« 今、日本で一番の売国奴 | トップページ | 日本外交の敗北 »

2010年9月24日 (金)

中国はイラクかアフガン並

中国の危険度は今や、紛争地域並です。いや、それ以上か? あの件では相当に「自己責任」が言われたけど、こっちは仮にも両国間での約束に基づいて現地入りした人達が拘束されたので、危険のレベルが違います。

中国河北省石家荘市の軍事管理区域内に無断で侵入し、撮影したとして日本人4人が国家安全当局の取り調べを受けている問題で、準大手ゼネコン「フジタ」(東京都渋谷区)は24日未明、4人が同社社員である可能性が高いことを明らかにした。いずれも21日以降連絡が取れなくなっている。

彼等が本当に禁止区域に進入したのか疑わしいです。どう考えても尖閣諸島問題の絡みです。

尖閣諸島問題で大事なのはアメリカです。

日本に対して、

米長官「尖閣は安保条約の対象」

と言ってもらえたのに対して中国には、

人民元、迅速かつ大幅な上昇を=オバマ大統領が要求

と、尖閣諸島問題はスルーされました。

旗色が悪いと見た中国が、日本人を人質に取って尖閣諸島問題を有利に進めようとしているのです。

この件で人質交換が行われたとしても、中国は叫ぶでしょう。

「(日本に逮捕された)船長は処罰されなかった。尖閣諸島は我々中国のものなのだから当然だ

テロリストの要求に屈してはならないのが国際社会の基本ですが、

今回はどうしましょう??

前原外相にはとりあえず、

「尖閣諸島絡みで日本人が不当に拘束された」

「中国への渡航は安全の保証が出来ない」

くらいは言って、世界を味方に付けてしてほしいものです。

本当に、今は日本外交の重大な分岐点です。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

|

« 今、日本で一番の売国奴 | トップページ | 日本外交の敗北 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/420968/36900106

この記事へのトラックバック一覧です: 中国はイラクかアフガン並:

« 今、日本で一番の売国奴 | トップページ | 日本外交の敗北 »