« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月29日 (水)

だからといって医学部増設は下の下策

「現状において」この国に医師は全然足りていません。それは真実です。しかしこれを医師の増員と直接結びつけてはいけません。

医師不足の実態を把握するため、厚生労働省が全国の病院と分娩取り扱い診療所を対象に行った調査の結果が明らかになった。それによると、各施設が担う診療機能を維持するために確保すべき医師数は、全国総数で現員医師数16万7063人の1.14倍となる19万1096人で、約2万4000人の医師が不足していることが明らかになった。

医師(免許保持者)の総数は25万人くらいと習った気がするのですが(10年以上前です)、Wikipedia「医師不足」によると今は29万人くらいのようです。「現員」つまり実働でしょうけど、17万人くらいしかいない、ということは、随分と現場を離れた医師がいるのだと驚きます。

ということは、

現場を離れている医師を呼び戻すだけで結構足りてしまう

ことになります。

それは簡単ではないでしょうけど、医学部増設するよりは余程楽なはずです。

医学部増設などしたら、それに係るコストは膨大で、その教員として多数の現場医師が引き抜かれ、それでも医師育成に10年は要し、一旦増やしたら削減は大変困難です。

むしろ、このデータを見てなお医学部増設を叫ぶ者は、その利権に与る者なのでしょう。

さてそれから、もう少し将来を見据えた場合ですが。

医師を増やさなくても相対的に医師余りになります。

なぜなら、この国が国債を発行出来なくなった時に医療費の総枠が激減するからです。

国民健康保険制度、少なくとも老人医療は崩壊し、寝たきり老人を中心に今までのような医療が行えなくなります。そういう人達が次々に亡くなれば、患者数が激減することになります。

これでも「まだマシな」シナリオです。最悪の結末を考えると寒気がします。

これから老人になる人達には厳しい時代が待っています。

今から健康管理に心掛けましょう。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月27日 (月)

大事なのは実行力

言葉は勇ましいですし、良いことを言っていると思いますが、大事なのは実行出来るかどうかです。弱い正義など無力です。また、気を付けなくてはならないのは、ポーズで言っている可能性もあることです。

民主党の松原仁衆院議員らは27日午前、国会内で記者会見し、沖縄・尖閣諸島周辺での中国漁船衝突事件で中国人船長が釈放された問題を受け、尖閣諸島への自衛隊常駐の検討などを政府に求める声明を発表した。声明には同党の中堅・若手の国会議員有志12人が賛同した。

記事のリンクには有志「73人」ともあり、結構な勢力です。これが本当なら、日本の夜明けかとも思えるのですが、「民主党」であるからには眉唾です。

松原仁議員は結構しっかりした保守派なので良いですが、他の面子はどうか。尖閣諸島問題で生じた強い世論に乗っかろうというスケベ心から賛同しているのでは、と気になります。

特に、誰とは言わないが、小沢訪中団参加者

小沢が「尖閣諸島は日本の領土」と宣言したのと同じくらいの胡散臭さを感じます。

果たして、この「有志」がどれくらい本気なのか。或いは力を持つのか。

仙石をクビに出来たら評価しましょう。

離党してくれても良いけど。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月25日 (土)

ハロウィーンのバケーションパッケージ

悲しいニュースばかりですが、今回はインパの話です。

我が家はバケーションパッケージ、「ディズニー・ハロウィーン」を楽しむ2DAYSで行ってきました。

http://www.tokyodisneyresort.co.jp/vm/package/201010sp11.html

ランドとシーのハロウィーンイベントを楽しめるプランです。

まずはランドの方、

ディズニー・ハロウィーンストリート“ウェルカム・トゥ・スプーキーヴィル”

の指定席です。

Rimg0080

場所はパートナー像脇のスペースです。パレードにおけるミッキーポジ。撮影向きのポジションです。逆に、ダンサーが好きな人、一緒に盛り上がりたい人には向きません。

視野が広くて良いですが、特筆すべきは視点の高さ。今回は特に、通常のパレード鑑賞の視点からは、

ミッキーが檻に入れられているようだ

と表現された窮屈感が、この場所からは感じられません。

Rimg0448

こんな感じに。

結構良かったと思います。

もう一つは、シーの方のミステリアス・マスカレード。

Rimg0057

近すぎず遠すぎず、という場所でしょうか。よく見えるかどうかは、ひとえに前の人の頭の高さ次第です。

Rimg0158

華麗で妖しいショーでした。今回はこれが見たかったので自分は満足です。

帰りの車では3歳近い息子が、ゴーストに取り憑かれたかの如く暴れていました。

連休最終日は意外と混雑しませんでした。自分の評価ではランド・シーともに「D」レベル。夕方でもスペースマウンテンのFPが取れてしまうくらいです。

これから行かれる方、特にバケーションパッケージの方に、参考になればと思います。

Banner_13_2 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

それでも、小沢だけはダメだ

国恥とも言うべき船長解放から一夜明け。予想通り中国は謝罪と賠償を要求。国内では与野党から批判の嵐。混乱に乗じて一気に尖閣諸島上陸まで持って行かれそうな悪寒です。

那覇地検が、尖閣諸島周辺の日本領海での巡視船への衝突事件で逮捕、送検されていた中国人船長を処分保留で釈放する決定を公表したことに24日、与党・民主党からも失望や疑問の声が相次いだ。党代表選後、内閣支持率の上昇に勢いを得た菅首相だが、中国の圧力に屈服した格好の今回の決定は、今後の政権運営に大きな影響を与えそうだ。菅直人首相の求心力低下にもつながり、民主党代表選で首相に敗れたばかりの小沢一郎元幹事長の「復権」を早めることになるかもしれない。

