容です。

もし、

増長している中国を、そろそろ懲らしめてやろうぜ

のような話が出ていたとしたら、今回の決定に対する評価は後に覆ります。

但し、アメリカに対して、中国より日本と組んだ方が良いと思わせる何かを示すことが出来たかどうか、或いはその手腕について・・・現政権の実力は低いでしょう。よしんばそれが出来たとして、その対価としてアメリカに与えるものがとても大きいものではないかと思います。

もしそういうことも出来ずに、このまま日本が中国に譲歩に譲歩を重ねることになるとしたら・・・

日本は、もし大東亜戦争を起こさなかったらどうなっていたか、という歴史のIFを、時代を超えて経験し始めている、ということかもしれません。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 日本外交の敗北 | トップページ | ハロウィーンのバケーションパッケージ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

菅政権は、ヤクザ国家・中国の圧力に簡単に屈服する政権であることを世界に証明し、悪しき事例を残した。
弱腰の菅・仙谷政権を潰さなければ、尖閣諸島はヤクザ中国に実効支配される可能性がある。
野党各党はそれぞれの立場で国会において徹底的に菅・仙谷政権を追及し、衆院解散に追い込んで頂きたい。
日本国のために菅及び仙谷を含む民主党の全ての左傾議員を落選させる必要がある。

投稿: 左巻き菅 | 2010年9月25日 (土) 12時41分

コメントありがとうございます。
麻生政権ならこんな事はなかったですね。

日本国民のすべきことは、現政権を徹底的に不支持して解散に追い込み、愛国者を国会にたくさん送り込むことでしょうね。

投稿: プー | 2010年9月25日 (土) 15時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/36917891

この記事へのトラックバック一覧です: それでも、小沢だけはダメだ:

« 日本外交の敗北 | トップページ | ハロウィーンのバケーションパッケージ »