してみるとこの動きは、代表選に敗れた小沢を復権させようと中国が画策している、と読むべきなのでしょうか。

小沢には中国とのパイプがあるからこんな時でも巧くやれる、と思わせているのでしょうが、間違っています。

忘れてはならないのが、去年末の小沢の訪中。

「自分は人民解放軍の野戦司令官

そう言って、大勢の部下共々胡錦濤と一緒に写真に納まった男です。

小沢首相なら、中国による日本支配が摩擦なく行われる、だけのことです。

そりゃ、中国だって本当の戦争はしたくないでしょうから。出来れば穏便に、です。

さて、国家の決定に対して非難囂々、と言えば、日比谷焼討事件を思い出します。日露戦争の講和条件に不満だった民衆が暴動を起こしたものです。日本もギリギリの状況だったため、大した譲歩は得られなかったのが真実でしたが、国民は連戦連勝の報道を鵜呑みにしていたので多額の賠償金が得られると勘違いしていたのです。

日中間の駆け引きについて言えば、報道されている内容と真実の間に大した差はないでしょう。

あとは、日米首脳会談で何が話し合われたかです。

ディープな内容は、当然公開されませんが、大事なのはまさにその内容です。

もし、

増長している中国を、そろそろ懲らしめてやろうぜ

のような話が出ていたとしたら、今回の決定に対する評価は後に覆ります。

但し、アメリカに対して、中国より日本と組んだ方が良いと思わせる何かを示すことが出来たかどうか、或いはその手腕について・・・現政権の実力は低いでしょう。よしんばそれが出来たとして、その対価としてアメリカに与えるものがとても大きいものではないかと思います。

もしそういうことも出来ずに、このまま日本が中国に譲歩に譲歩を重ねることになるとしたら・・・

日本は、もし大東亜戦争を起こさなかったらどうなっていたか、という歴史のIFを、時代を超えて経験し始めている、ということかもしれません。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月24日 (金)

日本外交の敗北

がっかりな結末です。折角アメリカの支援らしき約束を取り付けたのに。レアアース禁輸やフジタ職員拘束などで中国に締め上げられた日本の財界からの圧力があったのでしょう。目先の利益のために将来の日本国を売り渡した形であり、とても残念です。

沖縄・尖閣諸島付近の日本領海で海上保安庁の巡視船に中国漁船が衝突した事件で、那覇地検は24日、中国人船長を処分保留で釈放すると発表した。

 那覇地検は処分保留とした理由について「わが国国民への影響や、今後の日中関係を考慮した」と述べた。

おそらく中国はこの後、

「日本の逮捕は不当だった」

と言うでしょう。

中国が再び尖閣諸島沿岸に乗り付けても逮捕出来なくなります。

日本外交の敗北です。

日本の外交はこんなことばっかりです。

政権交代して素人がリーダーになれば、ヤクザ国家相手の外交なんか不可能です。

そう言う点では、中国の一党独裁が羨ましくなります。

Banner_13_2 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

中国はイラクかアフガン並

中国の危険度は今や、紛争地域並です。いや、それ以上か? あの件では相当に「自己責任」が言われたけど、こっちは仮にも両国間での約束に基づいて現地入りした人達が拘束されたので、危険のレベルが違います。

中国河北省石家荘市の軍事管理区域内に無断で侵入し、撮影したとして日本人4人が国家安全当局の取り調べを受けている問題で、準大手ゼネコン「フジタ」(東京都渋谷区)は24日未明、4人が同社社員である可能性が高いことを明らかにした。いずれも21日以降連絡が取れなくなっている。

彼等が本当に禁止区域に進入したのか疑わしいです。どう考えても尖閣諸島問題の絡みです。

尖閣諸島問題で大事なのはアメリカです。

日本に対して、

米長官「尖閣は安保条約の対象」

と言ってもらえたのに対して中国には、

人民元、迅速かつ大幅な上昇を=オバマ大統領が要求

と、尖閣諸島問題はスルーされました。

旗色が悪いと見た中国が、日本人を人質に取って尖閣諸島問題を有利に進めようとしているのです。

この件で人質交換が行われたとしても、中国は叫ぶでしょう。

「(日本に逮捕された)船長は処罰されなかった。尖閣諸島は我々中国のものなのだから当然だ

テロリストの要求に屈してはならないのが国際社会の基本ですが、

今回はどうしましょう??

前原外相にはとりあえず、

「尖閣諸島絡みで日本人が不当に拘束された」

「中国への渡航は安全の保証が出来ない」

くらいは言って、世界を味方に付けてしてほしいものです。

本当に、今は日本外交の重大な分岐点です。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月22日 (水)

今、日本で一番の売国奴

記事の写真を見ていたら、仙石が盧武鉉に見えてきました。先日の介入の際の82円発言もそうですが、この男がたった一言喋るだけで国益を大きく損ないます。分かっていなかったら大馬鹿、分かって言っていたら極悪人です。

仙谷由人官房長官は22日午前の記者会見で、尖閣諸島沖での漁船衝突事件を巡り中国の温家宝首相が中国人船長の即時無条件釈放を求めたことについて、「大局的、戦略的話を含めて、早急にハイレベルの話し合いを行われた方がいい」と述べた。

仙石の発言は、前原外相が踏ん張っているのを後ろから撃つようなものです。

中国が「対話しない」と言っているのだから、日本も強気に出なくてはいけません。こっちから折れたらその時点で負けです。

次には、「漁船」とやらの尖閣諸島への上陸を許すことになるでしょう。日本は尖閣諸島を失います。

日本としては、中国側から対話を再開せざるを得ない状況を作っていかなくてはならないのです。

日本企業の中国からの撤退、ODA他の支援を凍結、尖閣諸島への自衛隊派遣、独立や民主化運動の支援など、この国でも出来ることはいくつもあります。

そうやって相手を苦しめた上でアメリカに仲裁に出てもらうのが、大人の外交というものでしょう。

仙石は即刻クビにすべきです。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月20日 (月)

中国の嫌がらせに負けるな

中国、本当にヤクザ国家です。代表選で小沢が負けたのが余程悔しかったのでしょう。日本はこんなヒステリックな対抗措置に屈してはいけません。毅然とした対応を行い、向こうに頭を下げさせましょう。

沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)近くで中国漁船が日本の海上保安庁巡視船に衝突した事件で、石垣簡易裁判所は19日、公務執行妨害容疑で逮捕・送検された中国人船長、※其雄容疑者(41)について、拘置期限の10日間延長を認める決定をした。中国外務省は同日夜、日中間の閣僚級以上の交流を停止したほか、航空路線の増便を巡る政府間交渉に向けた接触を停止するなどの対抗措置を明らかにした。中国国営・新華社通信が伝えた。(※は「簷」の竹カンムリを取る)

菅政権の唯一のメリットは「媚中でない」ことです。

先日の代表選は、小沢=中国と菅=韓国の代理戦争でした。二人とも売国奴であることに変わりはないですが、相手国が日本を滅ぼす力を持っているかどうか、この一点のため、自分は菅勝つべしと言いました。

小沢が勝っていたらこんな問題は起こらなかったと言われるかも知れません。

しかし、こんなヒステリックなことをする国とまともなパートナーシップなど築けるはずがありません。

利用された末に滅ぼされるだけです。

中国はおそらく必死なのです。

中国経済は、必死に取り繕っていても、不動産バブル、労働者の賃上げ、環境問題などは漏れてきます。好調と言われる経済も遠からず墜落するでしょう。

そんな時期に日本は、外相が前原、財務相が野田と、能力はともかく保守派で固めました。あとはバリバリの韓国派だけど

日本は、国を傾けてまで中国を助けるつもりはない。

という強い意思表示を感じます。

これからも中国の嫌がらせは続くでしょうが日本国債買いで円高誘導かな、負けずに頑張って欲しいです。

Banner_13_2 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年9月18日 (土)

これで処罰されるようなら・・・

現実として仕方ない事例です。分かりやすく例えるなら、スピード違反で捕まる、というくらいの理不尽さがあります。実際には、施設に悪意のある何者かがタレ込んだのでしょう。当局には寛大な処置を望みます。

大阪府箕面市の社会福祉法人「あかつき福祉会」が運営するケアホーム(共同生活介護施設)で、介護職員が糖尿病の入所者に対するインスリン注射などの医療行為を7年間にわたり無資格で行ってことが17日、分かった。大阪府は、無資格の医療行為を禁じた医師法や保健師助産師看護師法などに違反する可能性があるとして、近く施設を立ち入り調査する方針を固めた。

 あかつき福祉会によると、少なくとも平成15年1月以降、同法人が運営する箕面市内の授産施設に勤務する介護職員が、I型糖尿病の男性入所者に対し、1日2回、インスリン注射を投与。男性には重度の行動障害があり、入所前は自宅で男性の家族がインスリン注射を行っていたという。

 医師法などによると、医療行為を業務として行えるのは、厚生労働省の通知などで示された行為を除いて、原則として医師または医師の指示を受けた看護師などに限定。糖尿病患者本人や家族は、医師や看護師からインスリンの取り扱い方や注射器の使い方などの詳細な指導を受けてインスリン注射を行っている。

 同法人は産経新聞の取材に対し「男性が自分で注射を打てるよう施設で練習したが、うまくいかなかった。行動障害もあり、自分で注射するのは危険と判断し、やむを得ず職員が注射を打った」と説明。「ペン型注射器が普及し始めた時期で、職員でも安全に打てるだろうと考えていた」としている。

インスリン注射は、前述にもありますが、やって良いのは医師・看護師・本人・家族までです。そうでない介護スタッフは、注射の準備はして良いけど、実際の注射だけは本人で、と言うことになっています。

今回の件では、実際の注射までスタッフが行った、ということで問題になっています。

でも、これがダメならどうしろと言うのか!?

施設に看護師を常駐させる?

さもないと業務停止ですか?

それとも、

1日2回家族を呼ぶ?

家に帰しますか?

はたまた、インスリン注射を止めますか!?

いずれにしても幸せにはなれないと思います。

そんな現実に横槍を入れた大阪府、どう始末を付けてくれるのでしょう。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月17日 (金)

粛清人事を選んだ理由は?

外相・前原という人事は面白いです。論功行賞的な面が強いのでしょうが、親米派の前原が民主党のアジア外交に一石を投じることを期待したいです。しかし小沢派を粛清して人材が足りるかが心配です。

菅直人首相は16日、内閣改造・民主党役員人事で、枝野幸男幹事長の後任に岡田克也外相の起用を決めた。岡田氏は仙谷由人官房長官、枝野氏と並ぶ非小沢系の代表格。首相は小沢一郎前幹事長が党の「人事権とカネ」を握っていた「二重権力」が鳩山政権の足かせになったとの認識から、政府・党の中枢を非小沢系で固める「脱小沢」路線の強化を選んだ。岡田氏の後任外相には前原誠司国土交通相が横滑りし、枝野氏は幹事長代理として岡田氏を支える。首相は残る閣僚人事の調整も進め、菅改造内閣が17日に発足する。

(中略)

菅首相は16日、小沢氏と輿石東参院議員会長に代表代行就任を打診したが、輿石氏は「参院議員会長との兼務は無理」と固辞。小沢氏とは直接連絡がとれず、小沢氏の秘書を通じて伝えたが、回答はなかった模様。形式的に「挙党態勢」を既成事実化されるのを両氏は嫌ったとみられる。

てっきり、小沢派の人間は登用し、しかし小沢自身は干す、という流れかと思ったのですが。

詳しく言うなら、将来の小沢の再挑戦の際に付いていきそうな実力者を菅側に取り込む。一方で小沢も重用すると見せて、検察審査会に手を回して起訴相当とさせ、「容疑者じゃダメだね」と撤回する、という流れを想像していました。

逆に考えると、それほどに小沢派の結束が固い、ということを示すのでしょうか??

そして人材に困ったのが幹事長。岡田は頭は良いが一匹狼ですし、自民党にパイプも無さそうです。ねじれ国会を乗り切れるかとても不安です。これなら、前原「幹事長」の方が纏められそうですが・・・

まとめられなくて解散してくれたら一番良いけど。時間が経つと小沢が息を吹き返すよ。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月16日 (木)

「胃ろう」なしでは施設に居られない現実もある

ここの記事は、高齢者にとって非常に大事なことが書かれており、是非一読を勧めたい内容です。但し、補足しておかなくてはなりません。「胃瘻(いろう)」は、施設で暮らすために必要な場合がある、ということです。

口から食べられなくなったとき、胃に直接、管で栄養を入れる「胃ろう(PEG)」。栄養摂取が容易になる一方で、高齢で意思確認ができず、予後が期待できない患者にも胃ろうが作られるケースもある。終末期に向かう治療として、胃ろうは適切なのか-。家族や特別養護老人ホーム(特養)の関係者らから疑問の声が上がっている。(佐藤好美)

このような書き出しでは「胃瘻=悪」のようなイメージになってしまいそうですが、実際のところは、記事にもあるように、脳梗塞など病気からの回復のためのステップとして胃瘻を作ることには大きな意味があります。

一方で、単なる延命目的、元気になる見込みのない人に作ることは問題です。

しかし、「これでよいのか」との声は根強い。長寿科学振興財団が行った「高齢者の医療のあり方に関する研究」によると、一般病院の主治医で、自分が胃ろうの対象となったときに「受け入れる」とするのは5人に1人。特養の看護師では10人に9人以上が「拒否する」と答えている。

現場の人間はよく分かっています。尊厳を失い、ただ呼吸をし、糞尿を垂れ流すだけの人生は送りたくないと感じています。自分もご多分に漏れず、将来において胃瘻を受け入れるつもりはありません。

それでもなぜ、患者さんに胃瘻増設を行うのか、と言うことについては記事では書かれていないので補足します。

一つには、基本的には患者さんが死なないように頑張って医療を行わなければならないからです。

患者さんが病気になって入院した時点で、本人はともかく家族に明確な死生観が出来ていないことが多いです。

患者さんの家族から明確な意思表示がない限り、「延命しない」ことは訴訟に繋がります。

家族に相応の覚悟が出来た時点ではもう、完全に寝たきりで既に胃瘻が作られた後だったりします。

また、胃瘻は確かに楽な栄養法なのです。

飲み込みができなくなり、鼻から栄養を入れる「鼻腔(びくう)栄養」にしたが、義母は管をしばしば自分で抜いてしまう。ある日、見舞いに行くと、看護師から「忙しいときに手がかかる。胃ろうにしていただかないと困ります」と言われた。

飲み込み(嚥下機能;えんげきのう)が怪しくなってきた人に多大な手間と肺炎のリスクをを負って食べさせるのも施設の現実としては難しし、「鼻腔栄養」は本人にとって著しく不快で、「自己抜去」のおそれが大きいです。

胃ろうにした義母はつなぎパジャマを着せられるようになった。患部をかきむしるからだという。

確かに胃瘻を自己抜去されたら大変なので「つなぎパジャマ」は仕方ないですが、「鼻腔栄養」の時は、「ミトン」や「抑制帯」など、酷く拘束されていたはずです。それでも抜かれるものだけど その時よりは随分マシなはずです。

そして胃瘻増設は、実は病院側のニーズでもあるのです。

食事の摂れない患者さんに対して、当面は点滴を行うのですが、点滴のままでは病院から出られません。

点滴のままで自宅に帰る、或いは施設に入所する、という人も稀にいますが、安全面、確実性、コストなどの面から、現実的には不可能と言って良いです。

胃瘻を作らずに軽い点滴だけで看取る、と言っても数カ月は頑張ってくれる(しまう)ものです。

そんな患者さんが病院に溢れたら、急患を受け入れる事が出来なくなります。

だから、胃瘻を作って施設に送るのです。

そんなわけで、「胃瘻を作らない」のも実は複雑な話なのです。

誰しもピンピンコロリを望みますが、現実は、なかなか思うように逝けません。

皆さんにお願いしたいこととしては、

入所時に記入する「意思確認書」に「お口から食べられなくなったとき」の項目を設けた。選択肢は「胃ろう増設などは受けない」「胃ろう手術などを受けて少しでも長く生きることを望む」など。本人と家族に死生観を確認してもらうためで、ほかにも▽自然に最期を迎えるか、できるだけ医療処置を受けるか▽急変時に心臓マッサージや気管内挿管を希望するか-などの質問項目が並ぶ。

このように、自分が重病に陥ったり寝たきりになったときにどのような処置を希望するか、予め家族と話し合って決めておいて欲しいです。

ちゃんと話を通しておくことが大事ですよ。

Banner_13_2 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この介入は良い介入

一晩経ちましたがドル円は85円台後半です。一時は仙石が「防衛ラインは82円」みたいなことを言ってしまってアホか! と言われていましたが、日銀は夜も介入を行い、円安を維持しました。

外国為替市場の円相場は一時、1ドル=85円台半ばと、8月30日以来の円安水準に急落した。輸出企業の採算が好転するとの期待感から、株式市場では株価がほぼ全面高の展開となった。政府・日銀は、ロンドンやニューヨーク市場でも介入を行い、介入額は1日あたりで過去最大規模の2兆円程度に達した模様だ。

日銀の白川方明総裁は15日、「強力な金融緩和を推進し、潤沢な資金供給を行う」との談話を発表。介入資金を市場から回収せず放置することで、金融緩和のような効果を生み出す「非不胎化」を行う意向を示した。財務省幹部は記者団に対し、16日以降の介入についても「必要ならやる」と述べた。

この「必要ならやる」という意思表示は大事です。

こう言われると、投機筋は安易な円買いドル売りを出来なくなります。

自分も昨日は円買いトレードをしてしましたが、見事に損しています。

まあ、今後としては一気に円安は難しいと思います。

輸出企業が干天の慈雨とばかりに、持っているドルを円転するでしょう。

まあそれも国益と言えば国益です。

あとは心配があるとすれば、代表選で小沢が負けた腹いせに中国が米国債売りや日本国債買いで円高を起こす可能性でしょうか?

今回は政府を見直しました。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月15日 (水)

アメリカ様の許可は得てるんですか!?

日銀が円売り介入!

菅代表続投が決まったことで、ひとまず政権が安定し、出来る状況になったと言えます。あと、「小沢でなくても介入は出来るんだ!」というアピールもあるのでしょう。

[東京 15日 ロイター] 午前の東京外国為替市場で、急反発したドルは一時84.18円まで上げ幅を拡大。野田財務相は緊急会見を行い、為替介入を実施したことを明らかにした。円高が日本経済に与える影響は看過できないとしている。 

そう言えば菅内閣、代表選前に既に根回しらしきことはしていたような。アメリカ側に連絡して介入に否定的なコメントを出さないように頼んだとか。

確かに投機筋の円買いドル売りポジションは溜まっており、これが介入によって吐き出されるようなら面白い話です。

しかし、アメリカがそれを容認してくれるかどうか。

菅続投により普天間問題の解決が遠のいたと言われています。

機嫌の悪いアメリカが許してくれなければ倍返しを喰らう可能性もあります。

素人の我々は、(ポジションを減らして)慎重に見守る必要があるでしょうね。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月14日 (火)

日本、ちょっとだけ救われた

小沢が勝つという情報があり不安でしたが、今朝からの円高でもしかして? と思い、選挙結果の「菅続投」に、一安心しました。

民主党は14日午後、臨時党大会を東京都内のホテルで開き、任期満了に伴う党代表選で党所属国会議員が投票した。11日までに郵送された党員・サポーター票、地方議員票とともに開票した結果、菅直人首相(63)が小沢一郎前幹事長(68)を上回って党代表に再選された。菅首相は近く内閣改造・党役員人事を行う方針。小沢氏の処遇が焦点となる。

 菅首相は党員・サポーター票249、地方議員票60、国会議員票412の計721ポイント。小沢氏はサポーター票51、地方議員票40、国会議員票400の計491ポイントだった。

サポーター票が圧倒的ですが、マスコミの世論調査「菅有利」が効果的だったと言えます。

それにしても、何が助かったって、

これで民主党・公明党の連立が無くなって、外国人参政権他の亡国法案が当面成立しなくなったことです。

さらにもし、小沢一派が離党してくれたら言うこと無いのですが。どうなるか。

少しだけ枕を高くして、情勢を見守ることが出来ます。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月13日 (月)

「救命」できれば済む問題ではない

検察側医師と弁護側医師の意見の対立は、裁判は真実を追究する場ではないということを如実に表していますね。まあ、報道された話が真実であれば、結果はともかく救護義務を怠った押尾被告に同情の余地は無いと思いますが。

押尾被告裁判で(弁護側)医師証言「救命可能性低かった」

押尾学被告:「9割以上救命できた」 (検察側)救急医2人が証言

(弁護側)

医師は証言の中で、救命可能性の客観的な指標としてMDMAの血中濃度を挙げ、田中さんの血中濃度は、致死量の2倍以上だったと指摘。この医師が過去に診た患者のケースでも、「田中さんと同じ濃度で救命できたケースはなかった」とし、田中さんが病院に搬送された場合でも、「救命可能性は30~40%」と述べた。

(検察側)

亡くなった田中香織さん(当時30歳)は、09年8月2日午後5時50分ごろ容体が急変した。昭和大医学部(東京都品川区)の教授は、目を見開くなどの症状が出た同6時20分ごろに救急隊が接触すれば「約9割は助けることはできた」と証言。病院内で心肺停止の一歩前になった場合は「被害者は若く、100%近い確率で救命できた」と述べた。

どちらの側も、自分が有利になるように証言する必要があります。

自分としては、弁護側の意見に近いですが、もう一つの問題として、

「社会復帰の可能性は?」

も、大事なはずなのですが、このような場ではあまり議論されません。

・心肺停止から蘇生しても脳などに後遺症が残るのではないか?

・MDMA乱用による身体・精神の障害は?

ということを考えれば、

救命出来れば元のように元気になる、と思うのは間違いだ。

ということが分かるでしょう。

むしろ、心身を病んだ状態で生き延びてしまうことの方が悲惨なのです。

自分としては、「田中さん」がMDMAを乱用するようになった原因の方こそ追究すべき(「追及」じゃないですよ)と思うのですが、裁判の場ではそれよりも「救命可能性」についてばかり議論されており、物事の本質、事象の上流にあるものが無視されていることに不満を覚えます。

裁判の関係者にとっては興味のないこと、というか、お互いに触れられたくないことなのかも知れません。

Banner_13_2 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年9月 9日 (木)

両陣営が挙党態勢宣言

とってもガッカリです。どっちが勝っても中身は同じでは・・・代表選が政界再編の起爆剤と、ちょっとでも期待した自分がバカでした。

民主党代表選に出馬した小沢一郎前幹事長は8日、国会内で読売新聞のインタビューに応じ、自らが代表(首相)に選出された場合、菅首相と鳩山前首相を入閣させるほか、輿石東参院議員会長も党の要職などで起用し、挙党態勢を目指す考えを表明した。

 小沢氏は、「菅氏にも鳩山氏にも閣内の大事な立場で協力してほしい。輿石氏は参院を代表するから、党なり、政府なりで協力してもらいたい」と述べ、自身に菅、鳩山、輿石の3氏を加えた「トロイカ+1」体制を重視する意向を示した。

 「ねじれ国会」への対応については、与党の国民新党だけでなく、野党の自民、公明、社民各党にも党首会談を呼びかける方針を示し、「筋道の通った話ならば、自民、公明両党とも話し合って合意を得る自信はある」と強調した。

昨日は菅直人が小沢の要職起用を臭わせてダメ出しを喰らいましたが、今日は小沢。こっちの発言の方が具体的だし、ダメ出しする人もいないようです。

してみると、小沢の方が民主党内での立場が強いということになるでしょう。

別の見方をすれば、どっちも票読みで自信がないから、お互いに予防線を張ったということになるのでしょうけど、最初のガチンコ勝負の勢いはどうしたのかと。

竜頭蛇尾の代表選にガッカリです。

それからもう一つ。

公明党と合意するつもりだそうです。

何について・・・って、外国人参政権他の亡国法案でしょう。

公明党が賛成すれば成立するのですから。

やっぱり、究極の選択ながら、菅に勝って欲しい・・・

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 8日 (水)

下らないことで内紛している場合ではない

急激な円高で日本企業が苦しんでいるときに、政策そっちのけで内ゲバしているのだから、それはもう外国から舐められて当然のことです。財務相が一人で吠えても何の効果もありません。

野田佳彦財務相は8日午前の衆院財務金融委員会で、急激な円高進行に対応するため、日本単独で為替介入に踏み切る可能性について、「そのやり方も含めて頭の中に入れながら断固たる措置を取っていく」と表明した。
 ただ、「国際社会と緊密なコミュニケーションを取るのは大事な視点だし、その努力は今も継続している」とも強調し、単独介入の場合でも米欧の理解を得る必要があるとの考えを示した。石井啓一氏(公明)への答弁。
 さらに7日の海外市場で一時1ドル=83円51銭と15年3カ月ぶりの高値を付けたことについて、財務相は「円高が進行し、定着傾向が強まっている」と危機感を表明した。

まあ、言うだけなら誰でも出来るというか。

小沢の、「効果がないかも知れないけど、その覚悟でやる」という意味不明の日本語に比べたらマシなコメントですが。

しかし現在は代表選という政治空白の真只中です。政治のトップは選挙に勝つことに必死。勝ちそうなのは意味不明の小沢。財務相も替わりそう。日銀総裁は見守るだけ。

こんなことでは、効果的な介入は絶対に出来ません。

思い出せば、麻生太郎は偉かった。

首相就任直後の解散なら勝てたと言われながら、政治空白を作らずにリーマンショック直後の世界を救い、そのために選挙のタイミングを逸して敗れました。

もう一回首相をやって欲しい人物です。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 6日 (月)

民主党最大の問題点は外国人サポーター

民主党、ひいては小沢一郎は、法の網をくぐるのが本当に巧妙です。このような人物・団体は、道義的に許せなくても有罪には出来ません。だからこそ我々は、選挙における投票先を真剣に考えなくてはならないのです。

今回、不幸なことに、日本国首相を事実上決定する選挙に外国人が投票出来ることになってしまいました。

民主党代表選は事実上、次期首相を選ぶ選挙だが、日本国民の大多数が参加しない中で、党員・サポーターになった在日外国人は投票できる。永住外国人の参政権付与問題では、民主党の付与推進派ですら地方選挙権に限るとの主張がほとんどだが、代表選では在日外国人が「国政参政権」を事実上持てる。にもかかわらず民主党は外国人がどれくらい含まれるか把握すらしておらず実態は明らかでない。(原川貴郎)

それは党の問題でしょ。僕に聞かれてもわからない」5日夜、大阪市内で記者団から、外国人に投票を認めることは「憲法違反との声もある」と質問された小沢一郎前幹事長はぶっきらぼうに答えた。

小沢が知らないわけ無いです。絶対。

代表だったり幹事長だった人なんだから。

でも、「知らない」と強弁されたらそれまでです。それ以上追及出来ません。

民主党は党員・サポーターを「党の基本理念・政策に賛同する18歳以上の個人(在外邦人および在日の外国人を含む)」と規定している。年間、党員は6千円、サポーターは2千円を納めれば投票資格を持てる。申込用紙に国籍欄はない。本人確認も十分行われているとは言えない。

外国人でも2000円払えば投票権アル。

政治資金規正法に引っ掛かっていると思いますが、きっと彼等は言うでしょう。

一人2000円なんて手数料ですから。って。

その裏で、架空の名義を使ってン万人登録とかしているはずです。

今回の代表選に絡んで、登録していないのに投票用紙が来た人がいるのは、それが漏れていることを示しています。

名義が外国人ならなおのこと、本人の確認が困難です。

民主党や小沢はそんなことばっかりです。

法の網をくぐるのが巧いから、逮捕も出来ない。

検察審査会に掛かっている陸山会事件なんて氷山の一角です。

こういう恐ろしい団体は、我々が選挙で落とす以外に無いのです。

選挙権を大事にしましょう。

もう手遅れかも知れないんですがね。

菅が勝って小沢一派が分裂か、小沢が勝ったら菅が解散でもしてくれると助かるのだけど・・・

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 4日 (土)

コレステロール論争の続き

日本脂質栄養学会での発表の中身が分かりました。

http://mainichi.jp/area/toyama/news/20100903ddlk16040612000c.html

 浜崎教授らは、東海大学が神奈川県伊勢原市の老人基本健診受診者(男性8340人、女性1万3591人)を平均7・1年間追跡した調査などを分析。男性ではLDLコレステロール値が79以下の人より、100-159の人の方が死亡率が低く、女性ではどのレベルでもほとんど差がないとの結果を得た。

 また、茨城県などが冠動脈疾患や脳卒中の既往歴のない男女約9万人(40-79歳)を対象に平均10・3年間追跡した調査でも、冠動脈疾患死とコレステロール値との因果関係はみられなかった。

 これを受け脂質栄養学会は昨秋、浜崎教授を委員長に「長寿のためのコレステロールガイドライン策定委員会」を設置。「特別な場合を除き、動脈硬化性疾患予防に(コレステロール値)低下目的の投薬は不適切」などとする内容を盛り込むことを検討している。特に投薬治療を受けている患者の約6割を占める女性は、閉経後に平均値で30-40ミリグラムは上昇するとされ、基準値に男女差がないことも問題視している。

自分の見ている医療系掲示板では、随分とツッコミが入っていました。要約すると、

・LDLコレステロールが160以上の人達はどうしたのでしょう!? コレステロールが高いと長生きと言うなら、ここを隠したらダメです。

・研究のデザインとして、被験者の背景のマッチ(被験者の年齢・性別・経済状況などの情報を、グループ毎に出来るだけ均等に割り付けること)が出来ているのか? ちゃんとやっていることを示さないようならその時点で研究として失格です

・コレステロールの低い人達に何らかの病気があったかもしれません。癌とか内臓の病気などで衰弱してコレステロールが低い人が含まれていれば、当然低コレステロール群で死亡率が高くなります。

そんなわけで、今回の結果は、相当眉唾です。

百歩譲って、「更なる研究を要す」と言っておきましょうか。

最後に、その学会のHPです。

http://plaza.umin.ac.jp/jsln19/

「大会にご支援頂いた企業・団体」の筆頭が、

一般社団法人日本鶏卵生産者協会

なんか、微笑ましいですね。ちょっと応援したくなります。

誰しも、スポンサーの意向には逆らえません。ですが、

正直に公開するだけ、どこかの政党より良心的です。

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 3日 (金)

「高コレステロール=長寿」だけでは誤解を招く

この記事には真実も含まれていますが、大事な部分を隠しているので、素人が読むには有害です。コレステロールの話は単純ではないのです。

3日から愛知県で開かれる同学会で発表する。高コレステロールは心臓病や脳卒中の危険要因であり下げるべきだとする現在の医療は「不適切」としており、論議を呼びそうだ。

「日本脂質栄養学会」って初めて聞いた名前です。

現在の医療を「不適切」などと断罪するからには、攻撃的な団体と推測します。しかも、「ではどうしたら良い」という現実的な指針を打ち出していないなら、某政権与党と変わらないくらい無責任です。

新しいガイドラインを今日明日にも発表とのこと、見守りたいと思います。

まあ確かに、最近はコレステロールが高い方が長生きという話も出てきています。実際、生物全体で見ても人間のコレステロールは他の動物に比べて高いです。

しかしここには重大な前提条件があります。

それは、糖尿病や高血圧、心筋梗塞の既往、といった、他の問題の無い人なら、と言う大前提があります。

逆に、これらの持病を持つ脂質異常患者さんは、心筋梗塞の危険度が跳ね上がる、というのは確立したエビデンスです。

こういうことを分かっていて読んでいる人は良いです。

しかし、素人に向けてこんなことを発信したら、鵜呑みにして他の病気をひっくるめて放置する患者さんが出てしまいます。

真実を一部しか伝えないことの恐ろしさを実感します。

Banner_13_2 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 2日 (木)

2011年3月東京ディズニーランドの混雑予想

新聞には載っていないし、ソースも見つけられないのだけれど、小沢が勝ったら日本保有の米国債200兆円分を担保に証券化して世界経済の活性化に役立てるという話を聞きました。

ヤバいよそれ。

借金を証券化って、サブプライムローン問題で懲りたんじゃなかったのか!?

そりゃ、アメリカの景気が悪化して更にドル安が進んだら米国債の価値も下がって日本も困るって理屈は分かるけど、支えきれなくなったら恐ろしい破局が訪れます。

麻生・中川の時代に日本がIMFに米国債1000億ドル出資したのを「人類史上最大の貢献」と評価されたので2匹目のドジョウを狙った政策なんだろうけど、これを管理するのがIMFと小沢では、月とスッポンの違いがあると思います。

小沢の関連で言うならばもう一つは中国の存在。

中国のバブルが崩壊したら、現在保有している米国債を売却するでしょうから、暴落します。担保が暴落するんです。その担保の暴落を防ぐために、「追い証」みたいにさっきの200兆円に更に数百兆円のお金が必要になります。

アメリカにも中国にも媚びて日本国民を苦しめる小沢一郎。そんな話が出るくらいだから代表選での勝利は固いのでしょうが、日本の将来はますます暗いと言わざるを得ません。

さて、そんな破局が訪れないと仮定しての、来年3月のディズニーランド混雑予想です。

行く日を選べる人は雨の日に行ってみる、と言うのも一つの方法ですね。

201103tdlfore

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月 1日 (水)

2011年3月東京ディズニーシーの混雑予想

はっきり言って、3月は混みます。

今年の実績を見てもらう通り、この予想は誇張ではありません。

卒業して離れ離れになる仲間達と共に、たくさんの思い出話を用意した上でインパして下さい。

201103tdsfore

Banner_13 よろしかったら応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »